成功者から学んだ時間管理の3つの秘訣/「1440時間の使い方」より

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です

成功者の時間管理の方法について書かれた「1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣」を読んで、「これから気をつけよう!」と思った3つのことをまとめました。

やはり時間管理について専門に書かれた本を読むと「これは盲点だったわ!」と思うことがけっこう書いてありましたね。

“sim”

この本は冗長なところもあるけど、自分的にはかなり役に立ったな。

まあ、自分の琴線に触れるとこだけ読んで、あとは読み飛ばすのがいいかもね。

“サル君”
詳しくは下を読んでね!

 

朝の60分間を死守する

朝に活動した方が生産性が明らかに高いので、成功者はほぼ例外なく朝活を重視しています。

僕も朝活が有効なのは知っていたので、かれこれ4年ほど4時半起床を続けていますが、問題は朝活の内容でした。

この本に書かれていた朝活の禁止項目は次のものです。

  1. SNSやメールのチェック
  2. 最新ニュースのチェック
  3. スマホいじり

すべてスマホに関係することです。

たしかにスマホいじりは頭やエネルギーを使わない消費行動である場合がほとんどなので、頭脳明晰な朝の時間帯を使ってしまうのはもったいないですね。

“sim”

いや〜、今まで朝起きてすぐするのはTwitterのチェックだった^^;

これからはTwitterは一番やる気の起きないランチの後にすることにするわ!

では、朝活に取り入れると良い項目はというと、次のとおり。

  1. 水分補給(寝起きは脱水状態だから)
  2. 瞑想
  3. ヨガ
  4. トレーニング
  5. 読書
  6. 日記
“sim”

僕が無意識に朝活に取り入れていたのは、水分補給トレーニング(野鳥撮影という名の散歩)だけだったな。

他の項目はまったくの盲点だったわ。

“サル君”
この本によると、水分補給は良質の水を摂る方がデトックス効果も高くていいらしいな。

瞑想ヨガは他の本でも推されていたので興味はありましたが、面倒なので無視していました。

瞑想は、簡単なところで、「イマココ瞑想」か「片鼻呼吸法」あたりからはじめてみるつもりです。

ヨガについては体のコリに効くらしいので期待こめて取り入れたいところです。

“sim”

今までは葛根湯でコリ対策をしていたからな。

“サル君”
薬に頼るのは金もかかるし、良くないぜ。

 

エネルギーと集中力を高める工夫

なぜ、エネルギーが大事なのか?

その答えは、時間の質を高めることができるからです。

時間は増やせないが、生産性を上げることはできる。

同じ時間で10倍のことを成し遂げる最大の秘訣は、エネルギーと集中力を高めることだ。

そして、「心身のエネルギーを総合的に高めたければ、健康に気を遣うのが最も効果的なことは言うまでもない」ということで、

具体的には、下のことを成功者は実践している場合が多いようです。

  • 十分な睡眠を取る
  • アルコールを極力控える
  • カフェインを最小限に抑える
  • 非加工食品を多めに取り、加工食品を減らす
  • 健康的な体重を維持する
  • 水をたくさん飲む
  • 毎日運動する
“sim”

僕は全部実践しているけど、これを機にアルコールは完全にやめることにするよ。

また、エネルギーを高めるために、こんなことも書かれていました。

大成功した人々は、朝の習慣を継続している(瞑想、日記、水分の摂取、ヨガなど)。それが、その日一日のエネルギーや明晰さ、集中力の元となっている。

“サル君”
ここでも、瞑想ヨガが出てくるので、エネルギーを増やすのによほど効果が高いんだろうね。

 

休憩は必須

そして、盲点だったのが「休憩」です。

これまで「休憩はそんなに重要じゃないだろう」って思っていましたが、そうでもないようです。

一定時間集中して作業した後は、必ず休憩を入れるのが、エネルギーを持続させるのに極めて有効だとか。

では、どのくらいの間隔で休憩をいれたら良いのかですが、人によって違うので、自分に合ったサイクルを見つけるのが良さそうですね。

この本で紹介されていたのは次の3つのサイクルでした。

  • 90分+休憩サイクル
  • 25分+5分休憩サイクル
  • 52分+17分休憩サイクル

大成功した人たちは、「最高のパフォーマンスを維持するために、終日にわたって「一波越えたら1回休む」を実践している」そうです。

あるいはこんな格言も書かれていました。

休憩を取りなさい。休ませた畑には、美しい作物が実る

 

まとめ

以上、「1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣」を読んで、僕自身が盲点だったと思った3つのことをまとめてみました。

  1. 朝活の内容を見直す
  2. エネルギーと集中力を高める
  3. 休憩は必須

この本には時間管理術が15項目にわたって網羅されているので、読者によって琴線に触れる部分はちがうことでしょう。

もし、時間管理を見直すことでより良い人生を送りたいと思うのなら、この本を手にとることをオススメします。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。