【朝食の断捨離】1日2食のみの玄米生活の3ヶ月目のレビュー

玄米生活2年目のアニマルフォトグラファーsim(@ssiR01)です。

健康な食生活を目指して、白米から玄米に切り替えて生活していましたが、それに飽き足らず朝食も断捨離して1日2食にしました。

そして、1日2食生活も無事3ヶ月が経過したので、ここでいったんレビューをします。

“サル君”
ぶっちゃけ1日2食にして、何が良かったんだ?
“sim”
一言でいうと、健康時間お金が手に入ったよ。

詳しくは下を読んでね!

なぜ、1日2食にしたのか?

“サル君”
そもそも、アンタが1日2食にした動機は何だったんだ?
“sim”
歴史的には、1日3食の食習慣はたったの200年で、それ以前は1日2食がスタンダード*だったのを知ったのがキッカケだよ。

つまり、そもそも朝食を摂る必要はなかったんじゃないのか?

朝食って、ムダなんじゃないのか?

ってこと。

200年前は1日2食がスタンダードだった。エジソンが発明したトースターと食品業界の1日3食マーケティングの影響で、現代の1日3食スタイルになったという歴史がある。

出典:高城剛著・多動日記(一)「健康と平和」: -欧州編-Amazon Unlimitedで無料で読めます。

“サル君”
つまり、1日2食が本来の姿で、その方が体にいいってことか?
“sim”
そういうこと。

1日3食って、食べ過ぎなんだよな。

その分、消化器官に負担をかけているから病気になりやすいんだよ。

より健康な状態を維持したければ、1日2食にするのがベストな選択なのさ。

 

1日2食のメリット

“サル君”
1日2食にするメリットって、健康だけなのか?
“sim”
健康だけでも十分なんだけど、

他にも、時間の節約や生活費の節約にもつながるね。

僕は、時間節約できたことが一番うれしかったよ。

《1日2食のメリット》

健康になる

  • 痩せた:1週間でムダな脂肪が無くなり、5kg痩せた
  • 過食したいと思わなくなった(外食や間食への欲求が減った)

時間が節約できる

  • 準備と食事の時間で合わせて30分〜1時間/日の節約になった
  • 病気になる確率が減れば、通院時間も減る

生活費が節約できる

  • 単純計算で食費が今までの2/3で済むようになった
  • おそらく医療費も減る

 

1日2食に慣れるまでの期間と対策

“サル君”
1日2食にするって、すぐ慣れるのか?

慣れるまでつらくなかったか?

“sim”
慣れるまでは、試練の2週間があったよ(笑)

最初は、とにかく空腹との戦いだったわ。

でも、空腹がつらいには最初の1週間だけで、2週間で完全に慣れたよ。

“サル君”
空腹を紛らわす方法はなかったのか?
“sim”
当時は水を飲んで空腹を紛らしていたけど、後からもっといい方法があることに気がついた。

それは、暖かいお茶をたくさん飲むことなんだ。

僕は今でも1日1リットルくらいはお茶を飲んでいるけど、この週間をはじめてから空腹をほとんど感じなくなったからオススメだよ。

“サル君”
お茶は具体的にどうやって飲んでいるだ?
“sim”
500mlの保温水筒にティーバッグ1個の割合で作っておくんだよ。

これを喉が乾いたら飲む感じ。

だいたい1日1リットルくらいは飲んでいるよ。

水筒はなんでもいいと思うけど僕が使っているのはアウトドアでも使えるmont-bellのアルパインサーモボトル

“サル君”
お茶はなんでもいいのか?
“sim”
とりあえずは近所のスーパーで買ってきたほうじ茶を飲んでいるけど、そのうち浮いた食費でオーガニックなものに変える予定だよ。

 

僕の1日2食メニュー

“サル君”
アンタの1日2食の食事メニューも教えてくれ。
“sim”
基本は、玄米、ごま塩、味噌汁(具はとろろ昆布のみ)、野菜ジュース。

玄米は3日で4合、野菜ジュースは毎朝に1杯のみ。

野菜ジュースの他は、すべてオーガニックなものを選んでるよ。

“サル君”
めちゃんこシンプルだな。
“sim”
だろ。

これなら誰でもすぐに真似できると思うよ。

一応、僕が買っている食事メニューと玄米炊飯器も載せておくね。

まとめ

“サル君”
じゃあ、まとめいってみるか!
“sim”
1日2食にすれば、健康時間お金が手に入るよ!

最初の1週間は空腹との戦いだけど、お茶を頻繁に飲むようにすれば空腹も感じなくなるから、興味のある人は試してみるよいいよ。

では

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。