【Waves Gold】音の空間分布を視覚化するPAZ-Analyzer【ミキシング用ツール】




Waves Goldのプラグイン「PAZ-Analyzer」をご紹介します。PAZ-Analyzerは音の空間分布を視覚化してモニタリングできるプラグインで、ミキシング時に威力を発揮する便利ツールです。操作感もWavesらしくシンプルですよ。

 

PAZ-Analyzerでできること

1.ステレオ空間での音の分布のモニタリング

「なんといっても、鳴っている音の空間分布を視覚化できること」

これがこのプラグインの一番のセールスポイントです。

例えば、パンをどのくらい振ればいいのか?といったシチュエーションで、耳だけでなく目で見て判断できるところが心強いですよ。

 

2.周波数分布のモニタリング

空間分布と同時に周波数分布も同時に視覚化できます。

もう、どの周波数がスカスカだとかも一目瞭然です。

これをモニタリングしながら、EQでどこを削って、どこを厚くするなどの判断ができます。

 

PAZ-Analyzerの使い方

下の図のようにミキサー画面で、マスターの一番最後のラックにこのプラグインをインサートして下さい。

18
楽曲全体またはモニタリングしたいトラックだけでソロで聞けば、音が空間上でどのような分布をしているか見ることができます。

見ているだけで「なるほど〜!」となり、次の一手を考えることができます。例えば、スカスカなところや音が密集しすぎているところなどを実際に見てとれます。

下に、ボーカロイドとギタートラックをモニタリングした事例を載せておきます。

 

1.初音ミクの場合

こちらはボーカロイドの初音ミクをモニタリングした事例です。

当たり前だけど、ボーカルなので真ん中から音が鳴っていることが確認できます。

他、周波数分布も確認できますね。他の楽器との周波数のダブリとかもこれで確認できますよ。

41

 

2.ギターの場合

パンをどのくらい振れば、どのくらいの位置で鳴っているのか一目瞭然です。

どのくらいのところが気持ちよく聴こえるとか、他の楽器と重ならないとか、音を目で見ながら判断できます。

03

 

さいごに

以上のように、PAZ-Analyzerは機能としては非常にシンプルだけど、ミキシングの時には非常に便利なツールですね。

 



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。