α7RIII用のスナップレンズ『Carl Zeiss Loxia 2/50』の大きさレビュー

リンク広告




アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

SONY α7RIII用のスナップ撮影レンズとして購入した『Carl Zeiss Loxia 2/50』の外観レビューをします。

このレンズは、50mm単焦点・開放f/2.0のマニュアルフォーカスレンズで、SONY Eマウント用の標準レンズとしてはかなりコンパクトです。

“sim”
スナップ用なので、常に持ち歩けるようにコンパクトさ重視で選んだよ。
“サル君”
どのくらいコンパクトなのかをマイクロフォーサーズ用の標準ズームレンズと比較するよ。

フード装着時のレンズの大きさ

オリンパスのマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼『OM-D E-M1 Mark2』+標準ズーム『M.Zuiko ED12-40mm f2.8 PRO』と、『α7RIII+Loxia 2/50』の大きさを比べた写真を下に載せました。

これはフードを装着した写真なので、実際に持ち歩く時の大きさです。

一目瞭然で、Loxia 2/50を装着した方がレンズ長が1.5cmほど短くなります。

非常にコンパクトですね。

“sim”
マイクロフォーサーズのカメラ+レンズセットの大きさに収まるので、まあまあ満足だよ。

これなら持ち歩く気になるね。

 

フードを仕舞った状態のレンズの大きさ

つぎに、フードを仕舞った状態での大きさ比較です。これはカメラをカバンに仕舞ったときの大きさになります。

このレンズの仕舞寸法比較は、オリンパス機よりも2cm短くなるので、非常にコンパクトです。

“sim”
このくらいの大きさなら、カバンに入れてもさほど負担にならないね。

 

外観写真

実際に持ち歩くときのレンズフードを装着した外観写真です。

見かけはいたってシンプルですがレンズフードのデザインが少し野暮ったい感じで、オリンパスの方がメカメカしくてカッコイイです。

機能としては、このレンズには電子接点があるのでマニュアルフォーカスのアシスト機能が使えて、フォーカスリングを回せば、自動的に拡大表示になります。

 

レンズはツァイスのPlanar系

このレンズがPlanar系であることが、レンズの刻印から分かります。

SONYブランドのPlanar 50mm f1.4はかなり大きいレンズなので、f2で軽いLoxia2/50はスナップ撮影にはありがたい製品です。

SONYブランドの単焦点標準レンズとしては、Sonnar 55mm f1.8が神レンズとして有名ですが、Loxia2/50よりもかなり長いです(下の記事を参照)。

α7R3にSONYストアが勧める標準レンズ5本の大きさ比較

PlanarとSonnarでは写りも違うと言われているので、将来スナップにハマるようなことがあれば、両方を撮り比べてみたいですね。

 

まとめ

以上、Loxia 2/50の外観レビューを簡単にしてみました。

見た目はそこそこ高級感がありますが、とてもシンプルな外観なので、外出時でも目立つ心配はなさそうです。

なによりもミラーレス用のレンズらしくコンパクトなので、一眼レフと比べて目立ちにくいのが嬉しいですね。

では

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。