ソニー「α7RIII」で野鳥を撮影してみた:ヤマセミ編/テレコン装着で驚きの解像力

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

野鳥撮影用に導入したソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)、超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSS、1.4倍テレコン(SEL14TC)のレビュー記事です。

この記事では、ヤマセミを被写体として、「α7RIIIにテレコンを装着した場合、このくらいの解像感で撮れるよ」的なことを書いてみました。

なお、記事中の撮影距離は僕の感覚で、実際に測定したものでないことをご理解願います。

“sim”
結果は驚きの解像度だったよ。

わずか2kgの手持ち野鳥撮影機材で、遠くのヤマセミがこれだけ鮮明に撮れるとは!

野鳥ポートレート撮影用としては、

α7R3は市販されている手持ち撮影機材の中ではナンバーワンの実力なんじゃないだろうか?

“サル君”
詳しくは下を読んでね。
a7RIII

焦点距離について

400mmレンズに1.4倍テレコンを装着して560mm相当、

さらに全画素超解像ズーム(2倍のデジタルズーム)を合わせて、1120mm相当で撮影しています。

“sim”
マイクロフォーサーズ1600mm相当で撮影したよりも解像感は明らかに上だったよ。比べちゃいけないレベルだった。

Instagram投稿の作例

まずは、Instagram投稿でどのくらい大きく表現できるのかをご覧ください。

テレコン付きの解像度の凄まじさは下のとおり。元画像は、12インチのMacBookのRetinaディスプレイ一杯に拡大しても解像感は破綻しません。

Crested Kingfisher/ヤマセミくん 久々にヤマセミくんのポートレートをupします。カッコ良く撮れたので、お見合い写真にも使えそうです。 テレコン装着、20-25mの距離での撮影です。 わずか2kgの手持ちカメラで、これだけ鮮明に撮れたので、もう言うことないです☺️。動物写真の命である「目」もクッキリ撮れますね。 ISO 100, 560mm, ƒ/10, 1/250, -1 ev, SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS + SEL14TC SONY α7RIII #ヤマセミ #野鳥 #野鳥倶楽部 #バードウォッチング #CrestedKingfisher #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #allmightybirds #bird_brilliance #nature_brilliance #nuts_about_birds #nature_worldwide_birds #exclusive_wildlife #instagramjapan #birds_adored #YourShotPhotographer #macro_drama

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

つづいて、テレコンなしの作例です。Instagram投稿では引き伸ばしてもこのくらいが限界でした。

Crested Kingfisher/ヤマセミくん 曇り距離20-25mでも、全画素超解像ズームでこのくらい解像します。テレコン付ければ、もうちょい行けそうです。 ISO 200, 400mm, ƒ/5.6, 1/250, -1.3 ev, SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 OSS SONY ILCE-7RM3(α7RIII) #ヤマセミ #野鳥 #野鳥倶楽部 #バードウォッチング #CrestedKingfisher #sapporo #japan #birdphotography #bird #wildbird #birdstagram #birdwatchers #birdlovers #birdextreme #birddogoftheday #bestbirdshots #pocket_birds #birdsofinstagram #eye_spy_birds #your_best_birds #allmightybirds #bird_brilliance #nature_brilliance #nuts_about_birds #nature_worldwide_birds #exclusive_wildlife #instagramjapan #tokyocameraclub #birds_adored #YourShotPhotographer

Satoru Shimizuさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

距離20mの解像度

僕のフィールドでは、20mで撮影できたら、かなり近いという感覚です。もっと近くで撮影できる時もありますが、このくらいで撮影できたらラッキーだと思います。

ノートリ写真

ノートリでこのくらいの大きさに撮れます。構図と背景が良ければトリミングの必要はまったくないです。

ISO 125, 560mm, -1 ev, ƒ/10, 1/250

拡大写真

パーツを拡大してみると、動物写真の命である『目』もクッキリと描写できています。今まで、ヤマセミを散々撮ってきましたが、こんなにクッキリ目が撮れたのは初めてですね。

そして、羽毛もかなり解像しています。高画素フルサイズ機にしかできない描写ですね。

距離25mの解像度

僕の撮影フィールドでは平均的な距離です。

ノートリ写真

ノートリでこのくらいの大きさに写ります。背景と構図が良ければ、そのまま使える大きさですね。

ISO 100, 560mm, -1 ev, ƒ/10, 1/250

拡大写真

さすがに20m撮影よりも解像感は落ちますが、かなりリアルに描写されています。

『目』もPC画面では解像感は多少破綻して見えますが、スマホでは十分解像しています。

羽毛についても同様です。

距離30mの解像度

少し遠目の距離での撮影になります。このくらいの距離になると、細部までは解像できていません。

ノートリ写真

この撮影距離でも、背景と構図が良ければノートリでそのまま使える大きさに写ります。

ISO 200, 560mm, -0.7 ev, f/9, 1/250

拡大写真

動物写真の命である『目』の解像感は、PC画面では破綻気味ではありますが、かなりリアルに描写できています。そして、スマホ画面では十分な解像感を保っています。

羽毛の解像感はさらに無くなりましたが、雰囲気は十分描写できています。

まとめ

以上、ヤマセミをテレコンを使って撮影してみましたが、感想は下のTweetのとおりです。


野鳥撮影用に導入したソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)、超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSS、1.4倍テレコン(SEL14TC)ですが、

結論としては、遠くの鳥を撮る場合においても、野鳥ポートレートが目的なら手持ち撮影カメラとしてはベストな選択だというのが僕の実感ですね。

では

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。