キビタキの作例集/SONY α7R3とFE100-400mmの野鳥撮影とLightroom補正

リンク広告




SONY α7R3と超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSで撮った野鳥の作例とLightroom補正の方法です。

今回は今年撮ったキビタキの写真をまとめました。

キビタキの作例

この写真は撮影距離が15m以上離れてましたが、光線の具合が良かったので色がキレイに出せました。

ちょうど渡ってきたばかりの頃のキビタキで、まだ警戒心がゆるい感じがしましたね。

ここからは5m以内の近接撮影した写真ばかりです。

ブラインドを利用したわけではなく、いつものように散歩の途中で偶然遭遇するパターンです。

“sim”
っていうか、この個体は比較的近くで撮らせてくれたね。トータルで数回はこれくらいの距離に寄ってきたよ。

日陰撮影だったので、ISO感度高めで画質はあまり良くありませんが、近接撮影であれば羽毛まで解像します。

こちらは、アリと一緒に撮れたキビタキくん。

こちらは、かなり近くで撮れた作例です。

獲物を捕らえたところ。

 

Lightroom補正の方法

僕は全画素超解像ズームで撮影しているのでRAWデータで保存することができず、データはすべてJPEG保存です。

ですが、Lightroomで明るさや色が自然になるまで調整しています。

ということで、一つ作例を載せておきます。

“sim”
下が補正前後の画像だよ。JPEGでもかなり補正できることがわかるでしょ。
キビタキLightroom補正

これのLightroomの設定は下のとおり。

“sim”
基本、自動で補正した後に納得いくまで補正する感じかな。
Lightroom明るさ設定 Lightroomカラー設定

 

撮影機材

キビタキを撮影した機材は下のとおりで、すべて手持ち撮影です。

ソニーのミラーレスカメラのセットです。

SONYFE100-400+a7R3

焦点距離は光学的には560mmで、全画素超解像ズーム(Digitalズーム)でさらに2倍の1120mm相当で撮影しています。Digitalズーム使用時はRAWで保存できないため、すべてJPEG撮って出しです。

SONYのミラーレスカメラ『α7RIII』は野鳥撮影に使えるか?

2018.03.12

 

まとめ

以上、SONYの高画素センサー搭載のミラーレス一眼α7R3で撮ったキビタキの作例でした。

5〜6mくらいの至近距離から撮影すれば、かなり解像感よく撮れます。

ただし、僕のように散歩の途中で偶然遭遇するのを期待すると撮影できる確率はかなり低くなるので、出そうなところにブラインドを張って待ち伏せするのをオススメします。

では

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。