玄米生活6ヶ月目のレポート:玄米以外はジャンクフードだと思うようになった

sim(@ssiR01)です。

発芽玄米ごはん&味噌汁生活を約半年続けてきました。基本このメニュー以外は食べません。

ですが、ごくたまに職場宴会、知人との会食、そして魔が差してジャンクフードを食べたりもします。しかし、満足度が一番高いのは玄米ごはん&味噌汁だったりしますので、その辺についてレビューします。

 

外食は美味しいけど、「おやつ」を食べている感覚

外食は、お店やメニューによりますが、総じて「おやつ」食べている感覚に近いです。 定食屋、居酒屋、宴会料理、すべてにおいてそう感じます。

美味しいんだけど、体が喜んでないというか、なんというか…

たぶんですね、「美味しいこと」と「体にいいこと」は別のことなんです。

あと、ボリュームが大抵多いので、食後に眠くなってしまいますね。これもマイナスポイントです。

 

宴会コース料理は食べ過ぎると眠れなくなる

普段、玄米ごはんを腹八分目にしていることも影響しています。

外食、とくに宴会のコースメニューでボリュームが多かった時なんかは、明らかに食べ過ぎてしまいます。

そして、食べ過ぎると夜眠れなくなってしまいました(笑)

以前、若いころは食べ過ぎても安眠できたのですが、たぶん年齢のせいでしょう。食べたものを消化する能力が低下して、食べ過ぎが体に大きな負担になるようになったみたいです。

昔から、「食べ過ぎは万病のもと」といいますが、それを実感できるようになりました。

僕は目の前に食べ物があると、ついついキレイに食べきってしまう習性がありますので、うまく食欲をコントールできるようにならないと宴会料理を楽しむことができないでしょうね。

 

スーパーのお弁当も「おやつ」に感じる

たまに買って食べることがありますが、コレも「おやつ」を食べている感覚に近いです。

もともと、スーパーのお弁当は賞味期限の迫ったものをお弁当に加工して出しているので、産地も良くわからなくて「ちょっと恐いなぁ」と思いながら買っています(笑)。

その点は、カップラーメンなどのジャンクフードを食べているのとあまり変わりません。

ボリュームも多いと感じます。普段の1.5倍の量を食べている感覚です。

その弊害として、満腹になってしまうので、食後は眠くなって創作活動や勉強の効率が著しく低下しますね。

 

玄米ごはん+カップラーメンの実験

玄米ごはんのストックが少ない時などに、それを補填するためにカップラーメンを食べる実験もしてみました。

結論から書くと、コレもダメです。

なぜダメかというと、カップラーメンは単体でもそれなりのボリュームがあるので、これに玄米ごはん少量を食べたとしても満腹になってしまうのです。

さらにカップラーメンは味が濃いため、満腹なのにさらに何かを食べたくなってしまうのです。

つまり、食事の満足感が得られません。

 

間食として「おやつ」を食べてもマイナスの効果しか感じられない

たまに甘いものや味の濃いものが食べたくなります。そんな時には「おやつ」を買って食べることがありますが、満足度は低いですね。

食べている間の一時は、快楽を感じることができます。

しかし、カップ麺と同じで玄米よりも味が濃いため、食後にさらに何かを食べたくなってしまうのです。

 

まとめ

玄米ごはんの満足度が高すぎて、他のものを食べても後悔することが多くなりました(笑)

そんなボクが食べているオーガニックな玄米は白米の2倍の価格ですが、日常的に口にするのは玄米と味噌汁のみですので、結果食費は安上がりになりました。月に15kg玄米を食べるとして9000円+味噌汁+αですので、おそらく一食あたり100円台で済んでいると思います。

ちなみにボクが食べている玄米はこれです。Amazonで購入できます。

そして、この有機玄米を発芽から炊飯まで全自動でしてくれる炊飯器はこちらを使っています。知人は土鍋で本格的に炊いていますが、ボクはそこまでマメではないので機械に頼っています(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。