ソニーα7RIIIの野鳥撮影用のカスタムキー設定を紹介するよ

リンク広告




アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

ソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)と超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSS野鳥撮影用のカスタムキー設定を紹介します。

α7RIIIでは、レンズスイッチも含めて、13個のボタンにカスタム機能を割り当てることができます。

“sim”
とりあえず、現状で野鳥撮影用にベストなカスタム機能を割り当てた。

13個もカスタムキーがあって、なかなか覚えられないけど^^;

“サル君”
詳しくは下を読んでね。

α7RIIIのカスタムキー

全部で13箇所もカスタムキーがあります。

覚えるのは大変ですが、使いこなせばシャッターチャンスに強くなりますね。

まずは、ボディ本体に12箇所のカスタムキーを割り当てられます。

α7RIIIのカスタムキー設定

レンズスイッチにもカスタムキー設定が可能です。

ソニーの超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSには上下と左側の3箇所にレンズスイッチ(フォーカスホールドボタン)がついています。

この3つのボタンにも1つだけカスタムキーを割り当てられます。

僕のカスタムキー設定の一覧

最初に割り当てた設定をザックリ書き出しておきます。

α7RIIIのカスタムキー設定
  1. コントロールホイール:ホワイトバランス
  2. カスタムボタン1(C1):APS-C S35/フルサイズ切替
  3. カスタムボタン2(C2):AF/MF切り替え
  4. カスタムボタン3(C3):フリッカーレス撮影
  5. カスタムボタン4(C4):サイレント撮影
  6. マルチセレクター中央ボタン:フォーカススタンダード
  7. 中央ボタン:フォーカスエリア
  8. 左ボタン:ドライブモード
  9. 右ボタン:ISO感度
  10. 下ボタン:フォーカスモード
  11. AELボタン:ピント拡大
  12. AF-ONボタン:AFオン
  13. フォーカスホールドボタン(レンズスイッチ):ズーム

用語説明を少しだけ補足しておきます

  • フォーカススタンダード=フォーカスポイントを中央に戻す機能
  • ズーム=全画素超解像ズーム

参考にした動画

参考にしたYouTube動画も紹介しておきます。僕は動物しか撮らないのですが、風景、人物、ブツ撮りもする人は下の動画を参考にするといいかも。

JETDAISUKE氏のYOUTUBE動画

短時間に内容も分かりやすくまとまっています。

DAISUKE氏は人物ポートレートも撮るので、野鳥専門の方には必要ない設定もあります。必要な箇所だけマネしましょう。

冒険TVのYOUTUBE動画

世界中のアウトドアを冒険しているミズグチケンジ氏の動画です。参考になる箇所は多いです。

α7RIIIで実際に設定しているところが見れますが、再生時間が長いのでヒマな時に視聴しましょう。

 まとめ

以上、α7RIIIの野鳥撮影用のカスタムキー設定を紹介しました。

“sim”
使い込んでいくうちに、設定は変えていくかもしれないけど、その時はブログ記事の方も更新します。

撮影機材

E-M1 野鳥撮影用のMarkIIとα7RIIIの大きさ比較

今回レビューに使ったソニーのα7RIII(ILCE-7RM3)と超望遠レンズFE 100-400mm F4.5-5.6 OSSの野鳥撮影セットは、総重量が1967g(カメラ572g+レンズ1395g)の軽量コンパクト手持ち野鳥撮影システムです。

マイクロフォーサーズ機の野鳥撮影システムにも匹敵する軽さとコンパクトさです。

ちなみにキヤノンやニコンで同じシステムを組むと1kg以上重くなります。AF性能はミラーレス機よりもレフ機の方がいいと思いますけど…

愛用のE-M1 Mark2と比べて、「どちらが初心者向けか?」と聞かれたら、簡単に撮れるのはα7RIII(ILCE-7RM3)の方ですね。

α7RIIIはAFが優秀ですからね。

では

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。