玄米生活1ヶ月目のレポートと酵素玄米pro2の全自動発芽機能




一月前に食生活を玄米食へとシフトした写真家のsim(@ssiR01)です。

この記事では『玄米生活をはじめて1ヶ月目の感想』と、『愛用している玄米炊飯器「酵素玄米pro2」のレビュー』をします。

わずか1ヶ月間で効果が実感できて、専用炊飯器を使うことでらくらく玄米ライフを継続できています。

玄米食に変えて実感できた効果をザックリと書くと次の3つです。

  1. 腹持ちがいいので間食を食べなくなった
  2. 昼寝しなくなった
  3. 排便量が増えた(デトックス効果が高い)

玄米炊飯器『酵素玄米pro2』を使った感想はつぎのとおり。

  1. さすが玄米専用だけあって、美味しく炊ける
  2. 発芽から炊飯まで全自動で超便利
  3. 結果、面倒くさがりの自分でも不自由なく使えてる

こんな感じでスタートした僕の玄米ライフ1ヶ月目をレビューしていきます。

玄米ご飯

玄米生活に期待していること

僕が玄米生活に期待しているのは『食生活の断捨離』と『健康』です。

その理由は、

玄米はマクロビオティック(オルタナティブ医学の一種)では完全食品といわれていて、人間が生きていく上で必要な栄養がすべて含まれているからです。

ハイパーノマドで有名な高城剛氏も玄米食に変えてから久しいですね。

玄米生活1ヶ月目の効果

約1ヶ月間、白米をやめて玄米食へと変えた感想は次のとおりです。

腹持ちがよいので間食を食べなくなった

よく噛んで食事をするようになったため満腹中枢が満たされて、結果として過食や間食をしなくなりました。

実際、食事時間は白米食の時は5分間くらいでしたが、玄米食に変えてからは最低30分間と、とても長くなりましたね。

あと、実感として玄米自体も腹持ちがいい感じがします。

昼間眠くならない

玄米生活を始めてから、なぜか日中眠くならなくなりました。

仕事中もそうですが休みの日などに昼寝せずに済むようになりましたね。

お陰で趣味が捗って、人生がより生産的になった実感しています。

排便量が増える

なんと白米食の時と比べて体感で3倍以上に排便量が増えました。

これで期待できるのは所謂デトックス(解毒)効果ですね。

体内に蓄積された毒物(今まで摂取してきた化学物質)の排出に役立つと密かに期待しています。

玄米食に変えてから体調が良いのも、実はこのせいかもしれませんね(笑)

玄米食で気になった点

価格が高い

値段は高いですが、有機栽培ものを使わないとデトックス効果を期待できないばかりか、糠の部分に農薬などの脂溶性の化学物質が蓄積されていそうで怖いです。

気になる有機栽培玄米の相場は、白米の約2倍で5kgで3500円前後です。

ちなみに僕が買っているのはこれ↓。値段は3000円/5kgで相場よりも少し安いです。Amazonなので配送も速くて楽ですよ。

ここの玄米は、栽培農家さん直送なのと、田んぼ便りなどが同封されていて誠実さが伝わってきます。

なお、有機栽培玄米は次のとおりで手間がかかっているので、白米よりも高いのは当たり前ですね。

  1. 殺虫剤を使わない
  2. 化学肥料を使わない
  3. 除草剤を使わない

体質的に合わない人がたまにいるので注意

以下、高城剛氏のメルマガに掲載されていた専門家からのコメントです。

  • マクロビオティックでは玄米食は完全食品ですが、万人と相性が良いわけではない。
  • 体質的に合わない方は玄米の割合を100%ではなくて減らしてみるなどを試すのが良い。

ということで、お試し期間中に合わないと思ったら、スパッとやめるかマクロビオティックの専門家に相談した方が賢明です。

玄米を炊く炊飯器

玄米炊飯器「酵素玄米pro2」

圧力釜で炊飯するのがマクロビオティック的には良いそうです。欲を言えば、実体のある火で炊飯するのが理想です。そして、玄米を発芽させてから炊飯するとさらに良いそうです。

でもそんな面倒くさいことは長続きしない性格なので、手っ取り早く発芽機能つきで高圧炊飯が可能な炊飯機を買いました。

買ったのは高城剛氏も愛用する「酵素玄米pro2」です。

この炊飯器は下の高城剛氏の著書でも紹介されています(Amazon Unlimited会員なら無料で読めますよ)。

この炊飯器の便利なところは、全自動で玄米の発芽から炊飯までを行えます。

夜寝る前にセットすると朝に出来上がり、朝出勤前にセットすると夕方にはできています。

炊き上がった玄米

トッピングはごま塩、納豆、キムチなどで、ごま塩はオーガニックなものを使っています。

酵素玄米pro2の全自動発芽・炊飯機能の使い方

最初、この発芽→炊飯の全自動設定が取説を読んでもわからなかったので、メーカーに問い合わせました。

結果、操作方法はとても簡単なことがわかったので、下にメーカーからの回答を載せておきます。

1.発芽玄米ご飯の炊飯方法について
  • 発芽から炊飯まで1度の操作で行うことが可能でございます。
  • 取扱説明書の15ページ、「酵素玄米ご飯を予約して炊く(玄米のみを予約して炊くと発芽玄米ご飯になります)」をご覧くださいませ。
  • 「酵素玄米Pro2」は予約炊飯していただきますと、予約時間の中で自動的に発芽します。
2.分量やお塩を入れるタイミングについて
  • 予約炊飯をする際、例えば4合を炊飯する場合は4合分の玄米をとぎ、酵素玄米の4の目盛までお水を入れ、その後お塩を入れて、まんべんなくかき混ぜます。
  • 発芽と炊飯を別々にされる場合には、取扱説明書の28ページに記載がございます通り、発芽が終わりましたらお水を捨て、新しいお水で炊飯をしてください。新しいお水に変えた後、お塩を入れ炊飯します。
  • また玄米の分量については、発芽後の玄米の分量で計り、炊飯してください。

さいごに

玄米生活をはじめて、生活の質が良くなったことを早くも1ヶ月目で実感できました。

以上簡単ですが、玄米生活1ヶ月目のファーストインプレッションでした。

では、皆さんも良い玄米生活を!



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。