α7RIIIで野鳥を試し撮りしてみたよ:止まりものの解像感はいかほどか?

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

ソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)と超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSを野鳥撮影用に導入しました。

カメラの設定が完了したので、早速実戦投入してみました。

この記事では、α7RIII撮った野鳥写真の解像感について、実際の作例を出しながら説明します。

“サル君”
ぶっちゃけ、α7RIIIって野鳥撮影に使えるの?
“sim”
止まりモノの撮影なら、使えそうだよ。

飛びモノはまだテストしてない。

ただし、愛用のE-M1 MarkIIと比べるとかなり癖があるね。使いこなすまでに時間がかかりそう。

光量があれば解像する

下の写真は、距離約20mで撮影したヤマセミです。

愛用のE-M1 MarkIIと比べても、同等以上に解像することがわかりました。

たぶん、今まで撮ったヤマセミ写真の中で一番解像しているような気がしますね。多少、引き伸ばしても破綻しません。

Crested Kingfisher/ヤマセミくん a7RIII(全画素超解像ズーム)で試し撮りをしてみましたが、条件さえよければ、E-M1 Mark2と同等以上に解像しますね。 ただし、条件が悪いと画像はザラザラになります。原因不明です。たぶん周辺光量のせいだと思います。 ISO 100, 400mm, ƒ/8, 1/125, -2.3 ev, Sony FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS SONY ILCE-7RM3 #ヤマセミ #野鳥 #野鳥倶楽部 #バードウォッチング #CrestedKingfisher #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #allmightybirds #bird_brilliance #nature_brilliance #nuts_about_birds #nature_worldwide_birds #exclusive_wildlife #instagramjapan #tokyocameraclub #birds_adored

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

解像した理由としては、つぎの2点です。

  1. センサーサイズの大きさの違い
  2. AF性能がαの方がよい

E-M1 MarkIIは「C-AF+拡大表示モード」だとハズレ率がそれなりにあるのですが、α7RIIIは「シングルAF+拡大表示」だと、ほとんどハズレがありませんでした。

つまり、ほぼガチピンで撮れるということです。

ちなみにE-M1 MarkIIで解像感よく撮れた過去の写真はコレです。

Greater Pied Kingfisher/ヤマセミくん 久しぶりに狩猟モードのヤマセミくんを見ました。撮影中にお魚を2匹ゲットしてましたが、お腹は満たされず、僕が撤収するときもやる気満々でしたよ。 僕はというと背中を痛めているので今日も早々に撮影をやめて退散しました。 ISO 320, 300mm, ƒ/4, 1/250, -1.7 ev, M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II #ヤマセミ #札幌 #野鳥 #GreaterPiedKingfisher #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #nature_worldwide_birds

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

光量がないと画質がざらつく

α7RIIIを使ってみて一番気になったのが、暗いところで撮影した写真はISO感度が低くても画質がザラザラすることです。

下の画像はISO 160で撮ったのに、画質が少しザラザラしてます。


上の写真を撮った日よりもさらに暗い日にE-M1 MarkIIで撮影した写真の方が画質がいいです。

Greater Pied Kingfisher/ヤマセミくん 顔に雪が積もって寒そう。 今日は2羽で魚を採ってました。 そのうち一羽は非常に警戒心が強くて遊歩道の上からでも近づけば飛び去ります。まず写真を撮らせてくれません。 しかし遠くからであれば撮影可能です。なので、よく鳴く個体を発見したら、まずは遠くから証拠写真を一枚撮りましょう。 なお、今日と昨日撮影のヤマセミは模様から判断して同一個体です。 枝被りじゃない写真も撮れましたが画質がいい方をあげておきます。 ISO 200, 300mm, ƒ/4, 1/640, -2.0 ev, M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II #ヤマセミ #札幌 #野鳥 #GreaterPiedKingfisher #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #nature_worldwide_birds

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

この原因としては、露出補正が低すぎたのが考えられます。

E-M1 MarkIIの場合は、露出アンダーで撮って後から持ち上げるといい感じの画質になるのですが、α7RIIIではその方法が使えないようです。

ただ、α7RIIIの白飛び耐性がどのくらいなのかは実験が必要ですね。

まとめ

以上、ソニーα7RIIIの野鳥撮影での試写の結果でした。

結論をザックリと書くと、こんな感じです。

  • 「止まりモノの撮影であれば、条件設定次第で十分に高い解像感が得られる」
  • ただし、暗所撮影は画質がザラついて、その原因不明

では