【YZF-R1】知床・その1【北海道ツーリング2日目】




斜里町の宿泊地から知床半島を目指します。ルートは斜里町→ウトロ町→知床峠→羅臼町です。知床峠は走ってよし、眺めてよしなので、年に一回はツーリングに行きたくなるスポットです。標高が高く、冬季の10月下旬から4月下旬までは通行止めになるので、行く時期に注意が必要です。

 

場所とルート

ルートは斜里からオホーツク海側を通って「ウトロ」→「知床峠」→「羅臼」です。下に地図を貼っておきます。前日と当日の朝に天気予報と相談して決めたルートで、まずは知床半島を目指しました。
知床峠は天候の変化が激しいので、一日何往復かすると晴れ間に巡り会えることあります。ぼくはここに行くときは数往復していますね。もちろんツーリングペースです。
img_0800

ウトロに向かう途中のオホーツク海ロード

ウトロに向かう海岸線沿いでまずは一枚。いきなり雨です。「気象庁さん、今日の天気も当てられんのですか!」と思いながらも、気楽なバイク一人旅なのでなぜか楽しいのです。
img_0707
オホーツクの海は少し濁り気味ですが、雨の日のツーリングもなかなか乙なものなのです。バイクも濡れそぼっていい雰囲気出してました。
img_0681
知床半島、知床横断道路の麓にあるウトロの街へ向かうロード。雨の風景も悪くないです。
img_0669

オシンコシンの滝

ウトロに向かう途中、オシコシンの滝に久しぶりに寄ってみました。学生時代以来でしょうか。
駐車場から数10mほどゆるい階段を登ります。
img_0691

落差50m、滝幅30mのオシンコシンの滝。なかなかの見応えです。この日は雨の日独特の湿った雰囲気が良かったですね。

img_0703

 

3.道の駅「ウトロ」

道の駅ウトロに到着しましたが、ホット珈琲が売っていなかったので、先を急ぐことに。

下の写真は道の駅ウトロです。駐車場と建物が大きいです。しかし、トイレがきれいなだけで道民のぼくは特に魅力を感じません。買い物をするなら、この少し先にあるセブンイレブンが駐車場も広いしお気に入りです。

img_0716 img_0713

 

知床横断道路

ウトロ側から上り始めたところに写真撮影ポイントがあります。ウトロ港が一望できます。雨のためが雲が低く、幻想的な雰囲気を出していました。

img_0734 img_0739

とりあえず、峠を目指します。知床横断路のウトロ側はコーナーのRが大きな中高速コーナーと適度な長さの直線路の連続です。山頂付近を除くと、森の中を走るような感じです。

img_0749

知床峠に到着です。

しかし、雲が低く、回り一面真っ白で何も見えません(笑)。

img_0779

峠からの眺望:ウトロ側(北側)方面

img_0758

峠からの眺望:羅臼側(南側方面)。これだけ霧が深いとかなりノンビリ運転です。

img_0761

羅臼側へ下る途中の見通しの良い所で撮影です。かなり、霧が晴れてきました。

知床横断道路の羅臼側はRのキツイ低速コーナーが連続します。R50前後のコーナー多いです。景色も開けているせいか良いので、雰囲気を楽しみながらの安全運転が楽しい道です。雲が低いときは、雲の中を走っているような錯覚をして、なんとも幸せな気分になれます。

img_0785 img_0794

 

道の駅「羅臼」

道の駅「羅臼」に到着し、ホットな缶コーヒーを頂きました。そのくらい9月の知床は寒いのです。

img_0809 img_0805

ここから、次は野付半島の突端付近を目指します。

つづく…

【YZF-R1】野付半島【北海道ツーリング2日目(2014年)】



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。