α7RIII とE-M1 MarkIIの超望遠での解像度を比べてみたよ:フルサイズ機とマイクロフォーサーズ機の画質が同等だった件

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

野鳥撮影用に、ソニーα7RIIIを買い足したので、愛用のオリンパスE-M1 MarkIIと同一焦点距離での画質を比べてみました。

この記事では、室内テストで小鳥大の美少女フィギュアを被写体に換算600mmと1200mmで解像感を比べてました。

結論としては、テストした両機材はほぼ同等の画質であるという驚きの結果となりました。

撮影機材と条件

E-M1 野鳥撮影用のMarkIIとα7RIIIの大きさ比較

室内照明(夜間)で3.5mの距離から手持ち撮影

カメラの設定と使用レンズは以下のとおり

  • E-M1 MarkII:f/4, ISO 250, -0.7ev, 1/100, ED300mm f4
  • α7RIII:f/5.6, ISO 640, -0.7ev, 1/100, FE100-400mm f4.5-5.6

α7RIIIはAPS-Cモードで撮影することで、600mm相当の画角としました。APS-Cモード撮影での記録画素数は1800万画素です。

対して、E-M1 MarkIIの記録画素数は2037万画素です。

“sim”
ソニーのAPS-C撮影は画像をクロップするので、記録画素数は減るんだよな。
“サル君”
それでも、1800万画素あるわけだから、E-M1 MarkIIとほぼ同等だよな。

被写体は、小鳥大の美少女フィギュア「プリンツ・オイゲン from 艦これ」です。

600mmの画角

どちらも600mm相当の画角で撮影していますが、E-M1 MarkIIの方が少し大きく写りますね。

E-M1 Mark2 600mm全身

オリンパス OM-D E-M1 Mark2 600mm相当の画角

α7RIIIの600mm

ソニー α7RIIIの600mmの画角

“サル君”
画角の大きさがメーカーによって違うとは知らなかったな。

600mm相当の解像感

撮影時のISOが違うので一概には言えませんが、どちらも最高画質になるであろう設定で撮影しました。

その結果、大きな違いはみられず、両機種の優劣はつけられませんでした。

気持ちα7RIIIの方がクッキリ撮れている感じがしますが、画像はザラザラで荒くなるのでトリミングに強いってわけではなさそうです。

E-M1 MarkII 600mm相当の顔アップ

オリンパス OM-D E-M1 MarkII 600mm相当での顔アップ

α7RIIIの600mm顔アップ

ソニー α7RIIIの600mmで顔アップ

“sim”
今回は光量が少ない条件での比較でしたので、今度は太陽光のもとで比べてみたいわ。
“サル君”
でも、野鳥は暗いところにいるパターンが多いから、実戦では条件がキビシイ今回の結果の方が参考になるんでないの?

1200mmの画角

1200mmの画角は、両メーカーともソフトウェア上でデジタル補完処理することで実現している。多少は画質は悪くなるけど、トリミングするよりはマシです。

オリンパス機では「デジタルテレコン」、ソニー機では「全画素超解像ズーム」という名称ですね。

これもオリンパスの方が画角が気持ち大きめでした。

絵のキレイさは、ソニーが少しだけ良く見えましたが、大きな違いはありませんね。

E-M1 MarkII 1200mm全身

OM-D E-M1 MarkII 1200mm相当の画角

α7RIIIの1200mm相当の画角

α7RIIIの1200mm相当の画角

1200mm相当の解像感

今回はほぼガチピンで撮れたので、600mmをトリミングした場合と解像感はあまり変わりなかったです^^;

ソニーα7RIIIの方がオリンパス機よりもクッキリ感がありますが、その分画質はザラザラです。

キレイな状態を保ったままトリミングするとなると、優劣つけられませんね。

E-M1 MarkII 1200mm顔アップ

オリンパスOM-D E-M1 MarkII 1200mm顔アップ

α7RIII 1200mm顔アップ

ソニーα7RIII 1200mm顔アップ

まとめ

今回は室内テストでの比較でしたが、「α7RIII+FE100-400mm」と「E-M1 MarkII+ED300m」の同一焦点距離での画質は、同等であることがわかりました。

ソニーの方が気持ちクッキリしている印象がありましたが、センサーサイズの小さなマイクロフォーサーズのE-M1 MarkIIはずいぶんと健闘していましたね。

“sim”
オリンパスE-M1 MarkIIがスゴイカメラだっていうことが今回のテストでよく分かったよ!
“サル君”
レンズの違いがあるにせよ、高画素フルサイズ機とほぼ同等の画質が得られるわけだから驚きだよな。

ただし、フルサイズ機のα7RIIIも、600mmF4の単焦点レンズを使ってE-M1 MarkIIと条件を完璧に揃えば、画質の点ではフルサイズ機に軍配が上がることは間違いないでしょう。

今回の比較はあくまでも手持ち可能な機材に限定されます。

では