SONYのミラーレスカメラ『α7RIII』は野鳥撮影に使えるか?

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

SONYのミラーレスカメラ『α7RIII』と超望遠レンズ『SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS』を野鳥撮影に約2ヶ月間使い倒してきたので、レビューします。

この記事では、『α7RIII』と『SONY FE 100-400mm』の野鳥撮影での強みと、『野鳥カメラの証』としての実績を紹介します。

“sim”
このカメラの強みはなんといっても高画素 、そしてミラーレスならでは便利機能で、他の高画素一眼レフ機とは一線を画しているね。

そして、『野鳥カメラの実績』として、この2ヶ月で6枚もの野鳥写真がインスタグラムの有名野鳥メディアにフィーチャーされたよ。

“サル君”
野鳥ポートレートを撮るにはいいカメラだな。このカメラの高解像度になれてしまうと、他のカメラがほしいと思わなくなる。
a7RIII

1.α7RIIIの望遠性能は野鳥撮影では十分である

α7RIII』と超望遠レンズ『FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS』の望遠性能は野鳥撮影には十分です。

遠くの野鳥が手持ちで簡単キレイに撮れます。

OLYMPUSのプロ用カメラOM-D E-M1 MarkII(換算1680mm)と比べても、α7RIII(換算1120mm)の方が望遠に強かったです。

詳しくは下の記事を参照してください。

野鳥ミラーレス対決/α7R3とE-M1 Mark2/両方持ってるので比べてみたよ

上の記事をザックリ説明すると、下のとおり。

α7RIIIで全画素超解像ズームをONにして約25m離れたヤマセミを1120mm相当で撮影したのが下の作例です。

同じ場所からOLYMPUS機で1680mm相当で撮った下の写真を比べてみると、α7RIIIの方がよく解像し、望遠性能に優れていることが一目瞭然です。

Crested Kingfisher/ヤマセミくん テレコン付きでも解像しましたが、絞ればもっと解像すると思うので次回以降実験予定です。 ただし、AF性能はテレコンを付けると悪くなったので、飛びものには向かないと思います。 ISO 250, 420mm, ƒ/5.6, 1/1000, -1.3 ev M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II #ヤマセミ #野鳥 #野鳥倶楽部 #バードウォッチング #Crested Kingfisher #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #allmightybirds #bird_brilliance #nature_brilliance #nuts_about_birds #nature_worldwide_birds #exclusive_wildlife #instagramjapan #tokyocameraclub

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

この結果を見ると、センサーサイズの違うカメラでは、焦点距離の違いは望遠性能と比例しないことがわかります。

むしろ、センサーの画素数がカメラの望遠性能を飛躍的にアップさせることに注目すべきでしょう。

“sim”
いや〜、α7RIIIを買ってよかったわ!

 

2.α7RIIIの驚きの高解像度と高感度耐性

α7RIII』と超望遠レンズ『SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS』の組み合わせでは、小鳥の羽毛が解像するくらい高画質な写真がとれます。

例えば、下の写真では普段はなかなか解像しないウソの頭髪も見事に解像しました。

そして、高感度で撮影した写真でもしっかり鳥の羽毛が解像しています。

下のヤマガラ写真はISO2000で暗い吹雪の日に撮影したものです。

詳細は下の記事を参照ください。

ソニー「α7RIII」で野鳥撮影レビュー:羽毛はどこまで解像するか?

 

3.初心者でもクオリティーの高い野鳥写真が撮れる

α7RIII』と超望遠レンズ『SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS』を使い始めてわずか2ヶ月で、6枚の写真がインスタグラムのさまざまな野鳥専門メディアからのべ10回以上フィーチャーされました。

その中ひとつである下のヤマセミ写真は、下記の有名野鳥メディアからフィーチャーされ、写真クオリティーの高さが評価されました。

  • your_best_birds(フォロワー数14.8万人)
  • best_birds_of _ig(フォロワー数10.1万人)
  • kings_birds_(フォロワー数8.5万人)
  • bird_brilliance(フォロワー数6.9万人)
  • planetbirds(フォロワー数4.1万人)

🎉CONGRATULATIONS🎉 ✨Birder of the day ➡ @sat.simizu ✨Bird of the Day ➡ Crested kingfisher ✨Location ➡ Japan ——————————————- Thanks for sharing this fantastic bird capture. For more great photos visit the gallery of @sat.simizu #ybb_sat_simizu #ybb_crestedkingfisher #ybb_kingfisher ——————————————– ➡Photo selected by Dorien @dorienthu ——————————————- ✨WANT TO BE FEATURED? ✨ . ➡Please tag your birds #your_best_birds ➡Please follow us @your_best_birds ➡Please indicate your bird’s species & location ➡HubDirectory Member since Jan 2015. ——————————————- #bird #birds #birdsofinstagram #birdstagram #birdwatching #instabird #birdphotography #birding #instabirds #wildlife #bestbirdshots #wildlifephotography #nuts_about_birds #budgie #kings_birds #birdlover #birdlovers #feather_perfection #birdfreaks #pocket_birds #vogel #allmightybirds

@your_best_birdsさん(@your_best_birds)がシェアした投稿 –

“sim”
僕、まだ野鳥を撮りはじめて、たったの10ヶ月なんだよね。

つまり、α7RIIIを使えば、ハイクオリティーな写真が短期間で撮れるようになります。

その証拠に、シジュウカラみたいな身近な野鳥でも高品位な写真が撮れてインスタグラムにフィーチャーもされました。

シジュウカラ写真についての詳細は下の記事を参照ください。

インスタグラムでフィーチャーされた野鳥写真の解説/シジュウカラ/いいね!7000件ついたよ

“sim”
なんと、ヒヨドリ写真でもフィーチャーされたよ!

*補足、フィーチャー画像はスクショなので画が粗いですが、原画は羽毛のすみずみまで解像しています。

P O C K E T _ B I R D S . . Photo credit @sat.simizu •••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• @pocket_family presents . •••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• From @pocket_birds . Thank you friend for sharing your amazing photo of this Brown-eared Bulbul and tagging #pocket_birds . •••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••• Chosen by @tammies_birds . . We’re your family in your pocket 🙂 . Follow your features on Twitter #Pocket_Family . . #pocket_allnature #pocket_world #nature_sultans #birdelite #1natureshot #birdsofinstagram #birdlovers #birder

Bird Photographyさん(@pocket_birds)がシェアした投稿 –

身近な野鳥をキレイに撮れるというのも、初心者にはうれしい性能です。

 

4.ミラーレスカメラならではのメリット

軽量コンパクト

α7RIII』と超望遠レンズ『SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS』の大きさと重さは、世界最小最軽量の野鳥カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 MarkIIと300mm単焦点のセット」とほぼ同等の軽量コンパクトさです。

E-M1 野鳥撮影用のMarkIIとα7RIIIの大きさ比較

僕が野鳥撮影に使っているα7RIIIは、下の3点セットで愛用しています。

  1. SONYのミラーレス高画素フルサイズ機 α7RIII(ILCE-7RM3)
  2. SONY 超望遠レンズ FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS
  3. SONY 1.4倍テレコン(SEL14TC

総重量約2kgの軽量コンパクトな手持ち撮影用のシステムですよ〜。ちなみに、キヤノンやニコンで同等のものを揃えると重量が約3kgに増えます。

EVFで補正後の露出を確認できる

電子ビューファインダー(EVF)を覗きながら、露出を確認できるので露出補正が迅速にできます。これは一眼レフにはできない芸当ですね。

EVFで拡大表示によるピント確認ができる

同様に、電子ビューファインダー(EVF)をのぞきながら、拡大表示でピントが正確に合っているか確認できます。

“sim”
この機能のお陰で、ガチピン写真を撮るのがとても楽になったよ。
“サル君”
他にもピーキング表示機能といって、ピントが合っている箇所をカラー表示させることもできるよ。

これも一眼レフにはできない芸当です。

 

5.動体撮影ならα9を買った方が幸せになれるかも

“sim”
ただし、鳥の飛翔シーンの撮影を中心に考えているなら、高画素は諦めてAF性能がより優れたα9を買うという選択肢もああるよ。
“サル君”
店頭でAF性能を比べたときには、α7RIIIとは別格だったな。

飛翔シーンなど高度なAF性能がものを言う撮影をしたい人は、α9やキヤノンやニコンのフラッグシップ機を買う方が賢明かもしれません。

でも、その場合、高画質・高解像度な写真をあきらめる必要があります。

それだけ、『α7RIII』と超望遠レンズ『SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS』(+テレコン)の手持ちで1120mm相当の高画質な望遠性能はライバル機を圧倒しています。

まさに唯一無二の性能といえます

 

まとめ

以上、「α7RIIIは野鳥撮影に使えるか?」について解説してきました。

ザックリまとめると、「高画質な望遠性能」と「インスタグラムでのフィーチャー実績」を考えると、野鳥カメラとして十分に使えるという結論になりました。

“sim”
野鳥を遠くから手持ちで簡単キレイに撮影できるから、α7RIIIはすごい野鳥カメラだと思うよ。

では