NEM送金方法の初心者マニュアル/coincheckからZaifへ送金する事例

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

NEMを別の取引所へ送金する方法をまとめました。

NEMの取扱については、国内取引所ではZaifが特に力を入れていますので、Zaifで一括管理した方が便利です。

この記事では、coincheckで買ったNEM(XEM)をZaifに送金する方法を仮想通貨初心者向けにまとめました。

“sim”

日本円の銀行振込と比べると、超簡単だった。

送金時間もそんなにかからなかったよ。

でも、一歩間違えると怖いことになるから注意事項も書いておいた。

“サル君”
詳しくは下を読んでね。

Zaif(入金先)での設定

まず、XEM入金先のZaifにログインして、送金に必要な次の2つの情報を確認します。

  1. 入金用メッセージ(お客様固有のXEM入金用メッセージ)
  2. 入金先アドレス(ユーザー共通のXEM入金アドレス)

具体的な手順は下のとおりです。

  1. Zaifにログイン
  2. 「アカウント」>「XEM入金」と順にクリック

この操作で上記2つの必要情報(下の図で③と④)が見れます。

注意
ユーザー共通のXEM入金先アドレスは、緑のマスク(下の図参照)がかかって最初隠れてますが、クリックすれば現れますよ。

 

coincheck(送金元)での設定

つぎに送金元のcoincheckから送金します。

注意事項をはじめに書いておくと…

操作を間違えると送金したXEMが消滅するので、初めての時は少額で確実に送金されることを実験してから本番に望みましょう!

“sim”

そんなにビビる必要もないけど、慎重を期すに越したことはないからね。

実際の操作は下のとおり。

1.ウォレット>コインを送る>NEMを送るを順にクリック

この操作で、NEMの送金画面にいきます。

2.送金先を登録する

つぎに「送金先リストの編集」をクリックして、送金先を登録します。

手順は下のとおり。

①「新規ラベル」の空欄に、送金先の名称を入力します。これには特に決まりはないので、後で見て自分がわかる名称を入力して下さい。

②「新規宛先」にZaifの入金先アドレスを入力します。

この入金先アドレスは、さきほどZaifサイトで確認した「入金先アドレス(ユーザー共通のXEM入金アドレス)」のことです。

③さいごに「追加」ボタンを押せば、この入金先がcoincheckの送金先リストに追加されます。

 

3.NEMを送金する

いよいよNEMの送金です。

具体的な手順は下のとおり。

①「送金リスト」のプルダウンメニューから、先程作成したZaifの送金先を選びます。

②「メッセージ」に先程Zaifサイトで確認した「入金用メッセージ(お客様固有のXEM入金用メッセージ)」を入力します。

重要!!!
この「お客様固有のXEM入金用メッセージ」を入れ忘れたり、間違えると送金したNEMが消滅します。
“サル君”
まあ、ビビらずに、普通にコピペで入力すれば大丈夫だよ。

③送金額を入力する。

この時の最大送金額は、送金可能額ー手数料です。

“sim”

例えば、上の図の例では送金可能額が2000XEMで、手数料が0.5XEMなので、最大送金額は2000ー0.5=1999.5XEMになるよ。

④最後に、送金ボタンを押せば、送金される。

 

Zaifでの入金の確認

最後に、さきほどの「ZaifのNEM入金ページ」に戻り、入金状態を確認します。

coincheckからの送金手続きが正常に進んでいれば、ページ中程に下のような送金ステータスが表示されます。

このステータス一番左側の確認項目の値が満ちれば、入金完了です。

ちなみに1500XEMの送金でかかった時間は約20分です。

送金額が多くなると送金時間も長くなります。

 

まとめ

以上、NEM(XEM)のcoincheckからZaifへの送金方法をまとめました。

仮想通貨の送金も一度は経験しておくことをオススメします。

1回経験しておけば、不足の自体が起きた時に慌てずにとっさに行動できますからね。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。