OM-D E-M5 Mark2の動画撮影の設定方法:絞り、SS、ISO、露出補正、WBなど

オリンパスのミラーレスカメラOM-D E-M5 Mark2には、強力な手ぶれ補正機能があるので動画撮影も得意です。

しかーーーし!、付属のマニュアルには動画撮影の詳しい説明は一切書かれていません。

なので、E-M5 Mark2の動画撮影について、写真撮影時と同レベルで設定できるように方法をまとめました。

 

最初にする設定項目

動画撮影はダイヤルの動画撮影モードでするのをオススメします。

動画撮影モードにダイヤルを合わせる

E-M5 Mark2では、動画撮影モード以外のダイヤル、例えば、P、A、S、M、iAUTOでも録画ボタンを押せば動画撮影できますが、露出補正くらいしか設定ができません。

動画撮影モードにダイヤルでセットすれば、4つの撮影モードを選べて、写真撮影の時と同じように細かい設定ができます。

 

動画撮影の4つのモード

EM5 MK2の4つの動画撮影モード

動画撮影には4つのモードがあって、それぞれで設定できる項目が違います。ちなみに僕は自由度の一番高いM(マニュアル)モードを使っています。

  1. P:プログラムオート(デフォルト)
  2. A:絞り優先モード
  3. S:シャッタースピード優先モード
  4. M:マニュアルモード(自由度が高い)

 

設定できることと設定方法

動画撮影の場合には、ゼイタクを言わなければ、ホワイトバランス(WB)と露出補正さえ外さなければ、他はデフォルトの設定でも大丈夫です。

ホワイトバランスは撮影中に設定できないので注意してください。

肝となるWBと露出補正は、どの撮影モードでも設定できます。ISOについては、慣れないうちは「ISO auto」に設定しておけば間違いありません。

 

動画撮影前に設定できること

撮影前のスタンバイ状態で設定できる項目を各撮影モードで箇条書きしたのが↓

  • P:露出補正、WB、ISO
  • A:露出補正、WB、ISO、絞り(FNo)
  • S:露出補正、WB、ISO、SS(シャッタースピード)
  • M:露出補正、WB、ISO、絞り(FNo)、SS(露出補正と連動)

WB(ホワイトバランス)だけはMモードであっても撮影前じゃない設定できないので注意してください。

 

動画撮影前スタンバイモードでの設定の方法

設定パラメーターの変更は、十字キーの「OK」ボタンを押したあとに、フロントとリアのダイヤル、あるいは十字キーでできます。

設定の方法は次のとおりになります。

1.ダイヤルを動画撮影モードにする

動画撮影モードにダイヤルを合わせる

2.十字キーの「OK」ボタンを押す

OKボタン

3.メニューが現れるので、お好みで各項目を設定する

ここで最低限、設定しておいた方がいいのはWB(ホワイトバランス)とISO感度です。こだわりがなければ、両方とも、オートでいいです。

ここで設定できるのは、下の画像の右側タテ方向に並んでいるメニュー項目で、上から順に下のとおり。写真撮影とほぼ同じ項目を設定可能です。

  1. 手ぶれ補正の方式
  2. 撮影のレタッチの種類
  3. WB(ホワイトバランス)
  4. オートーフォーカスの方式
  5. 撮影モード(P、A、S、Mの選択:これ重要!
  6. 録画データの大きさ
  7. ISO感度など

このタテメニューを選んでから、つぎに画面下の横項目を選びます。

タテのメニュー項目はフロントダイヤルかもしくは十字キーで選択できます。

画面下の横の項目はリアダイヤルもしくは十字キーで選択できます。

OKボタンを押して出現するメニュー

 

4.最低限、撮影モードくらいは選ぼう!

上の方に書いた4つの撮影モードはこの段階で選んでおきましょう。

デフォルトではPモードになっています。

  • 自由に設定したい人はM(マニュアル)モード一択です。MモードではWB以外の項目は動画撮影中でも変更できます。
  • 限りなくオートで撮影したい人はP(プラグラムオート)モードを選択して下さい。Pモードでは動画撮影中は「露出補正(画面の明るさ)」くらいしか調整できませんので。

最初に右側タテメニューから①を選択し、次に画面下の撮影モードを選択する。十字キーまたはフロント&リアダイヤルでメニュー項目を選択可能。

 

動画撮影中に設定できること

撮影中は、設定変更できる項目が減ります。

写真撮影のノリで設定を試行錯誤したい人は「M」モードがオススメです。Mモードでは動画撮影中であっても、WB以外のパラメーターはすべて変更可能です。

  • P:露出補正、
  • A:露出補正、絞り(FNo)
  • S:露出補正、SS、
  • M:露出補正、ISO、絞り(FNo)、SS(露出補正と連動)

 

動画撮影中の設定の変更方法

設定変更は、十字キーの「OK」ボタンを押したあとに、十字キーでできます。動画撮影中はダイヤルが使えません。

背面液晶でも、EVFを覗きながらでも設定可能です。

具体的なやり方は下のとおりです。

1.動画撮影中に「OK」ボタンを押す

OKボタン

2.画面右横に現れたメニューから変更したいものを選ぶ

Mモードでは、上にも書いたとおり、SS(シャッタースピード)、FNo(絞り)、ISOを動画撮影中に変更できます。

動画撮影中の設定変更

SS(シャッタースピード)を例に設定の方法を図で説明すると…

設定したい項目を十字キーで選んで「OK」ボタンを押す

画面右横に出現した矢印ボタンを十字キーを押して、設定項目の数値を上げ下げする。

十字キーを押して、設定項目(SS)の数値を上下させる

他の、絞り(FNo)やISOもやり方は同じです。

 

まとめ

以上、E-M5 Mark2の動画撮影時の細かい設定方法をまとめました。今回は全部書くと冗長になってしまうので、簡潔にまとめています。

でも、動画撮影であっても、ほとんど写真撮影と同じレベルでの詳細設定が可能であることが理解できると思います。

今後も役立ちそうなTipsがあれば、ブログで紹介していく予定です。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。