MacBook 12インチのミニマルなDTM環境/機材3個とアプリ2個

動物写真家のsim(@ssiR01)です。

DTM機材をiMac 4Kを中心にしたものから、よりミニマルなMacBook 12インチをメインマシンにしたものへ完全移行しました。

それにともなって、DTM機材を全面的に見直したので紹介します。

思い切り断捨離したので、かなりシンプルにすることができました。

“sim”
一般人が趣味でDTMを楽しむのに必要な機材なんて、実はすごく少ないんだよね。
“サル君”
ぜいたく言えばキリがないからな。

DTM机の変わりようを写真で紹介

下の写真は、これまでのiMac 4Kを中心にしたDTM機材です。

机の上に所狭しとモノが置かれ、エッセンシャル思考の人がみたら、きっと発狂することでしょう^^;

当然持ち出せないので、北朝鮮がミサイルを打ってきたらすべて消滅する運命です。

iMac 4K時代のDTM環境

対して、下が新しく移行したMacBook 12インチを中心にしたDTM機材と環境です。

めちゃんこシンプルだし、モバイルにそのまま持ち出せます。

というのが概要ですが、すこし詳しく解説していきます。

 

DTM用ソフトウェアのミニマル化

上では物理的な機材の断捨離具合をお見せしましたが、DTMソフトウェアの断捨離も全力で行いました。

MacBook 12インチに入っているDTMソフト

MacBook 12インチに入れたDTMソフトを次の2つのみ。

  1. Logic Pro X(DAW)
  2. 初音ミクV4X(VOCALOID)

それでも、Logicは追加コンテンツもインスコしたので、音楽制作カテゴリだけで52.39GBも消費しています。

“sim”
見方によっては、かなりゼイタクしているとも言えるよな。

 

使うのをやめたDTMソフト

今回の断捨離で使うのをやめたDTMソフトは次の11個です。

  1. Cubase 7.5(DAW)
  2. Ableton Live 9 suite(DAW)
  3. NI KOMPLETE 9
  4. Waves Gold Bundle
  5. Melodyne editor 2
  6. Addictive Drums 2(ドラム音源)
  7. ELECTRI6ITY(ギター音源)
  8. TB303クローン(ベース音源)
  9. VOCALOID for Cubase NEO
  10. 巡音ルカV4X
  11. マクネナナV3
“サル君”
ずいぶん投資したわりには、ぜんぜん使いこなせていなかったところがスゴイな。

使うのをやめた理由としては、選択肢が多いとストレスになるからです。

趣味で楽しむぶんには、DAWとVOCALOIDが一つずつあれば十分だという結論に達しました。

“sim”
まあ、これを使いこなすだけでも、かなりハードル高いと思うけどね^^;

 

DTM用周辺機器のミニマル化

機材の断捨離具合については、簡単に解説していきます。

MacBook 12インチで使っているDTM周辺機器

現在、残したDTM機材は下の3つのみです。

  1. アップル純正イヤホン(モニター用)
  2. BluetoothスピーカーfoxL DASH4(モニター用)
  3. KORG MIDIキーボード NANOKEY2(入力デバイス)

さらに絞り込むと、Apple純正イヤホンだけでもいい気がします。

というのは、制作した音楽コンテンツをシェアした場合に、多くの人が利用している視聴環境は「iPhone+純正イヤホン」だからです。

あとは、僕が自分で聴くために普段使っているBluetoothスピーカーをモニター用に選んでいます。

自分で楽しむ目的でDTMするなら、自分が愛用しているスピーカーでモニターするのはもっとも正しい選択だからです。

小型MIDIキーボードは入力用デバイスとして一応残しましたが、これは無くても困らない一品ですね。

“sim”
ホント、自分が楽しむ目的でDTMするなら、これで十分なんだよな。

 

使うのをやめたDTM周辺機器

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースにはローランドのQUAD-CAPTURE UA-55を長らく愛用してきましたが、今回思い切って断捨離しました。

なんの不満もありませんでしたが、無くても困らないものはカットする方針で断捨離です。

モニタースピーカー

FOSTEX プモニタースピーカー PM0.4nも長らく愛用してきましたが、無くても困らないので断捨離しました。

モニターヘッドホン

AKG Reference Studio Headphones K712PROについては、使用頻度はかなり少なかったので、迷わず断捨離しました。もともとヘッドホンを被るのが好きではなかったもので…

49鍵盤のフルサイズMIDI鍵盤

意外と使わなかったのが、Roland MIDIキーボードコントローラー A-49です。結局、鍵盤を弾けないのでマウス(トラックパッド)で入力してしまうんですよね。

エレキギター

Fujigen NCLS-20R/LD。まめに練習してましたが、上手になれずに挫折しました…orz。このまま持ち続けも部屋の肥やしになるだけなので、迷わず断捨離です。

“sim”
ギターは自分には向いてなかったようだ。

 

まとめ

以上、Mac環境をMacBook 12インチに変えるタイミングで、DTM機材の断捨離も決行しました。

おかげで、机周りも気分もスッキリしました。

断捨離したDTM機材は売却可能なものはすべて売却処分したので、これまでDTMに投資してきた資金の一部を回収することもできました。

DTM機材って、ソフトもハードも意外と高く売れるんだな〜というのが今回の学びでしたね。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。