野鳥撮影:ソニーの超望遠レンズ「FE 100-400mm F4.5-5.6」は絞り開放から使えるか?

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

この記事では、ソニーEマウント用の超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSの野鳥撮影で鮮明に写る絞り値について、室内テストで比べてみました。

注)野鳥のような動体撮影の場合、被写体ブレを防ぐためになるべくシャッタースピードを速くしたいところです。そのためにも、レンズは絞り開放付近でも解像する方が撮影に有利に働きます。

そこで、野鳥カメラマンがレンズを買うときに気にする次の2つの疑問に答えるために室内テストをしたわけです。

  1. 絞り開放から十分に解像するのか?
  2. それとも少し絞った方が鮮明になるか?
“サル君”
ぶっちゃけ、絞った方がいいの?
“sim”
室内テストの結果から判断すると、このレンズの場合、望遠端では絞り開放から十分に解像してたよ。

絞らなくても実用レベルだよね。

撮影機材

ソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)と超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSの組み合わせで、絞り値(f値)と写真の解像度の関係を調べてみました。

撮影条件

野鳥撮影で多用する600mm相当の画角にするために、α7RIIIのAPS-Cモードで撮影しました。

“sim”

600mm = 400mm(レンズ望遠端)☓1.5倍(APS-Cモード)

ちなみにAPS-Cモードでの記録画素数は1800万画素だよ。

シャッタースピードは1/60固定で

絞り値(f値)は、5.6(絞り開放), 6.3, 7.1, 8, 9, 10, 11で比べました。

被写体とトリミング枠

被写体は、iPhone大のBluetoothスピーカーfoxL DASH4金網部分と、そこに乗っているホコリです。

これらの解像具合で実用絞り値を判断しました。

なお、実際の作成に載せた画像は下の写真の黄色枠の部分をトリミングして拡大したものです。

α絞り評価被写体とトリミング枠

絞り評価被写体とトリミング枠

絞り(f値)と解像度

結論からいうと、ソニーの超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSは新しいだけあって、とても優秀です。

絞り開放から十分に解像していました。

“sim”
MacBookのRetinaディスプレイで見る限りは、絞り開放とf11まで絞った写真の違いはわからなかったよ。

単焦点レンズには負けると思うけど、ズームレンズにしてはメチャンコ優秀だよね。

“サル君”
ということは、撮影現場では絞りは気にせずにシャッタースピードを速くすることができるわけやね。

以下、実際に絞りを買えて撮影した画像です。

f/5.6(絞り開放)

“sim”
ロゴマーク付近の金網に乗っているホコリの解像感を比べてみると、絞ってもほとんど違いが分からないね。
f/5.6, ISO400

f/5.6, ISO400

f/6.3

f/7.1

f/7.1, ISO640

f/7.1, ISO640

f/8

f/8, ISO800

f/8, ISO800

f/9

f/9, ISO1000

f/9, ISO1000

f/10

f/10, ISO1250

f/10, ISO1250

f/11

f/11, ISO1600

f/11, ISO1600

まとめ

以上、まとめると、ソニーの超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSS絞り開放(f/5/6)から十分に解像するので、野鳥を撮るときは、これまでの室内テストの結果を合わせて、次のような設定をベースにすることにしました。

  • 絞り:f/5.6固定(絞り開放)
  • ISO:鳥を大きく写す場合ISO400以下、トリミングをあまりしない場合ISO1000以下
  • SS:なるべく早く

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。