テレビの断捨離:NHK解約で年間約3万円の節約・ストレスも減った

sim(@ssiR01)です。

テレビを断捨離して良かったことは4つあって

  1. NHKの受信料年間約3万円が節約できたこと
  2. 情報のノイズによるストレスが激減したこと
  3. 部屋が広くなったこと
  4. 時間が増えた

その辺について詳しく書いておきます。

 

テレビを断捨離するとNHK受信料年間3万円が浮く

受信料の節約

NHKを解約すると下記契約料がゼロ円になり通信費の大幅節約になります。

2520円/月(30240円/年):地上波のみ

契約条件によって、この金額は変わりますので、詳しくはNHKのWEBサイトをご参照下さい。

冷静に計算してみると、10年間で約30万円!

これだけの資金があれば、積立投資で資産を増やした方が幸せになれます。

もっと早くに契約解除しておけばよかったです。

年間3万円もあったら本が山程買えるので、内容のないテレビを見るよりも人生が有意義になりますから。

スマホを格安SIMにするよりも、テレビを先に断捨離すべきですね。

 

NHKの解約手続きの方法

解約手続きの方法も書いておきますね。

  1. NHKふれあいセンターに電話する(電話番号:0570-077077)
  2. テレビを売却したので解約したい旨を伝える
  3. お客様番号・現住所・電話番号を聴かれて回答する
  4. テレビの売却先を聴かれて回答する
  5. テレビ売却の証拠書類の有無を質問される→電話で売却手続きをしたため証拠書類はないと回答する
  6. 在宅時間帯を聴かれて回答する
  7. 地域担当の方から後ほど連絡があると言われる
  8. 担当者から電話連絡有り。「封書を送るので必要事項を書き込んで返送して下さい」以上。

なお、受信料を先払いしている場合の払い戻しですが、契約解除の申請の電話をした月から払い戻ししていだけるようで、大変ありがたかったです。

電話対応は紳士的でさすが天下のNHKと感心いたしました。

 

テレビを断捨離するとストレスが減る

情報のノイズが減る

テレビ報道の内容って結構テキトーです。

テクノロジー関連の番組でも内容がほとんどなかったりする場合が多いです。

僕の専門領域の番組を視ていても「だから、なんなの?」的な内容の無いものがすごく多くて、たまにデタラメなコメントしている専門家の出演者もいるから、皆さんも気をつけましょう。

専門領域でこれなので、他の領域ではどれだけ酷いのか容易に想像できます。

番組の趣旨としては、一般視聴者を「少し賢くなったわ〜」と錯覚させることが目的なので仕方がないのでしょうけど。

情報の正確さという点ではかなり粗悪です。

僕はそんな質の低いノイズのような情報から開放されるだけでも幸せになれると思って、テレビやめました。

 

テレビの同調圧力は強烈

テレビというメディアからは、「自分たちが時代をつくっているんだぜ!」的な圧迫感を常に受けていて、「正直うざいなぁ」といつも思ってました。

視聴者は無意識に「じゃあ、テレビに合わせるか」という流れになって同調させられてしまうんですよね。

流行とか、イベントとか…

あと、悪いことをした人を袋叩きにするような報道も好きになれません。

さらには事の真相をよく知らない視聴者もいっしょになって袋叩きに参加しているのを目にすると悲しくなりますね。

学校とか職場の弱い者いじめの構図そのものですから。

テレビをやめれば、そんな同調圧力から開放されるのでストレス減りますよ〜。

 

テレビが無くてもスマホのニュースアプリで十分

テレビが無くなると時事に疎くなることを心配する人もいますが、スマホの無料ニュースアプリで十分ですよ。

しかも速報性のニュースは、号外として通知が入るのでテレビよりも情報が速いです。

たとえば、コレとか。

スマートニュース / 圏外でもニュースがサクサク読める (SmartNews) – SmartNews, Inc.

テレビからしか情報をとっていない層は、下の図でいくと、レイトマジョリティーとラガードに相当します。

情報ヒエラルキーの中では弱者、いわゆる情弱ということです。

なので、情報感度という点でもテレビに依存している人はよく考えてみた方がいいですよ。

 

テレビをやめると部屋が広くなる

テレビ台もいらなくなりますし、複雑な形の物が部屋から無くなりますので掃除もしやすくなります。

テレビの大きさにもよりますが、0.5畳分くらいのスペースは空きますよ。

空いたスペースに健康器具でも置いて活用した方が、長期的に見れば心身ともプラスになります。

 

さいごに

…と長々と書きましたが、テレビは必需品じゃないことがご理解できたのではないでしょうか。

断捨離すれば、時間とお金の節約にもなりますし、余計なストレスからも開放されてスッキリします。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。