ソニー「α7RIII」で野鳥撮影レビュー:全画素超解像ズームで遠くのヤマセミを撮る

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

野鳥撮影用に導入したソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)と超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSのレビュー記事です。

この記事では、野鳥を撮影するときにα7RIIIの全画素超解像ズームは実用レベルなのか?」をヤマセミで実験してみたので、実際の作例をつかって結果を紹介します。

今回試したのは次の3点です。

  1. 高画素フルサイズセンサーのカメラと焦点距離400mmの望遠レンズで、20m以上離れたヤマセミをどの程度鮮明に撮影できるのか?
  2. 全画素超解像ズーム(800mm相当)でどのくらい大きく撮れるのか?
  3. 全画素超解像ズーム(800mm相当)で画質は劣化しないのか?
“sim”
α7R3のオーナーとしては、高画素センサーという尖った性能を活かして、遠くの鳥をどのくらい鮮明に撮れるのか?というのが、一番気になるところだね。

この辺を期待して買ったわけだからね。

“サル君”
詳しくは下を読んでね。
a7RIII

焦点距離400mmでの画質の鮮明さ

ノートリサイズ

まずは焦点距離400mmで撮った、距離20mのヤマセミのノートリ写真です。

ヤマセミはかなり小さく写るので、野鳥ポートレートとして使うにはトリミング必須です。

ノートリ
ISO200, 400mm, -1.3ev, f/5.6, 1/250

トリミングの限界

では、鮮明さを損なわずにどこまでトリミングできるのか?ですが、PC画面で見る等倍表示が限界ですよね。

その等倍表示の大きさにトリミングしてみたのが下の画像です。SNS投稿には十分な解像度です。

野鳥ポートレートの構図的にも、ヤマセミは十分に大きく写っています。

400mm等倍表示(web用にリサイズ済み、元画像はもっと解像しています、)

この写真では鮮明さがイマイチ伝わないと思いますので、ヤマセミの顔部分を拡大した画像も載せておきます。元画像の解像度はこのくらいです。

全画素超解像ズームの威力

では、ミラーレス機ならでは機能として、デジタル処理でさらに大きく撮ってみました。

ソニー機では『全画素超解像ズーム』という機能で、画素数を維持したまま画角を2倍にすることができるのです。

全画素超解像ズームのノートリ画像

全画素超解像ズーム機能を使って、画角を2倍の800mm相当で撮影したのが下の画像です。

そこそこ大きく撮れているので、構図や背景を考えればノートリでも使えそうです。でも、野鳥ポートレートとしては、物足りない大きさです。

全画素超解像ズーム・ノートリ
ISO 200, 400mm, -1.3, f/5.6, 1/250

全画素超解像ズームのトリミング限界

全画素超解像ズームをPCの画面で等倍表示の大きさにトリミングしたのが下の画像です。

12インチのMacBookのRetinaディスプレイではヤマセミ全体を拡大しても、解像度は破綻しませんでした。野鳥ポートレートしては十分な大きさを確保できます。

web用にリサイズ済み(元画像はもっと鮮明です)

それで、上のweb用にリサイズした画像では元画像の画質が伝わらないので、顔部分をアップした画像も載せておきます。

見て分かるとおり、全画素超解像ズームにより画質は明らかに劣化しています。

しかし、400mmの写真を無理やり大きくトリミングするよりは、全画素超解像ズームを使った方が画質は良さそうです。

Instagram投稿写真

下のインスタ投稿写真はともに全画素超解像ズームで撮影したヤマセミです。やはり、曇よりも晴れの日の方が解像してますね。

晴れの日撮影

Crested Kingfisher/ヤマセミくん a7RIII(全画素超解像ズーム)1200mm相当で試し撮りをしてみましたが、条件さえよければ、E-M1 Mark2と同等以上に解像しますね。 ただし、条件が悪いと画像はザラザラになります。原因不明です。たぶん周辺光量のせいだと思います。 ISO 100, 400mm, ƒ/8, 1/125, -2.3 ev, Sony FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS SONY ILCE-7RM3 #ヤマセミ #野鳥 #野鳥倶楽部 #バードウォッチング #CrestedKingfisher #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #allmightybirds #bird_brilliance #nature_brilliance #nuts_about_birds #nature_worldwide_birds #exclusive_wildlife #instagramjapan #tokyocameraclub #birds_adored

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

曇りの日撮影

Crested Kingfisher/ヤマセミくん 曇り距離20-25mでも、全画素超解像ズームでこのくらい解像します。テレコン付ければ、もうちょい行けそうです。 ISO 200, 400mm, ƒ/5.6, 1/250, -1.3 ev, SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS SONY ILCE-7RM3(α7RIII) #ヤマセミ #野鳥 #野鳥倶楽部 #バードウォッチング #CrestedKingfisher #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #allmightybirds #bird_brilliance #nature_brilliance #nuts_about_birds #nature_worldwide_birds #exclusive_wildlife #instagramjapan #tokyocameraclub #birds_adored #YourShotPhotographer

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

まとめ

以上、まとめると、

ソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)と超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSの野鳥撮影セットでは、

20m〜25mくらい離れたヤマセミであれば、

  1. 全画素超解像ズームを使わなくても野鳥ポートレートに使える大きさにトリミングできる。
  2. 全画素超解像ズームを使えば、野鳥を画面一杯に拡大しても解像度は破綻しない。

と言えます。

つまり、ヤマセミの野鳥ポートレート写真を撮るには十分な性能であると結論づけられますね。

“sim”
高画素のフルサイズセンサー機なので、さすがにトリミングには強いね。想像以上だった。

さらに全画素超解像ズームも実用レベルだということがわかったよ。

“サル君”
ただし、よほど野鳥を大きく撮りたい時以外は、全画素超解像ズームは必要ないかもね。

では