ハクセキレイの撮影方法とLightroomの設定/野鳥写真のコツ

リンク広告




アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

この記事では、ハクセキレイの撮影方法とLightroomの設定のコツを実際の作例で紹介します。

ハクセキレイは市街地の歩道や公園の遊歩道を散歩している姿をよく見かけます。これをインスタ映えするような撮り方を紹介します。

今回の作例イメージとしてはこんな感じのローアングル撮影です。

ハクセキレイ

方法は下のとおりで誰でもできます。

方法の概要
  1. 鳥と同じ高さから撮影
  2. シャッタースピードは1/500秒以上が理想
  3. 「白飛び」「黒つぶれ」させずにできるだけ暗く撮る
  4. Lightroomではシャドウとハイライトで羽毛の階調を強調する
“sim”
ローアングルで撮影すると非日常イメージの写真になるんだけど、ハクセキレイの場合少し工夫が必要なので、その辺を紹介するよ。
“サル君”
ハクセキレイは動きが速いから、被写体ブレしないシャッタースピードにするのも大事だよ。

撮影のコツ

立ち姿勢のままアスファルト上のハクセキレイを見下ろすアングルで撮影すると、下の作例のようにつまらない絵にしかなりません。

ハクセキレイ/立ち姿勢

これをローアングルで撮影するだけで、構図が魅力的になります。

“sim”
鳥と同じ目線で撮影するので、臨場感がアップして鳥がすぐそこにいるように感じられるよ。

ローアングル撮影というのは下のように鳥と同じ目線になるように低い位置から撮影するスタイルです。

しかーし!

ハクセキレイは高速に歩いて移動するので、寝そべったローアングル撮影では鳥の動きに追従できません。

“サル君”
うつ伏せローアングルだと、鳥があっという間に通り過ぎてオシマイなんだよね。

今回、僕がやったローアングル撮影のスタイルを図解すると下のような感じです。

鳥が歩く遊歩道が土手の上にある場所で、土手の下から撮影する方法です。

この方法だと、立ったまま撮影できるので鳥の動きにラクラク追従することができます。

“sim”
鳥よりも低い位置に陣取るため、鳥からは人の頭しか見えないので警戒されないメリットがある

だから、5m以内の至近距離からの撮影もできるよ。

ここまでせず、しゃがんで撮るだけでも構図はかなり良くなるので試してみてください。

カメラの設定

シャッタースピードは1/500秒以上が理想

ハクセキレイを撮るときに一番大事なのがシャッタースピードです。

ハクセキレイの動きは速いので、シャッタースピードが遅いと下の写真のように被写体ブレを起こします。

被写体ブレとは?
手ブレと違い、シャッタースピードが遅すぎて被写体の動きを止められないときに起こるブレのこと。
“サル君”
顔と片足以外がブレブレになっているね。

ハクセキレイ/被写体ブレ

被写体ブレをおこさない理想的なシャッタースピードは1/500秒以上です。

“sim”
なお、僕は少しでも高画質で撮るために、歩留まりが悪くなるのを覚悟で1/250秒で撮影しているよ。

シャッタースピードを速くすると、ISO感度が上がっちゃうからね。

露出は白飛びしないように調整

ハクセキレイは白の面積が広いので、ちょっと油断すると下の写真のように羽毛が白飛びしてしまいます。

白飛びとは?
「白飛び」とは、明るく撮りすぎて被写体の白い部分の階調がぶっ飛んでしまい、真っ白になってしまうこと。

「白飛び」した写真はレタッチでも回復できないので高確率で失敗写真になります。

ハクセキレイ/白飛び

「白飛び」しそうな時は、問答無用で「露出」を下げましょう!

暗い写真になってもレタッチで復活させることができますよ。

Lightroomの設定

ということで、今回の作例のAdobe Lightroomの設定も載せておきます。

無加工の作例(JPEG撮って出し)

明るく撮りすぎてしまった作例です。少し白飛び気味です。

バージョン 2

Lightroomで補正

上の作例に対し、Adobe Lightroomで羽毛の階調を強調させました。

シャドウを上げて暗い部分の階調を、ハイライトを下げて白い部分の階調を強調する感じです。

実際の設定は下のとおり。

“sim”
操作方法は、自動ボタンで調整後に、シャドウとハイライトを好みに調整したよ。

Lightroomで補正後の作例

白い部分と黒い部分の羽毛の階調表現が豊かになりました。

ハクセキレイ

“sim”
おでこの辺りの「白飛び」してしまった所は復活できなかった…。もっと露出低めに暗く撮るべきだったね。

撮影機材

次の3点セットで撮影しています。

使ったカメラとレンズ
  1. カメラボディ:SONY α7R3
  2. 超望遠レンズ:SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
  3. 1.4xテレコン:SONY SEL14TC

SONYのミラーレスカメラ『α7RIII』は野鳥撮影に使えるか?

2018.03.12

SONYFE100-400+a7R3

まとめ

以上、ハクセキレイを撮るときのコツと、Lightroomの設定でした。

まとめると下のようになります。

方法の概要
  1. 鳥と同じ高さから撮影
  2. シャッタースピードは1/500秒以上が理想
  3. 「白飛び」「黒つぶれ」させずにできるだけ暗く撮る
  4. Lightroomではシャドウとハイライトで羽毛の階調を強調する

では

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。