投資をするなら必読の本『マネーの公理』:給与で金持ちになった人はいない

不労所得者を目指しているアニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

『マネーの公理』がかなり良かったので紹介します。

ただし、投資に興味のある人限定です。

この本を読むことで、『投資に失敗しないための秘訣』を知ることができます。

この本の概要は以下の引用のとおりで、いわゆる『投機(投資)の教科書』です。

ウォール街で密かにロングセラーになっている「投機の教科書」。かつて金融界で名を知られたスイスの金融マフィア「チューリッヒの小鬼たち」による儲けの掟を初めて明文化した。

この本には、失敗事例が山のように掲載されていて、その事例をもとに作られた12個の『儲けのオキテ』が書かれています。

“sim”
この本では、投資=投機、つまりギャンブルだってハッキリ書いてあるのにビックリしたよ。

でも、その上、投機で失敗しないためのコツが書かれていて、スゴく、ためになった。

“サル君”
もっと、早くに読んでおくべきだったな。

目次構成

第一の公理 リスクについて

もし心配なことがないなら、十分なリスクをとっていない。

“sim”
つまり、リスクをとらないと、決して大儲けすることはできないってことです。
  • 副公理1 いつも意味のある勝負に出ること
  • 副公理2 分散投資の誘惑に負けないこと

第二の公理 強欲について

常に早すぎるほど利食え

“sim”
「欲張って、利確タイミングを逃すと、大損する」ということです。
  • 副公理3 予めどれだけの利益がほしいのかを決めておけ。それを手に入れたら投機から手を引け

第三の公理 希望について

船が沈み始めたら祈るな。飛び込め

“sim”
「損切りの決断が遅れると破滅する」ということ。
  • 副公理4 小さな損失は人生の現実として甘んじて受けよ。大きな利益を待つ間には、何度かそういう経験をすると考えろ

第四の公理 予測について

人間の行動は予測できない。未来がわかると言う人を信じてはいけない

“sim”
安易に人の未来予測を信じて行動してはいけないってことね。

僕もこれで、儲けのチャンスを逃したクチですよ。

第五の公理 パターンについて

“sim”
テクニカル分析でも、相場の未来は予測できないってこと。

実際、暴落は予測不能で、突然やってくるってことを昨年1年で身をもって体験したよ。

相場に普遍の法則やパターンはない

  • 副公理5 歴史家の罠に気をつけろ
  • 副公理6 チャーティストの幻想に気をつけろ
  • 副公理7 相関と因果関係の妄想に気をつけろ
  • 副公理8 ギャンラーの誤謬に気をつけろ

第六の公理 機動力について

根を下ろしてはいけない。それは動きを遅らせる

“sim”
思考停止にならずに、常に機敏に行動しておけるようしておけってこと。
  • 副公理9 忠誠心やノスタルジーといった感情のせいで下落相場に捕まってはいけない
  • 副公理10 より魅力的なものが見えたら、ただちに投資を中断しなければならない

第七の公理 直感について

直感は説明できるのであれば信頼できる

“sim”
信頼できる直感もあるってこと。

例えば、人が親兄弟を認識する仕組みは、ほぼ無意識下の直感だそうです。

  • 副公理11 直感と希望を混同するな

第八の公理 宗教とオカルトについて

宇宙に関する神の計画には、あなたを金持ちにすることは含まれていない

  • 副公理12 占星術が当たるのであれば、すべての占星術師は金持ちであろう
  • 副公理13 迷信を追い払う必要はない。適当な所に置くことができれば楽しめる

第九の公理 楽観と悲観について

楽観は最高を期待することを意味し、自信は最悪に対処する術を知っていることを意味する。楽観のみで行動してはならない。

第十の公理 コンセンサスについて

大多数の意見は無視しろ。それはおそらく間違っている。

  • 副公理14 投機の流行を追うな。往々にして、何かを買う最高のときは、誰もそれを望まないときである。

第十一の公理 執着について

もし最初にうまくいかなければ忘れろ

“sim”
上手く行ってない投資は迅速に損切りして有望な投資に切り替えろって、こと。
  • 副公理15 難平買いで悪い投資を何とかしようとするな

第十二の公理 計画について

長期計画は、将来を管理できるという危険な確信を引き起こす。決して重きを置かないことが重要だ。

“sim”
堅実な印象を持ちがちな長期投資は実はとてもキケンだってことです。
  • 副公理16 長期投資は避けよ

まとめ

以上、投機の教科書『マネーの公理』の紹介でした。

投資(投機)をはじめてから、何となく疑問に感じていたことが、見事に言語化されていて感動しました。

もし、投資(投機)に興味のある人で未読なら、ぜひ読んでおくことをオススメしますよ。

“サル君”
難しいことは書いてないので、サクッと読めるよ。

では