【YZF-R1】ミシュランタイヤ・パイロットロード4【1000kmインプレ】

リンク広告




「MICHELIN Pilot Road4」1000kmほど走ってみたので簡単にインプレのようなものを書いてみます。完全にツーリングにしか使っていません。

インプレというほどのものではありませんが、簡単な感想というか印象です。今のところ不満はありません。

 

1.長距離ツーリングにつかった総評

片道300〜400kmの泊まりツーリングを2回ほどしてみた感想ですが、とくに不満はみつかりませんでした。このタイヤで怖い思いをすることはなかったです。

 

2.雨降りに関して

雨の中もツーリング中に一度走りましたが、グリップに不安はなかったです。

むしろ安心感はロード3よりもロード4の方がちょっと上のように感じました。路面から伝わる情報量がロード4の方が明らかに多くて安心感が高かったです。

 

3.高速道路の横風

風速10m以上の横風の中を高速道路に走る場面に出くわしましたが、このときもタイヤのグリップ感は十分にありました。

ただし、横風にハンドルを取られそうには何度かなり、ちょっと怖い思いをしましたが、これはタイヤのせいではないです。軽量・フルカウル車の宿命ですね。

4.峠道を軽く流してみて

ツーリングペースですのでタイヤを端まで使っている訳ではないですが、ロード3に比べて倒しこみが少しダルになったように感じました。

ロード3の時は「ツーリングタイヤなのに随分スパスパとバイクが寝てくれるなあ」という印象がありましたが、ロード4では「まあ普通だな」です。

これも不満が特にある訳ではありません。

 

5.ライフ

(1)フロントタイヤ

ツーリングペースでのんびり走っただけですが、ごらんの通りタイヤが溶けています

グリップは期待できると思いますが、ライフや段減りが心配です。

ロード3の時にはツーリングでタイヤが溶けることはなかったです。ちなみに段減りはロード3でもありました。特にフロントタイヤですね。

追記:1シーズン乗ってみて、偏摩耗やタイヤライフについての不満もありませんでしたよ。乗り心地もいいし、気に入りました。

 

(2)リアタイヤ

写真ではわかりにくいですが、リアタイヤも少し溶けています。ライフや段減り状態がロード3と比べてどうなのか興味がありますね。

追記:フロントタイヤと同じように、1シーズン乗ってみて偏摩耗や不満もとくにありませんでした。

 

さいごに

以上、1000kmインプレですが、今後3000km、5000km、10000kmくらい走った頃にインプレしてみたいと思います。

 

追記:

このあと、1シーズン乗って、連泊のロングツーリングにも行きましたが何も不安のない良いタイヤだと感じました。ウェット路面に強かったので、ツーリングの良き相棒となることでしょう。

#YZFR1 #オホーツク

Sat Simさん(@sat.simizu)が投稿した写真 –

 

この記事の撮影機材

オリンパスTG-3、ダイバー御用達の水中カメラで信頼の防水・耐衝撃性能です。天候に関係なく使えるので、ツーリングの心強いお供です。

  • 防水:15m
  • 防塵
  • 耐衝撃:2.1m
  • 耐荷重:100kg
  • 耐低温:マイナス10度

レンズもF2.0と明るくて使いやすいですね。

現行型は新型が出ています。

 

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。