【YZF-R1】野付半島【北海道ツーリング2日目】




羅臼町から一路、野付半島へ。野付半島へはレストハウスでの昼食を目的にひたすら海岸線を走ります。東側は海、西側は原野でなかなかの風景です。交通量も少なく走りやすい道です。

野付半島では雲行きは相変わらず怪しかったですが、雨は降っていませんでした。

 

地図とルート

羅臼(ラウス)町からルート335で海岸線を走り、野付半島を目指します。

野付半島は28kmにわたる日本最大規模の砂嘴です。ホッカイシマエビ漁が盛んで、干潟、野鳥、トドワラ(立ち枯れしたトドマツ)が観光対象になってます。雰囲気はまさに地の果てです。

img_0857

野付半島の中ほどにあるパーキングエリア

野付半島には眺望のいいところに写真撮影スポットとしてパーキングエリアがいくつもあります。したの写真はその中でも最大規模のPAで撮影したものです。北側は外海で、南側は湾になっているので、雰囲気がぜんぜん違うのが面白いですよ。
img_0812

野付半島、中ほどのパーキングエリアから北側の海を望む

img_0820

南側の海は湾になっているので、波も穏やかです。雰囲気は半島の南北でまったく異なります。

 

野付半島のレストハウスにて

レストハウスに到着したら、海がキレイでしたので、波打ち際など海関係の動画素材の撮影で時間をつぶしました。ここでも外海と内海では雰囲気がまったくちがって見応えがありますよ。内海は雰囲気が荒涼としていていいですね。

img_0836

野付岬、外海

img_0871

野付岬、内海

一通り撮ったらお昼になっていたので、レストハウスで昼食です。野付半島のレストハウスでは海鮮物がメニューを占領しています。

僕はちょっと悩んでミックス丼をいただきました。ミックス丼というのはウニ・イクラ丼とアサリの味噌汁のセットです。量的にはやや少なめでしたが満足できました。

レストハウス食堂のメニュー。ウニ丼が時価というのがビビりました。

img_0887

野付半島レストハウスのメニュー

ミックス丼(ウニイクラ丼)2200円。ちょっと高いかなと思いましたが、美味しかったですよ。食後のデザートにソフトクリームを頂いたのでちょうどでしたね。

img_0890

ミックス丼(うにいくら丼)

レストハウス内は野生生物の博物館のようになっていて、ここを見て回るだけでも結構時間をつぶせます。以下、レストハウス内の展示物です。

幻の魚「イトウ」の剥製。イトウは道北や釧路湿原が有名ですが、この辺にもいるのは知りませんでした。

img_0883

ホッカイシマエビ。ここの名物で美味しいです。

img_0885

トドワラ号。岬の突端付近まで乗せていってくれます。馬が昨年とは変わったようですね。今回は発車時刻が合わずパスしました。

img_0897

この時期9月中は、ススキがオススメとレストハウスの案内に書いてありましたので。写真と動画を撮影していきました。img_0924

トドワラ(立ち枯れしたトド松)

トドワラの写真も載せておきます。この写真はこの翌年に撮影したものです。トドワラはトドワラ号に乗って岬の突端まで行かずとも、途中のパーキングエリアで撮影ができますよ。

img_2083 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次はライダーの聖地・開陽台です。

【YZF-R1】開陽台【北海道ツーリングスポット】



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。