オリンパス 300mm PRO レンズ:動物園での威力は?

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROを日課の野鳥撮影に使っていますが、『動物園』ではどうか実験してきました。

“サル君”

オリンパスの300 mm PROレンズって、超望遠の単焦点レンズだろ?

動物園じゃ、画角狭すぎないか?

“sim”

まあ、画角はたしかに狭かった。

だけど、ピンポイントな性能のお陰で普通とは違った写真撮影が楽しめたよ!

このレンズを動物園で使った場合の長所と短所をまとめると下のようになったよ。

◯メリット

  1. 動物の顔アップの描写が鮮明すぎて感動するレベル
  2. 猿山のサルはかなり大きく撮れる

◯デメリット

  1. 画角が狭すぎて、動物の体全体を写すのはぼぼムリ
  2. 記念撮影にはまったく向いていない
“サル君”

結論として、アイデア次第で面白い写真が撮れることがわかったよ!

M.ZUIKO 300mm F4.0 PROレンズとは?

“サル君”

オリンパスの300 mm PROレンズって、どんなレンズなんだ?

“sim”

オリンパスのミラーレスカメラOM-Dシリーズのために作られたプロ用途の超望遠の単焦点レンズだよ。

軽量コンパクトで、機動力の高さが他のレンズにない魅力。

カメラボディと合わせて、2kgしかないからね。

“サル君”

被写体としては、どんなものがあるんだ?

“sim”

基本的に遠くから撮るためのレンズだから、

野鳥や昆虫、その他野生動物や飛行機などを撮るのに適しているよ。

僕は野鳥やエゾリス撮影専用に使ってる。

“サル君”

プロ用途のレンズというからには、写りはイイのか?

“sim”

条件さえ良ければ、描写はメチャ鮮明で感動できるレベル

下の作例では羽毛まで細かく描写できてるだろ。

“sim”

今回は、動物園では、このレンズがどんな感じで性能を発揮できるのか実験しに行ってきたんだ。

動物園で威力を発揮するシーン

“サル君”

ぶっちゃけ、動物園ではどんなシーンで威力を発揮したんだ?

“sim”

今回、行ってきた札幌の円山動物園では、猿山とチンパンジーの屋外ステージが良かったよ。

この300mm PROレンズでは被写体がかなり大きく撮れて満足だった。

1.4倍テレコンやデジタルテレコンを使えば、顔を画面全体に写すこともできるくらい。

下に300mmPROレンズで撮った猿山の作例を載せておくよ。

300mmPRO、焦点距離換算600mm

“sim”

これが、40-150mmPROレンズだと、下の作例くらいの大きさにしかとれない。

40-150mmPRO、焦点距離換算300mm

“サル君”

たしかに、迫力が違うな!

でも、トリミングすればイイんじゃないのか?

“sim”

いやいや、解像感がぜんぜん違うから、300mmPROの方が断然きれいに見えるよ。

値段が倍くらい違うだけのことはあるね。

これについては次のコーナーで詳しく説明するよ。

ドアップの描写が鮮明!

“sim”

じゃあ、顔アップになるようにトリミングした写真を比べてみよう!

まずは、300mm PROレンズ(換算600mm)の方から。

300mm PROレンズ、焦点距離換算600mm, トリミング

“sim”

つぎに40-150mm PROレンズの望遠端(換算300mm)で撮った写真をトリミングしたのを載せるけど、細部の鮮明さがぜんぜん違うでしょ!

40-150mm PROレンズ、焦点距離換算300mm, トリミング

“サル君”

たしかに全然、鮮明さが違うわ!

300mmPROレンズだと、顔に生えている産毛まで写ってるよ!

“sim”

だろ!

40-150mm PROレンズも神レンズと言われてるけど、

300mm PROレンズは遠くの被写体を鮮明に写すのが得意なレンズで、プロの昆虫写真家や動物写真家が愛用しているくらいなんだ。

値段も約30万円と高いけど、十分に見合う価値があるよね。

動物全体を撮るのはムリ

“サル君”

デメリットはないのか?

“sim”

もちろん、あるよ!

猿山のサルと鳥以外の被写体は、画角が狭すぎて体全体を写せない。

“サル君”

めちゃトンガッた性能のレンズだな!

車に例えるとレーシングマシーンみたいなもんだな。

“sim”

つまり、使い所を考えて撮影すれば、一般人が撮った写真と比べて個性の光る写真がとれるよ。

“サル君”

いっそのこと、画角の狭さを利用するとかな。

“sim”

まあ、野鳥が撮れるくらいだから、ペンギンの顔だって、こんなに鮮明かつ表情豊かに撮れるよ。

300mmPROレンズ

“サル君”

まあ、動物園の動物相手なら、パーツのディテールを鮮明に写すのは朝飯前ってことだな。

まとめ

“サル君”

じゃあ、まとめ行ってみるか!

“sim”

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROを動物園で使った時のメリット、デメリットをまとめるとこんな感じ。

◯メリット

  1. 動物の顔アップの描写が鮮明すぎて感動するレベル
  2. 猿山のサルはかなり大きく撮れる

◯デメリット

  1. 画角が狭すぎて、動物の体全体を写すのはぼぼムリ
  2. 記念撮影にはまったく向いていない
“sim”

結論としては、アイデアさえあれば動物園では面白い写真が撮れることがわかったよ。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。