ソニー「α7RIII」で野鳥撮影レビュー:1.4倍テレコン(SEL14TC)は使えるか?

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

野鳥撮影用に導入したソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)と超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSのレビュー記事です。

この記事では、ソニーの高画素フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7RIII」で、1.4倍テレコンSEL14TC)を使って、どこまで鳥の羽毛が鮮明に描写できるかを実際の作例を使って紹介します。

“sim”
前回と同じように、1.4倍テレコンを付けて「鳥の羽毛をどこまで鮮明に写せるか?」実験してみたよ。

一般的に、テレコンを付けると、ピントや解像が甘くなったりと悪影響があると言われているけど、ソニーの場合はまあまあ実用レベルだったよ。ただし、「晴れの日に限る」というのが僕の評価。

“サル君”
詳しくは下を読んでね。

ソニー SONY コンバーターレンズ 1.4X テレコンバーター Eマウント35mmフルサイズ対応 SEL14TC

5m以内の近距離撮影(日陰)

結論としては、テレコンを付けると解像度は少し落ちましたが、実用レベルです。以下、実際の作例です。

ヤマガラ(5m)

ヤマガラの近距離撮影でのノートリ画像がこちらです。

ISO 1250, 560mm, -0.7 ev, ƒ/8, 1/250

羽毛の解像度を見るために拡大したところ、日陰撮影にかかわらず、そこそこ解像していました。

ゴジュウカラ(3m)

作例をもう一つ紹介します。まずはノートリ画像から。

ISO 1600, 560mm, -0.7 ev, ƒ/8, 1/250

こちらは撮影距離がヤマガラよりも近いため、羽毛はより解像しています。

10mの中距離撮影(晴れ)

晴れた日に、中距離でテレコンを使ってみても、テレコン無しと比べて画質はすこし落ちますが、まあまあ実用レベルでした。野鳥を少しでも大きく撮りたいときには利用する価値はありそうです。

作例は以下のとおりです。

シマエナガ

木の頂上近くにいるシマエナガです。ノートリだとこのくらいの大きさです。

ISO 200, 560mm, 1.3 ev, ƒ/8, 1/250

鳥を画角一杯に拡大すると、羽毛の解像は良好でした。天候が晴れで十分に光があれば、木の頂上付近にいるエナガも実用レベルで解像するみたいです。

“sim”
ちなみに、逆光気味のポジションで撮影したので、順光ならもっとキレイに撮れると思うよ。

10mの中距離撮影(曇り)

では、暗い天候ではどうかだったのか見ていきます。

エゾフクロウ

曇りの暗い日に撮影してみましたが、羽毛はそこそこ解像していました。

ISO 640, 560mm, -1.3 ev, ƒ/13, 1/200, 全画素超解像ズームON

顔の羽毛も、スマホ画面で見るぶんには十分すぎるくらいに解像しています。晴れの日であれば、もっと解像するでしょうね。

シマエナガ

高い木の頂上付近に止まっていた作例です。天候は曇り。

ISO 500, 560mm, 0.7 ev, ƒ/10, 1/200

鳥を拡大して見ましたが、暗い曇天だと十分に解像せずに雰囲気だけって感じでした。実用レベルとはいい難いです。

ヒレンジャク

ISO 800, 552mm, 1.7 ev, ƒ/8, 1/160

ヒレンジャクも暗い天候では、羽毛の雰囲気がかろうじて分かる程度で、ピントも甘くなりました。実用レベルとはいい難いですね^^;

まとめ

結論としては、晴れの日であれば、テレコンを付けてもAFスピードや解像感は極端に悪くならないので、実用レベルでした。曇の日だと10mくらいの中距離撮影では、解像具合が怪しくなる傾向がありましたね。

ザックリまとめると、下のようになります。

  1. 5m程度の近距離では、日陰でも小鳥の羽毛はそこそこ鮮明に解像する
  2. 10mの中距離では、晴れていれば小鳥の羽毛も解像する
  3. 10mの中距離では、曇りでも大型鳥類であれば羽毛はそれなりに解像する
  4. 10mの中距離では、曇りでは野鳥の種類によっては羽毛は解像しない
“sim”
テレコンを付ける場合は、10m以内で撮らないとキレイに解像しないっていうのが、今のところの結論だね。
“サル君”
画質にこだわるのなら、テレコンは使わないほうが賢明かもな。

テレコンなしでの、羽毛の解像ぐあいを調べた記事はこちらです。

ソニー「α7RIII」で野鳥撮影レビュー:羽毛はどこまで解像するか?

では

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。