【YZF-R1】阿寒横断道路【北海道ツーリング5日目】

リンク広告




今日は斜里町から阿寒湖と然別湖経由で十勝地方の帯広市を目指します。阿寒と然別周辺はワインディングロードが素晴らしいです。タイトコーナーが連続しますが、ツーリングペースであれば問題なく楽しめます。

場所とルート

ルートは国道334から道道1115で「清里町」道道801・国道391で「野上峠・川湯温泉」、国道243・241で「弟子屈町・阿寒湖」です。斜里から野上峠までは、ちょっとわかりにくいですが近道なのです。

 

清里町から道の駅「摩周」へ

出掛けに1枚。道道1115線沿いの清里町近辺です。この辺りはジャガイモの産地として有名で大きないも焼酎の工場があります。このまま川湯→弟子屈→道の駅「摩周」へと向かいます。

img_1522

道の駅「摩周温泉」、足湯が楽しめます。レストランもありますが、ちょっとお値段高めで混んでいるのでいつもどおりパスです。缶コーヒーで100円の幸せを味わいます。

img_1523 img_1525

国道241の阿寒湖峠道の上り口まではひたすらのどかな直線路が続きます。一気に走ってしまうのはもったいないので途中で数回休憩を入れて、まわりの景色を楽しみます。

img_1576

 

阿寒横断道路のワインディング

阿寒横断道路の弟子屈町側はタイトコーナーが連続します。今回は登りですが、ここを下る時はかなりビビリます。くれぐれも安全運転を。

タイトコーナー連続地帯を終えて少し落ち着いたところの写真など。休日や観光シーズンは交通量が多いので注意が必要です。

img_1586

途中に、双湖台展望台があります。2つの沼、ペンケ沼、パンケ沼が望めます。パーキングエリアもありますので是非立ち寄ってみてください。下の写真は双湖台からの風景ですね。沼の写真を撮るのを忘れてしまいました(笑)この辺りの道もかなりクネってますのでご注意を

img_1589 img_1588

この後、阿寒の街で小休止後、足寄・然別・帯広ををめざします。

これは阿寒の温泉街です。阿寒湖は以前に釣りで訪れています。そのときの夜明け前後の湖面の美しさを忘れられなくて、日中の湖を見るために歩く気にはなれず今回スルーしました。

img_1597

つづきは、

【YZF-R1】足寄・糠平・然別湖【北海道ツーリング5日目】

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。