髪の毛を断捨離したら、年間◯◯円のお金と時間が節約できた件

sim(@ssiR01)です。

世間では断捨離が流行っていますが、髪の毛を断捨離している人は少ないことでしょう。

髪の毛を断捨離することで、得られるものは時間とお金です。

でも、見た目が…とお考えの方もいると思いますが、解決策もちゃんとあります。

その辺のことについて書いておきます。

 

髪の毛を断捨離する方法

自分で髪の毛をカットすればいいだけです。

男性なら坊主刈りにしてしまえば、簡単ですね。

実際、節約ブロガーで有名な松本さんや有名YouTuberの瀬戸さんもセルフカットです。

僕も基本、彼らと同じ方法で美容院通いからバリカンでセルフカットに切り替えました。

 

髪の毛の断捨離で節約できるお金と時間

単純に床屋・美容院代がゼロ円になります。

ぼくの場合、カット・ヘアカラーが基本メニューで年間約6回通っていましたので、年間約42000円(=約7000円X6回)+交通費分が節約できたことになります。すばらしい!

さらに美容院で費やす時間がだいたい2時間/回ですので、この分の時間が浮きます。自分でカットすれば、坊主刈りであれば5分で済みますからね。

これにプラス、毎朝髪の毛をセットする時間も断捨離できます。

 

セルフカットに使うバリカン

僕が使っているバリカンはコレです。水洗いOKなので、メンテも簡単です。かれこれ1年以上使っていますが、壊れる気配がありません。

カットも付属の交換アタッチメント交換することで、バリエーションが楽しめます。

上の写真はすきバサミ用で、下の写真が短髪用です。この機種はほかにもアタッチメントが多めに付いているタイプがあるので、お好みで選ぶといいと思いますよ。

男性の場合は、坊主刈りのセルフカットは比較的簡単にできますのでオススメですよ。いろいろアレンジできて楽しいですしね!

会社をクビにならない程度に、ヘアスタイルをアレンジして遊ぶのは楽しいです。

あのミニマリストで有名なジョブズも晩年坊主刈りだったし、男性の場合、坊主刈りはある意味究極のヘアスタイルですね。

 

セルフカットの方法

僕の場合にどうしているかセルフカットのプロセスを書いておきます。

ちなみに12mm坊主の場合です。

  1. 大きめのゴミ袋を一枚床に敷く(ゴミ袋は割いて広げておく)
  2. 上半身裸になる
  3. バリカンに12mmアタッチメントを装着し、頭髪全部を刈る
  4. 続いて6mmのアタッチメントを装着し、側面を全体を刈る
  5. 最後に3mmのアタッチメントを装着し、側面下部半分を刈って、カットを終了
  6. ゴミ袋をまとめて、燃えるゴミへ
  7. バスルームで、シャンプーして、ついでにバリカンも洗いして完了

なお、髪の毛の長さが変わる部分をぼかすというか、グラデーションをかけるのは少しコツがいりますが、そんなに難しくありません。

 

オシャレ心は満足できるのか?

これも簡単に解決できます。

僕は美容院に通っていた時代は、ヘアカラーもしていたし、結構オシャレには気を使っていました。

一時は金髪に近い色に染めていたこともあります。

そんな人のお洒落心が坊主刈りで満足できるのか?

それについて帽子をかぶればOKです。

下手にヘアスタイルにこだわるよりも余程オシャレで清潔感がでます。

ヘアスタイルを整える時間も断捨離できますので、一石二鳥です。

帽子を選ぶ楽しみも増えて、人生がより豊かになりました。

 

さいごに

髪の毛を断捨離することでお金と時間の節約ができましたが、一番よかったことは余計な見栄がまた一つなくなって生きるのが楽になったことです。

みなさんも髪の毛の断捨離とバリカンライフを始めてはいかがですか?

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。