5分でできる野鳥写真の影の消し方/Lightroomのレタッチ方法

リンク広告




アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

せっかく撮った野鳥写真に枝の影が写り込んでガッカリしたことはありませんか?

例えば、こんな風に…

野鳥写真に枝の影が写っている
“sim”
うおおおおー! 鳥の少ない季節に撮った貴重な写真に影があああああ!!!

でも、大丈夫。

この影はLightroomというアプリを使えば簡単に消すことができるんです。

所要時間はたったの5分!

ということで今回は、野鳥写真に写り込んでしまった枝の影を消す方法を紹介します。

“sim”
影は自然現象だから仕方ないけど、目立たなくした方が被写体が映えて他人に伝わりやすい写真になるよ!

Lightroomで影を消したビフォア・アフターの野鳥写真を比較

はじめにレタッチの効果について紹介しておきます。

下の画像は、Lightroomで影を消す前後を比べたものです。

Lightroomで影消レタッチ前後の写真を比較
“sim”
僕が10秒くらいでサッとレタッチしたにもかかわらず、見事に影が見立たなくなっているでしょ!

Photoshopでじっくり時間をかければ完全に影を消すこともできますが、今回がLightroomでサクッと簡単に消す方法を紹介していきます。

 

Lightroomを使った野鳥写真の影の消し方

野鳥写真に写り込んだ影は、Lightroomの「修復ブラシ」ツールを使って消すことができます。

方法は簡単で次のとおりです。

①Lightroom画面右側ツールバーにある「修復ブラシ」ツールをクリックする。

①修復ブラシをクリック

 

②修復ブラシのモードを「修復」に設定後、「修復ブラシ」の「ブラシサイズ」「ぼかし加減」「透明度」を設定する。

  • ブラシサイズ:影の太さプラスアルファくらい
  • ぼかし:今回は30〜40%(SNS投稿用であればボカシ0%でOK)
  • 不透明度:今回は100%(1回で消したい場合は不透明100%でOK)
Lightroom修復ブラシの設定

 

③修復ブラシで消したい影の部分をなぞって、影消し作業は完了です。

Lightroom修復ブラシでなぞる

 

 

影を消したインスタグラムの作例

こんなふうにLightroomで影を消して投稿したインスタグラム写真がこちらです。

言われなければ、影があったとは思えないレベルにはレタッチできています。

作業にかかった所要時間は10秒です。

“sim”
写真のレタッチには賛否両論あるけど、「鳥さんの立場で考えれば、可愛く美しく写真を加工することはOK」というのが僕の考えだよ。

科学じゃなくて、エンタメだからね。

 

まとめ

以上が、野鳥写真に写り込んでしまった影をLightroomで簡単に消す方法でした。

コツは、完璧に消そうと思わずに「目立たなくなればいいや」くらいの感覚でレタッチすると作業時間も少なく済むのでオススメですよ。

 

撮影機材

次の3点セットで撮影しています。

使ったカメラとレンズ
  1. カメラボディ:SONY α7R3
  2. 超望遠レンズ:SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS
  3. 1.4xテレコン:SONY SEL14TC

高画素フルサイズセンサーのカメラボディに、400mm相当の超望遠レンズ、1.4xテレコンのセットです。さらに全画素超解像ズーム(デジタルズーム)で2倍の画角にしているので、1120mm相当の焦点距離で撮影しています。

SONYのミラーレスカメラ『α7RIII』は野鳥撮影に使えるか?

2018.03.12

SONYFE100-400+a7R3

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。