カールツァイス Loxia 2/50とSONY α7RIIIの桜撮影レビュー

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

カールツァイスの50mm単焦点レンズ『Loxia 2/50』が桜撮影で使えるか?をレビューしました。

この記事では、『Loxia 2/50』をSONY α7RIIIに装着して、桜を撮影してきたので、作例とともに『Loxia 2/50』の実用性を紹介します。

“サル君”
で、このレンズは桜撮影ではどうだったの?
“sim”
樹上の桜ドアップとマクロ撮影以外は問題なく撮れたよ。

絞った方がシャープな絵になるけど、ボケがキレイなので絞り開放で撮りたくなるレンズだね。

使用機材と被写体

撮影機材

撮影機材は下のとおりです。

桜全体を撮った作例

絞り開放で画面全体が花で埋め尽くされるような構図で撮ったのが下の作例です。

“sim”
構図の説明としては、手前枝にピントを合わせ、背景はボカシてメリハリを付けたよ。

写真を拡大してみると分かりますが、背景の桜は下のようにキレイな円形ボケになります。

ただし、枝は2線ボケになって少々煩くなるので、ボケを使うときは注意が必要ですね。

 

桜をどこまで接写できるか?

Loxia 2/50の最短撮影距離45cmまで寄って下くらいの大きさです。ご覧のようにノートリでは桜の花びらを大きく写すことはできません。

ISO100, 50mm, 0.3ev, f/2, 1/2000

でも、トリミングで下の作例ぐらいまでは拡大できます。虫が花についているのが見えますね。

“sim”
まあ、本格的なマクロ撮影をしないのであれば、スナップ撮影用レンズとしては十分だよね。

トリミング画像の画質的にはweb用途で問題なく使えるレベルかな。

すこし気になった点としては、このレンズはマニュアルフォーカスのためガチピンで撮るのは慣れるまで時間がかかることです。

上の写真もおそらくガチピンではありません^^;

 

トリミングによる構図づくりもできる

賛否両論あると思いますが、4200万画素の高画素センサー搭載『SONY α7RIII』で撮影すれば、少々のトリミングでは画質はビクともしません。

例えば、下のような構図で撮影した後に建物の看板が大きく見えるようにトリミングしても、画質的にはまったく問題なしです。

Untitled

このようにトリミングしても画質的の劣化が気にならないレベルでした。web用途ではビクともしません。

Sony ILCE-7RM3, ZEISS Loxia 2/50

“sim”
後からトリミングができる点で、単焦点レンズといえども自由度の高い撮影ができてしまうんだな。
“サル君”
撮影時に構図をガッチリ決められる腕があるに越したことはないけどな。

 

Loxia 2/50の使い所

ハッキリ言って、遠景パンフォーカス写真であればスマホでも下の作例のようにそれなりに撮れてしまいます。

では、この50mm単焦点の明るいレンズ『Loxia 2/50』の使い所はどこなんでしょうか?

おそらくは、今回使った作例のように前ボケや後ろボケを活かした写真で価値が発揮しやすいのだと思います。

“sim”
僕はどちらかというと、カリカリに解像した描写が好きなんですが、このレンズを使っていると絞り開放で使いたくなってしまうね。

 

まとめ

以上、50mm単焦点レンズ「ZEISS Loxia 2/50」とSony α7RIIIで桜を撮影したレビューでした。

50mmの標準レンズなので良く見かける画角での撮影はできてしまいますが、ボケをコントロールすればスマホ写真や標準ズームレンズとは違う独創的な写真が撮れそうな予感します。

高画素センサー搭載のα7RIIIによるトリミング耐性の強さも撮影の自由度を高めてくれました。

“sim”
なにより撮影していて楽しいレンズだね。

マニュアルフォーカスというのも味わい深くて良かったよ。

では