【YZF-R1】和琴半島・硫黄山・摩周湖【北海道ツーリング3日目】

美幌峠から屈斜路湖の和琴半島→硫黄山→摩周湖→摩周の街へと抜けました。このルートも交通量が少なくツーリングルートしてオススメです。観光情報と道の雰囲気などをレポートします。

 

場所とルート

美幌峠から国道243をそのまま南下し、途中の青看板に従い和琴半島へ、続いてルート243に戻り、道道52号線に左折し、屈斜路湖畔を北上、川湯温泉街を素通りして、硫黄山近くのパーキングエリアで撮影、国道391から摩周湖行きの国道52号で摩周湖畔の峠道を抜けて摩周町で昼食です。

 

和琴半島

和琴半島は屈斜路湖の南側にある半島です。ここの施設や散策路は綺麗でしたね。観光客も砂湯キャンプ場ほど多くないで静かな時を過ごせます。

そして、ここの散策路は長いです。なんと全長2.5キロ!体力に自信のないぼくは湖面を動画撮影をしてから、少し歩いてベンチのある所まで戻り休憩です。気温も上がってきたのでソフトクリームもいただきました。

img_1151

和琴半島のパーキングエリアは広く、土産物屋兼雑貨屋さんがあります。ソフトクリームもここで買えます。もちろん、トイレもありますのでご安心を。

img_1148

巨大な湖、屈斜路と奥に見えるのが和琴半島です。この和琴半島を一周するような感じで散策路が続いています。

img_1161

ベンチや東屋も点在していて休憩ポイントには向いています。

img_1178

続いて、屈斜路湖の湖畔沿いに走り、砂湯キャンプ場と川湯温泉を抜けて硫黄山を目指します。

img_1183

 

硫黄山近くのパーキングエリアにて

下の写真で奥の白っぽく見える山が硫黄山です。いわゆる火山で、硫黄の噴煙が立ちのぼっています。近くの川湯温泉はここの火山性の地下水が泉源です。強酸性で川湯温泉に入るとピリピリします。

img_1197

硫黄山周辺の植生も硫黄の噴煙と酸性土壌の影響で一種独特な雰囲気をだしています。この辺りのイソツヅジの群落は日本最大だとか。

硫黄山は敷地内も散策できますが、駐車料金がかかりますし一度見れば十分ですので、今回はパスしました。

下の写真は近くの無料のパーキングエリアで撮ったものです。iPhoneで撮った写真でこのくらい見えますので、肉眼やデジカメなどではもっと迫力ある風景が見れますよ。観光客は有料駐車場に行ってしまいますので、ここPAはいつもガラ空きです。

img_1200

 

摩周湖周辺の峠道

摩周湖を経由して摩周の町へ昼食に。摩周湖の川湯温泉側はタイトコーナーが連続しており、調子に乗っているとかなりビビります。R35〜50mのコーナーが多いです。

img_1222

第一駐車場は硫黄山と同じく有料な上に景色としては美幌峠に及ばないので今回はパスです。かわりに無料の第三駐車場で撮影をしました。先ほどの硫黄山が一望できます。摩周湖の湖面を見たいかたは、裏摩周に行くと駐車場も無料です。

img_1228

このまま、峠道を下って国道との交差点にあるコンビニ・セイコーマートでおにぎりとお茶を調達し昼食としました。

このあと。ここから道道102号線で屈斜路湖のもう一つの展望台、小清水ハイランドに立ち寄って宿のある斜里町に戻りました。写真は小清水ハイランド近くの道で撮影したものです。

img_1269

つづきは、

【YZF-R1】知床2014・2回目【北海道ツーリング4日目】

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。