強風の日に御用心【バイク用レインウェアの着脱】

コンパクトに収納できるバイク用レインウェアを新調して喜んでいたのですが、わずか使用1回目にしてやっちまいました…。

収納袋を強風に吹き飛ばされて、紛失してまったのです。

状況が少し特殊だったので、その顛末について今後の教訓を込めて書いておきます。

今回、話題となるブツはこちらです。

このラフ&ロードのデュアルテックコンパクトレインスーツ、たたむと以前使っていたゴールドウィン製の2/3程度の小ささです。

このように収納サイズがとてもコンパクトな上にデザインも悪くない優れ物で気に入ってました。詳細は過去記事をご参照下さい。

 

【参考記事】YZF-R1: レインウェアのインプレ(1)ラフ&ロード デュアルテックス コンパクトRR5232
【参考記事】YZF-R1: レインウェアのインプレ(2)ラフ&ロード デュアルテックス コンパクトRR5232

 

1.事件

風速10m以上の暴風雨の中をツーリングしていたときのことです。

雨の圏内を抜けてレインウェアを脱いでいたときに、なんと収納袋が強風に持って行かれました!!

確かに、レインウェアを脱いでいたパーキングエリアでは間の悪いことに警察車両が一時停止無視の取り締まりをやっている真っ最中でした。

これにかなり気をとられて、平常時よりも注意力が散漫になっていたのが不味かったです。

何も悪いことをしていなくても、過去にスピード違反で捕まったことのある身としては緊張せざるをえませんから。

レインウェアの収納袋を無くす経験は初めてなのですが、冷静に考えると「強風の中でレインウェアを脱ぐときには細心の注意が必要」だということですね。

警察の方がそばで何か作業をしていたとしても…

 

2.その後の対策(検討中)

レインウェアというものは収納袋を失うと当然のごとくコンパクトな収納はもう望めなくなってしまいます。

今はスーパーのレジ袋に入れてシートバッグに忍ばせていますが、あまりにかさばるので、昔使っていたカッパの収納袋で代用した方がマシのようです。

 

さいごに

皆様も強風の中での、カッパの着脱には十分お気をつけ下さい。

…と、僕は不幸にして収納袋を無くしてしまいましたが、このレインウェア、めちゃくちゃコンパクトになりますのでマジオススメですよ!

買い替えの折には検討してみてはいかがでしょうか?

では

ABOUTこの記事をかいた人

シミズサトル

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。