初心者が野鳥インスタグラムでフォロワー1000人に増やすための5つの戦略

リンク広告




アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

僕の撮影スタイルはお散歩スナップです。公共の交通機関で行ける都市公園で、手持ち用の軽量コンパクトな撮影機材で野鳥撮影を楽しんでいます。

このシリーズ記事では、野鳥撮影のスーパー初心者だったころの僕に教えてあげたいことを書いていく予定です。

今回は、初心者がインスタグラムでフォロワーを1000人に増やすための方法について解説します。

“sim”
2ヶ月前に工夫をしたらフォロワー数が一気に増えたので、そのコツをまとめたよ。
“サル君”
初心者は、まずフォロワー1000人を目標にインスタを運用すると写真も上達すると思うよ。

 

1.インスタグラム写真の投稿数は1日1個以内

初心者のフォロワー数が増えない原因として、1日あたりの投稿数が多すぎるのがあります。

投稿数が多いと、どういう害があるかというと…

  1. フォローしてもらいにくい
  2. フォローを外されやすくなる
  3. 投稿しても写真を見てもらえなくなる

なぜかというと、低品質な写真で他人のタイムラインを埋めると嫌われるからです。

“sim”
僕も1日2個以上投稿している人はフォローしないことにしてるよ。

だって、見るのが大変なんだもん(笑)

“サル君”
一日に複数の写真を投稿すると、「また、この人か…」って感じで写真をよく見ないで流してしまうんだよな。

つまり写真を見てもらえなくなるので、「いいね!」も付けてもらえなくなるという悪循環に落ちる。

ちなみに、有名な野鳥インスタグラマーの1日あたりの投稿数は1件以内です。

 

2.インスタグラムの投稿写真の品質を上げる

その人の投稿写真のギャラリーを見てフォローするのに値するかどうか判断する人は多いです。

写真のセンスを上げるのは難しいですが、写真の品質を上げることは誰にでもできるので、初心者はまずは投稿写真のクオリティーを上げる工夫をする必要があります。

初心者向けのインスタ写真の品質向上のコツは別記事に詳しく書く予定ですが、ザックリまとめると下のような感じです。

重要な順から、

  1. ピントの合った写真を投稿する(できればガチピン写真)
  2. 画質のいい写真を投稿する(低ISO撮影)
  3. 構図にミスがない写真を投稿する
  4. 写真の編集と加工に時間をかける

 

“sim”
インスタで見かける野鳥写真で残念なものには、ピントが合っていないのが多いよね。

必要以上に野鳥を大きく見せようとして、大きくトリミングしてもピンボケ写真みたいになるから要注意だよ。

僕も昔よくやってたけどorz…

“サル君”
初心者はピントの合った写真を撮ることから始めるのが賢明だな。

3.インスタグラムでフィーチャーを狙う

インスタグラムで有名な野鳥メディアにフィーチャーされると数万人〜十数万人のタイムラインに自分の写真が載るので、フォロワーが一気に増えるチャンスです。

フィーチャーされるとこんな感じで野鳥メディアのタイムラインに載ります。

なので、初心者は有名野鳥メディアにフィーチャーされることを目標に写真を撮ると効率がいいですよ。

“sim”
高画質な写真じゃなくてもフィーチャーされるので、高価な撮影機材はとくに必要ないよ。

そして、珍鳥写真じゃなくてもフィーチャーされるので安心してください。

僕はシジュウカラ写真でフィーチャーされました(笑)

フィーチャーされるためには、インスタ投稿時にタグ付けするなどの手続きが必要なので、下の記事を参考にしてください。

タグ付けしておきたい!野鳥写真のインスタグラムでオススメのフィーチャーメディア11選

フィーチャーされた直後は、いつもより多くの人が自分のギャラリーを見に来るので、とく品質の高い写真を投稿するように心がけるとフォロワー数が増えやすいです。

“サル君”
でも、クオリティーの高い写真のストックがない場合には、無理して投稿しない方がいいかな。

無理して低品質写真を投稿すると逆効果になりかねないからね。

 

4.有名インスタグラマーの写真を研究

他人の感心を惹きやすい写真を撮るためには、インスタの有名野鳥メディアでフィーチャーされている人の写真を研究するのが一番効率がいいです。

僕はピンときた有名野鳥インスタグラマーの写真を空き時間に眺めては、どうすればこういう写真が撮れるのか考えるようにしています。

“sim”
たとえば、上の写真は、構図、鳥のポーズと表情、背景とのカラーバランス…どれをとっても最高ですよね。

 

5.どういう写真がウケるのか投稿写真で実験

試行錯誤の回数は写真の上達に大きく影響します。

僕は野鳥写真について新しいアイデアが思いついたら、すかさずインスタグラムに投稿して反応を見るようにしています。

たとえば、下のTweetのような感じですね。

このときは、背景レタッチの可否についてインスタグラムで実験してデータを採りました。


“sim”
この時は、予想に反して、3つの野鳥メディアにフィーチャーされて反響が大きかったので、正直驚いたよ。

という具合に、試行錯誤の回数は写真のクオリティーの改善に直接影響するので、積極的にアイデアの実験をした方がフォロワー数は増えやすいですよ。

 

まとめ

以上、野鳥撮影初心者がインスタグラムでフォロワーを1000人獲得するためにコツでした。

まとめると、以下のとおり。

  1. インスタグラム写真の投稿数は1日1個以内
  2. インスタグラムの投稿写真の品質を上げる
  3. インスタグラムでフィーチャーを狙う
  4. 有名インスタグラマーの写真を研究する
  5. どういう写真がウケるのか投稿写真で実験する
“sim”
僕の経験談をまとめたものだけど、少しでも参考になればウレシイな。

では

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。