野鳥撮影に買ったモンベル・ラップランドブーツのレビュー

sim(@ssiR01)です。

野鳥や動物の撮影にすっかりハマり、人生ではじめてトレッキングシューズを購入しました。

買ったのは、モンベルの「ラップランドシューズ」です。

では、今まで自然探査のときに何を履いていたのかというと、ランニングシューズです。

ランニングシューズは公園の舗装路を歩くには最高なのですが、非舗装路の自然探索には向いてないんですよね。

僕がトレッキングシューズを買うに至った理由は次の4つ。

  1. 草むらに入ると朝露でビショビショに靴が濡れて冷たい
  2. 土の小道に入ると滑る
  3. アップダウンのある非舗装路では心もとない
  4. 札幌円山などの低標高登山にはさすがに履いて行く気がしない

ということで、早速ラップランドブーツをフィールドで使ってみたので、簡単にレビューします。

モンベル ラップランドブーツ

ラップランドブーツを選んだ理由

もう単純にモンベル店員さんのオススメだったからです。

僕の用途は次のとおり。

  • もっともハードな用途でも、標高200m程度で片道1時間くらいの低山登山
  • 日常的には大きな公園のアップダウンありの非舗装路を1〜2時間散策
  • 草むらの朝露で濡れてもいいように防水希望

それに加えて、上に書いたような今困っていることを店員さんに伝えて、勧められたのがラップランドブーツでした。

他にも比較のために何種類か履いてみましたが、ちょっと硬すぎると感じましたね。

あと、「ローカットのシューズはどうか?」と質問してみたら、「初心者向きではなく、慣れていないと足首を痛める可能性が高い」との回答だったので却下しました。

ちなみにモンベルのラップランドブーツの特徴はというと、ミドルカットのトレッキングシューズの中で一番柔らかくて軽量なモデルです。

そして透湿防水性能に優れたゴアテック素材使用です。

素材は透湿防水性能に優れたゴアテックス製

履き心地は硬く、街歩きには適さない

街歩きには適しません。

慣れるまでは、めちゃくちゃ歩きにくいですよ。

たとえ慣れたとしても、好んでこの靴を履こうとは思えませんが(笑)

フィールドでの使用感は、もう少し履き込まないとわからない

たしかに、ランニングシューズと比べると安心感がぜんぜん違います。

しかし、まだ靴が足にぜんぜん馴染んでないので、歩くとかなり硬く感じます。

なので、もう少し慣れてきたころに再度レビューします。

なお、デザイン的には違和感なく、いたってフツーです。

デザイン的には、いたって普通です。

靴擦れに注意

トレッキングシューズの正しい履き方を知らずに、2時間ほどフィールドに出たため、早速靴擦れを起こしました。

靴擦れを起こしたのは右足のかかとだけなので、靴が足に合ってないわけではなさそうです。

はい、悪いのは僕の履き方でした。

なお、トレッキングシューズの正しい履き方はモンベルのwebsiteに載ってます。

正しい履き方は、踵をヒールカップに押し当てた状態で靴紐を締めるそうです。

出典:モンベルのwebsiteより

ちなみに僕がチョイスしたサイズは、27cmです。普段は26.5cmなので、もうワンサイズ大きくても良かったかも。でも、今のところ小さく感じることはありませんね。

まとめ

以上、野鳥や野生動物撮影のために買ったラップランドブーツのファーストインプレッションでした。

はじめてトレッキングシューズを履いてみての感想ですが、履き方を誤ると靴擦れを起こすなど、「けっこう面倒くさいんだなぁ」っていうのが正直なところですね。

もうちょっとお手軽なタイプでも良かったかもしれませんので、トレッキング初心者の域を脱した次の買い替えの時にはローカットの履きやすいものをチョイスするかもしれません。

まあ、履き込んでいくうちに考えが変わるかもしれませんが…

今は靴擦れで踵の皮が捲れてしまったので、しばらくはフィールド禁止ですけど(笑)

では

追記

靴擦れが治ったので、その辺の注意事項を別記事にまとめました。

モンベル・ラップランドブーツの靴擦れと靴が馴染むまでの注意点

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。