ザ・ノース・フェイス店員が薦める春夏秋用ジャケット・スワローテイルフーディーの購入レビュー

sim(@ssiR01)です。

春〜秋にかけてのタウンユースと旅行に使うジャケットを探しにいって、The North Faceの店員さんに薦められて買ったのがスワローテイルフーディーというウィンドブレーカーです。

たいへん気に入っているジャケットなので、早速、購入レビューを書きました。

同じ用途で、この高機能ジャケット「スワローテイルフーディー」の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

THE NORTH FACE/スワローテイルフーディー

 

目的・用途

タウンユースと旅行用です。

旅行は西日本を予定しているので、防湿機能や朝晩の冷え込み時の防寒機能などを重視して選びました。

お店の人が言うには、「真夏であっても、少し寒いときにTシャツの上から羽織って使えるので、春から秋まで長く使えますよ」とのことです。

あと、ジャケットを選ぶ際に出した条件は、軽量で、コンパクトにカバンに収納できる点です。これについてもスワローテイルフーディーは合格でした。

試着した感じ、ジャケットのシルエットもタウンユースに違和感なく、安心して買うことができました。

 

機能性

アウトドアメーカ製のウェアはテクノロジーの結晶です。これでもかってくらいに機能性を持たせてありますね。

では早速、スワローテイルフーディーの機能性について紹介しましょう。

 

防風・防寒・透湿

◼防風性・防寒性について

素材のSwallowtail Nylon Doubleweave with DWR(ナイロン100%)がバッチリと保証してくれます。

また、襟元が立っているので、一番上までジップアップすれば首元も寒くありません。

スワローテイルフーディーの首元

実際、肌寒い4月の札幌市内でも、防風効果が高いためか着ていてとても快適です。

 

◼透湿性について

左右のフロントベンチレーションポケットがメッシュになっているので、いざという時は湿気を効果的に排出してくれます。

左右ポケットの中はメッシュで除湿効果が高い

スワローテイルフーディーの左ポケット内部

 

右ポケットには2重構造のセキュリティポケットが内蔵されている。つまり、ポケットの中にポケットがある。

スワローテイルフーディーの右ポケットは2重ポケット

 

ジャケット裏地は、汗ばむ季節でもベタつかない、サラサラした手触り

スワローテイルフーディー裏地

 

携行性・軽量性

スワローテイルフーディーの重さは、

わずか160g!

そして、フード裏のポケットに収納し、コンパクトに携行することができます。

スタッフザック別体式だと無くす恐れがあるので、スワローテイルフーディーのフード裏パケッタブル仕様はよく考えられていますね。

フード裏にスタッフザック代わりの収納ポケットがある↓

スワローテイルフーディーのフード裏収納ポケット(スタッフザック代わり)

 

ポケットにジャケットを収納したときの大きさ(だいたい15cm☓23cm)↓

スワローテイルフーディー収納時の大きさ(隣はiPhone 6)

 

サイズ・着丈

身長175cm、体重50kgでMサイズかSサイズでした。

僕の場合は肩幅に合うMサイズを選びました。

実測でのスワローテイルフーディーの各部のサイズは下のとおりです。

  • 着丈 66 cm(首元のタグの根本まで)
  • 裄丈 85 cm
  • 身幅 57 cm

 

着用時のイメージ画像

汚れが目立たないように、ブラックを買いましたが、その御蔭でカジュアルにもドレスにも使えそうです。

一番上までジップアップすると、首が隠れるので暖かいです。

スワローテイルフーディー着用イメージ

首元を少し開けても違和感なく着られますね。

スワローテイルフーディー着用イメージ

かるく羽織っても、いたってフツーです。

スワローテイルフーディー着用イメージ

後ろ姿。これならダークスーツに羽織ってもなんら違和感がないです。

スワローテイルフーディー着用イメージ

正面から(その1)。

スワローテイルフーディー着用イメージ

正面から(その2)。このフツーさは流石です。

スワローテイルフーディー着用イメージ

 

まとめ

長く愛用できそうなスワローテイルフーディーの気に入ってる点をまとめると、下のようになります。

  • カジュアルにもドレスにも合いそうなので、使えるシチュエーションが多い
  • 防風・防寒・携行性が優れている
  • 春〜秋までと着れる期間が長い

お値段は17280円とちょっとお高いですが、街に、旅行にと活躍してくれそうです。

そして、デザインと機能美を両立している点がたいへんミニマリスト的です。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。