「オホーツクの千畳岩」がツーリング休憩に超絶オススメな件

sim(@ssiR01)です。

オホーツク海沿いにある枝幸町のウスタイベ千畳岩キャンプ場が、ツーリングの休憩ポイントとしてオススメです。

理由は次の6つです。

  • 眺めが良い
  • 人が少ないのでくつろげる
  • 無料のキャンプ場なので気軽に入れる
  • 町営なので整備が行き届いている
  • トイレが比較的キレイ
  • コンビニが近くにある(約1km)

施設がキレイなわりに人が少ない穴場的なスポットです。

僕は近くにツーリングに来た際には、昼飯休憩に高確率で立ち寄ります。

 

場所

道北エリアの枝幸町の北側になります。

 

入り口

国道238号線を枝幸町から北上すると、下の写真のような「千畳岩」の看板があるので、そこを海側に曲がって下さい。

 

パーキングエリア

千畳岩すぐ近くの駐車場は下のようにあまり広くありませんが、いつもこんな感じでガラ空きなので困ることはありません。

また、バイクであれば路側帯に停めることもできます。ぼくは買ってきた昼飯を食べる時は、下のように路側帯にバイクを停めて食事しています。

 

ウスタイベ千畳岩

ここの名物として、畳が積み重なったような独特の形状をした岩石帯が海岸沿いに見られます。それを千畳岩を名付けているようです。

#千畳岩オホーツク海

Sat Simさん(@sat.simizu)が投稿した写真 –

 

休憩場所

僕がいつも休憩場所に使っているのは、このキャンプ場の南側の路側帯です。

上の写真のような感じでバイクを停めて小一時間は昼食がてらゆっくりしています。面積のわりに人が極度に少ないので、かなりリラックスできますよ。

#YZFR1

Sat Simさん(@sat.simizu)が投稿した写真 –

#YZFR1 #千畳岩オホーツク海

Sat Simさん(@sat.simizu)が投稿した写真 –

#YZFR1

Sat Simさん(@sat.simizu)が投稿した写真 –

 

敷地内の様子と設備

敷地内はムダに広い芝生があって、その奥にキャンピングカーがよく停まっています。

敷地の北側にはテントでキャンプしている人もチラホラと見えます。

そして、南側には枝幸の街が見えます。

東屋も2つありますので、僕みたく道端で食事したくない人は安心できます。訪れる人が少ないためが、利用している人を見たことがありません。

他、設備としてはトイレ2箇所(わりとキレイな方だと思います)、炊事場といったところです。

 

ツーリングに愛用のシートバック

写真に写っているYZF-R1のシートバックは、モトフィズのミニフィールドシートバッグです。

YZF-R1のようなリアシートの面積が少ないSSタイプのバイクでも抜群のフィット感をみせるところが気に入っていますね。

容量も可変で19〜27リットルもあり、5泊くらいのツーリングはこれ1つで十分です。

なお、取り付けにはコツがいるので、興味があれば下の参考記事を見てみて下さい。

【参考記事】

YZF-R1で愛用のシートバック

【YZF-R1】シートバックを固定・取り付けする方法【TANAX motofizz ミニフィールドシートバッグ】

さいごに

オホーツク海側の穴場的ツーリングスポットのウスタイベ千畳岩キャンプ場の紹介でした。

ここは雰囲気最高なお気に入りスポットなのですが、あまり人に知られていないために人口密度が極度に低いです。

静かにリラックスしたい時など、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。