ソニー「α7RIII」で野鳥を撮影してみた:ツグミ編/羽毛もバッチリ解像

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

野鳥撮影用に導入したソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)、超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSS、1.4倍テレコン(SEL14TC)のレビュー記事です。

この記事では、この時期どこにでもいるツグミの作例をいくつか紹介して、「α7RIIIでは、このくらいの解像感で撮れるよ」的なことを書いてみました。

“sim”
ツグミは中型の野鳥で体色のコントラストが強いから、写真を撮りやすい鳥代表だよ。
“サル君”
解像度に拘って撮った写真に注目してね。
a7RIII

カメラ操作に慣れていなくてもキレイに撮れた作例

これはα7RIIIを買って間もない頃に撮った作例です。

“sim”
カメラの操作に慣れていなくても、このくらいは撮れてしまうという事例です。
“サル君”
機材の基本性能が高いと撮影も楽になるということだな。

撮影条件:曇り・逆光ぎみ日陰・距離8m

上の作例のノートリ画像も載せておきます。

α7RIIIは高画素のフルサイズセンサー機なので、トリミングの強さが分かると思います。

晴れた日に羽の色をキレイに出せた作例

羽の色を強く出したいと思って、晴れている日に撮った作例です。日陰撮影でしたが、色はキレイに出せましたよ。

撮影条件:晴れ・順光日陰・距離8m

こちらもノートリ写真を載せておきます。

“sim”
高画素のフルサイズ機だと、多少のトリミングでは解像度がまったく落ちないからホントすばらしいよ。

テレコン使用で羽毛を鮮明に解像させた作例

つぎに1.4倍テレコンを使った作例です。

一般的にテレコンを使うと画質が落ちると言われていますが、気になるほどの画質劣化は感じられませんという作例です。

“sim”
距離も近かったのもあって、羽毛がかなり鮮明に撮れたよ。
“サル君”
羽毛をリアルに撮りたいときにはテレコンはかなり有効だな。

撮影条件:テレコン使用・晴れ・逆光ぎみ日陰・距離6m

Dusky Thrush/ツグミくん 最近やたらと近くで撮らせてくれます。絵的には?ですが、ついついファインダーごしに細部まで観察してしまいます^^;羽毛の造形に目を奪われます。 ISO 500, 560mm, ƒ/8, 1/250, 0.7 ev, SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS + SEL14TC SONY ILCE-7RM3(α7RIII) #ツグミ #野鳥 #野鳥倶楽部 #バードウォッチング #DuskyThrush #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #allmightybirds #bird_brilliance #nature_brilliance #nuts_about_birds #nature_worldwide_birds #exclusive_wildlife #instagramjapan #tokyocameraclub #birds_adored #YourShotPhotographer

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

こちらは、かなり近距離に止まった上に、全画素超解像ズームで2倍の画角(1120mm相当)になっていたため、かなり大きめに撮れてしまいました。

下がノートリ写真になります。

羽毛がどのくらい鮮明に解像しているのかを下の画像で示しました。

web用にリサイズしているので実際はもっと鮮明ですが、かなり細部まで描写できていることがわかると思います。

まとめ

以上、ツグミのα7RIII(ILCE-7RM3)、超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSS、1.4倍テレコン(SEL14TC)を使った作例でした。

この撮影セットでは、ツグミを細部までリアルに撮れることがわかりました。

上の作例は大きめの公園で撮ったものですが、ツグミは市街地でも見かけることができる身近な野鳥です。

ありふれた鳥ではありますが、色や模様も好きなので、実はストック写真がかなりあります^^;

少しずつInstagramの方に出していくつもりです。

では