iPhone 8 Plusの格安SIMプラン変更でLINEモバイルではなくmineoを選んだ理由

アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

iPhone 8 Plusでは「au nano SIM」が使えなくなります。

つまり「au VoLTE SIM」か「docomo nano SIM」に変える必要があるので、いい機会だと思って格安SIMのプラン変更を検討することにしました。

この記事では、iPhone 8 Plusに機種変したときに、SNS使い放題の『LINEモバイル』ではなく、mineo』継続利用にした理由について書きました。

結論を最初に書いておくと、僕の使い方だとmineoの方が安上がりだったからです。

“sim”
IP電話の利用を考えると、mineoがリーズナブルすぎてLINEモバイルに乗り換える気になれなかった。
“サル君”
詳しくは下を読んでね

 月額基本料金のちがい

同じ条件(月3GB)で比べる下の表にようになって、mineoが少し安いですね。ちなみに今まで契約していた格安SIMは下の表で最安のmineo Aプランです。

格安SIM月額基本料

mineo Aプラン、mineo Dプラン、LINEモバイルの順に100円ずつ安い感じです。

“sim”
この辺は目くじらを立てるほどの違いではないんだよな。
“サル君”
LINEモバイルなら、この料金でSNS使い放題だから、一見お得にみえる。

 

IP電話の安さはmineoが圧倒的だった

iPhone 8 Plus シルバー

結論としては、IP電話は『mineo』で『LaLaコール』を利用した方が圧倒的に安かったんです。

IP電話は通常回線での電話よりも圧倒的にリーズナブルなので、僕はもうIP電話しか使っていません。

IP電話に安さについては過去記事に詳しいので、そちらを参照ねがいます。

【関連記事】格安SIMのIP電話で通話料を節約しているか?【mineoのLaLa Call】

IP電話の中で圧倒的にリーズナブルなのが『LaLaコール』で、『mineo』を契約する自動的に付いてきます。

『LaLaコール』は『LINEモバイル』でも利用できますが、『mineo』だと無料通話分が毎月100円分付くという特典があるんです。

100円分の通話料というのは、固定電話なら36分間、携帯電話なら6分間分に相当します。

LINEモバイルにも、LINE OutというIP電話サービスがありますが、30日プランで60分455円または120分839円もかかるので、LaLaコールと比べると割高感が半端ないです。

“sim”
僕はIP電話利用をけっこう利用するんだよな。

役所やメーカーへの問い合わせ系や、知人の携帯へもIP電話だよ。

だって安いからね。

“サル君”
モバイルWiFiを持って歩けば、外出時もIP電話を使えるしな。

 

まとめ

以上、簡単ですが、僕がmineoを継続利用した理由でした。

最安の「mineo Aプラン」継続でも良かったのですが、今回は気分を変えて「mineo Dプラン」にしてみました。

2週間ほど使ってみた感想ですが、AプランもDプランも回線速度の体感上の違いはありませんね。

これなら安いAプランの方がよかったかもね^^;

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。
属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。