どんな野鳥写真がインスタグラムでウケるのか?/10回フィーチャーされたヤマセミ写真から分かったこと

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

Instagram投稿した野鳥写真のうち、フィーチャーされた写真の紹介と解説記事です。

今回は、10箇所の海外野鳥メディアからフィーチャーされた『ヤマセミ』写真です。

この写真を正しく解釈できれば、どんな野鳥写真が海外でウケるのかを読みとくことができます。

“sim”
この写真はカメラの性能テストの一環で、遠距離でどこまで高解像度に撮影できるか実験していた時の写真だよ。

それにプラスして投稿時には、背景をレタッチしてシンプルにしてみた作例だよ。

“サル君”
要するに高解像度+背景レタッチが功を奏したわけね。

今回のヤマセミ写真の撮影条件

今回のヤマセミ写真は、次のような条件で撮影しています。

  • 光線:快晴で順光
  • 被写体までの距離:25m〜30m
  • 焦点距離:1120mm(テレコン+全画素超解像ズーム使用)
  • 手持ち撮影
  • 詳細は下記写真に記載

“sim”
撮影時に意識したのは、とにかく高解像度・高画質で撮ることだよ。

 

インスタグラムでは予想外にウケた

そして、撮影した写真をそのまま投稿したのでは芸がないと思い、一手間加えて背景をPhotoshopでレタッチしてシンプル化してから投稿してみました。

“サル君”
いつもどおり、なにがウケるのか調べるための実験だったわけね。

結果、このヤマセミ写真を投稿後にフィーチャーしてくれた有名野鳥メディアは、なんと10箇所!

そのうち有名な野鳥メディアは下のとおりです。

  • nuts_about_birds(フォロワー数15.3万人)
  • your_best_birds(フォロワー数14.8万人)
  • best_birds_of _ig(フォロワー数10.1万人)
  • kings_birds_(フォロワー数8.5万人)
  • bird_brilliance(フォロワー数6.9万人)
  • planetbirds(フォロワー数4.1万人)
  • 他4箇所
“sim”
この中からyour_best_birdsでフィーチャーされたものを貼り付けておくね。「いいね!」が7000件もついたよ!

🎉CONGRATULATIONS🎉 ✨Birder of the day ➡ @sat.simizu ✨Bird of the Day ➡ Crested kingfisher ✨Location ➡ Japan ——————————————- Thanks for sharing this fantastic bird capture. For more great photos visit the gallery of @sat.simizu #ybb_sat_simizu #ybb_crestedkingfisher #ybb_kingfisher ——————————————– ➡Photo selected by Dorien @dorienthu ——————————————- ✨WANT TO BE FEATURED? ✨ . ➡Please tag your birds #your_best_birds ➡Please follow us @your_best_birds ➡Please indicate your bird’s species & location ➡HubDirectory Member since Jan 2015. ——————————————- #bird #birds #birdsofinstagram #birdstagram #birdwatching #instabird #birdphotography #birding #instabirds #wildlife #bestbirdshots #wildlifephotography #nuts_about_birds #budgie #kings_birds #birdlover #birdlovers #feather_perfection #birdfreaks #pocket_birds #vogel #allmightybirds

@your_best_birdsさん(@your_best_birds)がシェアした投稿 –

さらに、有名野鳥メディアのPLANETBIRDSではストーリーズに入れてもらえるほどウケました。

“サル君”
…と、当初の予想に反して、海外の有名野鳥メディアにウケまくる結果となったわけ。

 

仮説:インスタグラムでウケる野鳥写真とは?

という具合に、海外の野鳥メディアにウケまくったわけですが、単なる偶然で片付けるのはもったいないので考察してみました。

つまり、

インスタグラムでウケる野鳥写真の仮説です。

この仮説は、これまで観察してきた有名インスタグラマーのフィーチャー写真と、今回のヤマセミ写真の共通点から得られました。

ザックリ書き出すと、インスタでウケる野鳥写真には次の共通点があります。

  • 被写体が分かりやすい
  • 背景がシンプル
  • 背景をPhotoshopで手間暇かけてレタッチしているケースが多い

背景が被写体を惹き立てるようにレタッチされているフィーチャー写真の多くはイラストのように美しく、カラーバランスも優れています。

“sim”
もはや、アートの域だよ。

残念ながら僕の写真はその域には達していませんが、これを機会にPhotoshopによるレタッチをマスターすることにしました

“sim”
差し当たっては、レタッチしやすいようにペンタブレットを即注文したよ!

今までは、MacBookのトラックパッドでPhotoshopを操作していたからね^^;

写真レタッチがどれほど効果的なのかは、下の動画をご覧ください。

 

まとめ

以上、インスタグラムでウケる野鳥写真の仮説でした。

まとめると、つぎのとおり。

  • 被写体が分かりやすい
  • 背景がシンプル
  • 背景をPhotoshopで手間暇かけてレタッチしているケースが多い
“sim”
ただし、Photoshopでのレタッチって、時間がべらぼうにかかるから、全部の投稿写真をレタッチするのは現状ムリだね。

フォトレタッチのマスターは今年のテーマとするよ。

では