便利ズーム!オリンパス12-40mm F2.8 PRO 暗所動体レビュー/地下鉄撮影

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

オリンパスの神レンズで便利ズームな『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』のレビューです。

この記事では、このレンズを使って暗所の動体撮影となる地下鉄をどれくらいの画質で撮れるのかをレビューします。

“サル君”
シチュエーションとしては、「旅先スナップとして地下鉄を撮ってみた」みたいなをものを想定しているよ。
“sim”
地下鉄の正面顔を撮るとために、次のようなシーンを撮ってみました。
  1. 駅構内に突っ込んでくるタイミング
  2. 駅構内から走り去るタイミング

このような撮影条件では、暗い駅構内で、地下鉄の被写体ブレを防ぐためにシャッタースピードを上げなければならないので、画質が悪くなる可能性が高いです。

この悪条件の中で、オリンパスの神レンズ『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』でどのような画質の写真が撮れるのかをレビューしました。

撮影機材と被写体

撮影機材

撮影機材は下のとおりです。

カメラボディーはオリンパスのミラーレス一眼のフラッグシップ機を使っています。

被写体

札幌市の地下鉄東西線でわりと人の少ない駅で、撮影テストをしました。

 

駅に突っ込んでくる地下鉄の撮影

撮影条件

カメラの設定は下のとおり。

“サル君”
撮り鉄の人は、シャッタースピード1/500〜1/1000秒で撮影するパターンが多いようですが、駅構内から発着する地下鉄は1/250秒でも大丈夫だったよ。
  • シャッタースピード:1/250秒
  • 焦点距離:50mm相当(25mm)
  • ISO:2500
  • 絞り:f/2.8
  • 露出補正:-0.3ev
  • ホワイトバランス:オート
  • 秒間10コマのL連射モード
  • JPEG撮って出し
“sim”
露出補正をさらにマイナスにして、もっとアンダー気味に撮影すれば、ISOを下げることができるので画質はもう少し上げられたかもしれないね。

地下鉄の作例

オートフォーカスはC-AF中央1点です。

遠くから至近距離までAFはとても良く食いついて、連射写真に被写体ブレはありませんでした。

ただし、ISO2500での撮影となったため、画質はそれなりです(下の画像は100kBまでリサイズしてます)。

ノイズの状態をピント面で拡大して確認してみると、高画質とはいえない状態でした。

“sim”
記録写真やSNS投稿用としては使えるけど、大画面で鑑賞できる画質ではなかったよ。
“サル君”
これは、レンズ性能というよりも、暗所撮影が苦手なマイクロフォーサーズ規格のカメラだから仕方ないね。

駅から走り去る地下鉄の撮影

撮影条件

カメラの設定は下のとおり。

“サル君”
今度は条件を変えて、ISO5000での画質を見てみたよ。
  • シャッタースピード:1/320秒
  • 焦点距離:50mm相当(25mm)
  • ISO:5000
  • 絞り:f/4
  • 露出補正:-0.7ev
  • ホワイトバランス:オート
  • 秒間10コマのL連射モード
  • JPEG撮って出し
“sim”
ISO感度を上げたときに、どのくらい画質が悪くなるのか実験してみたよ。

地下鉄の作例

まず、オートフォーカスは先程と同様に良く食いついて、連射写真で被写体ブレはありませんでした。

下の作例はweb用にリサイズしたものですが、パット見はISO2500で撮影した上の作例と画質にちがいがないように見えます。

しかし、拡大してみると、ISO2500よりもノイズもひどくなっているのがわかります。

“sim”
地下鉄撮影は暗所撮影になるから、画質を気にするならISO感度はなるべく下げた方が賢明だね。

 

まとめ

以上、オリンパスの神レンズ『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』で、地下鉄撮影のレビューをしてみました。

結論をザックリ書くと、下のようになります。

  • スマホ画面で鑑賞することを前提としたSNS投稿用としては、画質は許容範囲だった
  • カメラセンサーの性能が原因で、動いている地下鉄を高画質に撮ることはできなかった
“sim”

画質をどこまで追求するかだよね。

旅の記録写真やインスタグラム投稿用なら十分に使える画質だけど、フォトコンを前提とした高画質な写真を撮りたい人はもっと明るいレンズを使うか、あるいは、マイクロフォーサーズではなく高感度撮影が得意なフルサイズセンサーのカメラを使った方が賢明かな。

“サル君”
将来、高感度撮影が得意なマイクロフォーサーズ規格のセンサーが開発採用されれば、解決できる可能性もあるね。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。