動物園でオリンパス神レンズ「12-40mm F2.8 PRO」は使えるか?

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

オリンパスの神レンズ『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』が動物園でどのくらい使えるのか実験してきました。

僕の結論は「観光目的の動物のスナップ写真ならほぼ万能で使える」でした。

よほど迫力のあるアップ写真を撮らないのであれば、このレンズで十分すぎますよ。

神レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」とOM-D E-M5 mk2

12-40mmPROってどんなレンズか?

“初心者さん”
ところで、このレンズってどんなレンズなのさ?
“sim”
コンデジのノリで使える万能レンズだね。風景写真から人物ポートレート、物撮りまで使えるよ。おまけにf2.8で明るいから画質もいいんだ

このレンズは、いわゆる広角から中望遠までをカバーする標準ズームレンズで、僕はブログの物撮りから取材までオールマイティーに使ってます。

焦点距離は、35mm換算で24-80mm

さらに、これにオリンパスカメラのデジタルテレコン(2倍)を併用すれば、最大で換算160mmまでカバーできちゃう優れもの。

レンズテストに使った動物園の動物

“初心者さん”
それで、このズームレンズで動物園の動物をどの程度撮ることができるのさ?
“sim”
うん、札幌円山動物園で早速実験してきたよ。いろいろ撮ってきたけど、ここでは猿山のニホンザルの結果を紹介するよ

今回は動物園で一番望遠レンズが欲しくなる猿山のニホンザルでテストした結果を紹介します。

“初心者さん”
ところで、なんでニホンザルなの?
“sim”
猿山って、どこの動物園でも被写体まで距離が遠くて、望遠レンズが欲しくなるんだよね。

つまり、猿山の猿の撮影で納得できれば、「このレンズ、使えるじゃん!」という結論になるってことさ

結論:動物スナップであれば問題なく使える

結果は、ニホンザルのスナップ写真ということであれば、12-40mm PROレンズで十分でした。

“sim”
下の写真はこのレンズの換算80mmで撮ったもの。

ブログ用にリサイズしてるから画質が荒目だけど、原画はトリミングしても十分使える解像感だよ。

換算80mm

“sim”
さらにカメラ本体のデジタルテレコンをONすると、このくらい大きく撮れるよ。

スナップ写真としては十分すぎる大きさだよね。

これで換算160mm。

デジタルテレコンONで換算160mm

“sim”
さらにトリミングすると、このくらい大きくなるから、Web上の素材としても十分使えるよ!
“sim”
つまり、「動物のスナップ写真を撮るなら、このレンズで十分」というのが僕の結論だよ。
“初心者さん”
ふ〜ん、納得の結果だね

より迫力のある写真には望遠レンズが必要

“sim”
でもね、迫力のある動物の顔アップ写真を撮りたいんだったら超望遠レンズか望遠レンズが必要だよ。

たとえば、こんなのとか。

“初心者さん”
マジか…
“sim”
でもそれは、動物写真を専門に撮りたいとか、特殊なケースね(笑)
“初心者さん”
安心した
“sim”
ゼイタクをいうとキリがないから、自分の目的にあったレンズを使うのがいいってことさ。

観光目的なら、今回紹介した12-40mm PROレンズで十分スナップ写真が撮れるしね。

“sim”
もし、「トコトンこだわって迫力のある動物写真も撮りたいから他のレンズも紹介しろ!」っていう人は下の記事が参考なるよ。

まとめ

以上、「オリンパスの神レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROが動物園で使えるのかどうか」について紹介しました。

結論は、「観光目的の動物のスナップ写真であれば十分使える」ですよ。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。