オリンパス40-150mm F2.8 PROで野鳥や動物は撮影できるか?

sim(@ssiR01)です。

神レンズと言われてるオリンオパスの望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」。

このレンズでは、いったいどの程度まで動物写真の撮影ができるのでしょうか?

これについて、毎日野生動物の撮影をしている僕がレビューしてみます。

おもに焦点距離が問題なるので、その辺のはなしが中心です。

ちなみのM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROの最大焦点距離には次の3パターンがあります。

  • 換算300mm:☓1.4テレコン未使用
  • 換算420mm:☓1.4テレコン使用
  • 換算840mm:☓1.4テレコン使用、☓2デジタルテレコン使用

 

結論をザックリと

動物園は概ねOKで、野鳥などの小型野生動物は5m以上離れるとダメです。

焦点距離と対応できるシチュエーションは下のとおりでした。

  • 換算〜300mm:動物園であれば、だいたい大丈夫でした。
  • 換算〜420mm(x1.4テレコン使用):リスや大きめの野鳥は、被写体が5m以内に入れば許容できます。
  • 換算〜840mm(さらにx2デジタルテレコン使用):小さな野鳥撮影はデジタルテレコンが常にONですが、5m以上距離が離れると人様に見せられるクオリティにはなりません。インスタグラム投稿でもキビシイ場合が多いです。

 

撮影機材について

今回使った撮影機材は次のとおりです。

レンズとテレコン

ボディ

僕がなぜ、オリンパスのマイクロフォーサーズシステムで撮影しているかというと、その理由は次のとおりです。

  • 軽量・コンパクト
  • 安い
  • 防塵防滴・耐低温性能

これらをすべて満たしているカメラシステムを探すと、もうオリンパスのマイクロフォーサーズ一択になってしまうんですよね。

とくに耐低温性能は、北海道をフィールドとしていると、もう必須の条件です。

同じマイクロフォーサーズ規格でも、パナソニックのレンズは防塵防滴でも低温に対応していませんからね。

 

動物園は「40-150mm F2.8 PRO」の許容範囲

動物園の動物は被写体自体が大きいので、光学テレコンやデジタルテレコンを併用すれば、動物の顔アップも撮れる場合がほとんどです。

僕は動物園で撮影するときは、☓1.4テレコンを装着しないで換算80〜300mmで撮影しています。

動物園の屋内撮影では、シャッタースピードを稼ぐためにF2.8あった方がなにかと便利ですからね。

必要に応じて、デジタルテレコン(焦点距離2倍)を使いますが、動物園では被写体の動物が大きいので解像度低下もさほど気になりません。

換算180mm、ユキヒョウ、円山動物園

換算210mm、サーバルキャット、円山動物園

換算260mm、ライオン、円山動物園

これはレッサーパンダの顔アップをデジタルテレコンでとった写真です。被写体が大きいので、デジタルテレコンでもかなりの解像感が得られてます。

#レッサーパンダ#円山動物園#redpanda

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

さらに詳しくはこちらの記事を見て下さい。

円山動物園の写真撮影で必要な望遠レンズと焦点距離は?

 

5m以内であれば野鳥でも「40-150mm F2.8 PRO」で許容できる場合がある

しかし、公園での野生動物の撮影になると話は別で、とたんに条件が厳しくなります。

被写体までの距離が5m以内であれば、インスタグラム投稿ぐらいであれば解像度的にも、まあ許せる写真が撮れます。

でも、5m以内って、かなり近い距離なので、野生動物にカメラを向けた途端に逃げられる場合がほとんどです。

なので、5m以内の近距離でシャッターチャンスに恵まれるのは奇跡に近いです。

ですが、まれにシャッターチャンスに恵まれると解像度の高い写真や動画を撮ることができます。

その例がこちらです。

下の写真のエゾリスは3mくらいの距離だったので、かなり解像度高めに撮れてます。おそらく、動物園撮影と同じくらいのクオリティです。

#札幌 #エゾリス#真駒内公園#squirrel #sapporo #hokkaido #japan

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

しかし、こちらのエゾリスはギリギリ5mくらいなので、解像度キビシメです。

#エゾリス#真駒内公園#札幌#squirrel #sapporo #japan

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

このオオアカゲラはギリギリ5mくらいの距離だったので、解像感はギリギリでした。

#オオアカゲラ #woodpecker #whitebackedwoodpecker #真駒内公園 #札幌

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

下のヒヨドリは4m以内でしたのでなかなかの解像感がでています。ちなみにデジタルテレコン使用を使用しているので換算840mmです。

#ヒヨドリ#brownearedbulbul#円山公園#札幌

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

5m以上離れた小型野生動物は「40-150mm F2.8 PRO」での撮影に向かない

エゾリスやアカゲラクラスの大きさでも、5m以上離れると解像感はかなり落ちます。

なので、小鳥クラスだと、インスタグラム投稿に耐えられないクオリティになることが多いです。

やはり野鳥だと超望遠レンズが必要です。

以下、5m以上離れていた中でマシだった作例です。全体的にクオリティという点ではキビシイです。

#シジュウカラ#greattit #真駒内公園 #札幌

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

#ヒガラ#coaltit #真駒内公園 #札幌

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

こちらは推定10m以上離れた木の上の野鳥です。こうなると、種別をギリギリ判別できる程度の解像感しかありません。

#キビタキ#真駒内公園#narcissusflycatcher

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

#センダイムシクイ#crownedwillowwarbler #真駒内公園 #札幌

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

 

まとめ

動物園の撮影であれば、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」で十分に許容できます。

しかし、野鳥撮影となると、よほど被写体が近くに来てくれないとキビシイ… っていうか、はっきり言って無理ゲーの世界です。

なるほど、野鳥撮影には換算600mm以上の超望遠レンズが必要なわけですね。

ということで、僕も覚悟を決めて、オリンパスの超望遠レンズを注文しました(笑)

ちなみに注文したの下のレンズです。

では

 

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。