DTMerがMacを買い替え・売却・譲渡する時にやるべき5つの設定

sim(@ssiR01)です。

DTMerがMacを買い換える時や処分する時するべきことを、大きく5つの項目に分けてまとめました。

DAWやプラグインのラインセンスの管理などメーカーごとに違う点が嫌らしいですが、僕が今までに使ったことのあるアプリについて網羅しました。

Mac本体の設定にも落とし穴があるので、必要最低限すべきことを網羅しました。

以下の項目は、実際に操作する順番に並べてあります。

 

iTunes「このコンピューターの認証を解除」

Mac本体の設定項目の1つです。

メニューバーの中の「アカウント>認証」の中の「このコンピューターの認証を解除」をクリックする。

これを忘れると認証したままの状態になります。強制的に認証を解除する方法はありますが1年に1回しかできません(アップルケアサポートより)

【参考記事】iTunesのコンピュータ認証のリセット:トラブルシューティング

 

iCloud「サインアウト」

こちらもMac本体の設定項目の1つです。

「システム環境設定」の中の「iCloud」を開いて、右下の「サインアウト」をクリック

 

アプリのアクティベーション解除

 

Logic X

とくに必要なし

 

Cubase

とくに必要なし

eLicenserのUSBを新しいMacに挿し直すだけでOK

 

Ableton Live

とくに必要なし

2回までアクティベートできる。

それ以外は問い合わせが必要な場合がある

 

Waves製品

Waves CentralでLicenseを自分のMacからクラウドに移しておく。

【参考記事】Waves: Licenseの管理と再インストール方法

 

NI社製品 KOMPLETEなど

とくに必要なし

 

Addictive Drums2

XLN AudioのWebサイトにログインしてディアクティベートする

方法:ハイ・リゾリューション ユーザーページ(ログイン)

 

Melodyne

重要:リンクを参照

【参考記事】Melodyneのアクティベーションの解除【パソコンの売却・買い替え時】

 

Vocaloid

アプリケーション」フォルダーの中の「VOCALIOD」フォルダーの中の「VOCALOID License Manager」ですべての歌声ライブラリをディアクティベートする。

 

Office macシリーズ

とくに必要なし

 

データのバックアップ

Mac本体の設定になりますが、ある意味これが一番面倒です。

僕が実際に遭遇したデータバックのトラブルの体験からしておいた方がいい設定を書いておきました。

 

TimeMachine

トラブルが発生しなければバックアップはこれだけで十分です。

しかし、実際のところトラブルに遭遇しましたので、100%信頼できない前提で備えることが重要です。

以下のその対策として、手動でするバックの方法を書いておきます。

 

手動バックアップ

TImeMachineのバックアップが何かの拍子にダメになることがあるので手動で外付けハードドライブなどにバックアップしておく必要があります。

ぼくは実際、TimeMachineデータが壊れてアクセスできなくなったために復元できないデータがありました。

 

Mail

  1. ライブラリ中のMailフォルダ丸ごと外付けハードドライブにバックアップする。
  2. Optionキーを押しながらメニューバーの「移動」をクリックするプルダウンメニューの中にライブラリが現れるのでそれをクリックすると「ライブラリ」フォルダにアクセスできます。
  3. それのさらなる保険として、重要なメールはメールメールボックスに分類してコピーしておくと移行後に管理が楽になります。

 

iTunes

 

ミュージクフォルダのiTunesフォルダを丸ごとバックアップ

 

写真, iPhoto

ピクチャフォルダの中の写真LibraryiPhoto Libraryファイルをバックアップ

 

ムービー

Final Cut ProやiMoveのLibraryファイルをバックアップ。通常はムービーフォルダーに入っている。

 

仮想マシン(Windowsなど)

書類フォルダーの中の仮想マシンフォルダを丸ごとバックアップ

 

アプリのシリアルナンバーの保存も忘れずに

 

Macを出荷状態に戻す

(1)commandキーとRキーを押しながら再起動する。

(2)ディスクユーティリティで内蔵ハードドライブを消去する。

オプションの安全度最大で消去するとハードドライブを認識しなくなるトラブルがFusion Driveとノート型Macで報告があるようです。

この場合、アップルケアサポートに連絡すると30分くらいで復帰できます(電話料金・相談料無料)。

参考記事:Fusion Drive(フュージョンドライブ)の初期化トラブルと対処方法

(3)MacOSの再インストールをする。

(4)インストールが完了し設定画面が現れたら電源長押しで強制終了で出荷状態になる。

 

さいごに

普段からデータのバックアップをTime Machineまかせにせずに、外付けハードドライブにバックアップを取っておくと、いざというときに慌てずに済みますよ〜

…というのが、僕が今までの体験から得た教訓です。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。