YZF-R1:地の果て感半端ない道北の日帰りツーリング




一日休みが取れたので、日帰り道北ツーリングに行ってきました。目的地は「枝幸の千畳岩キャンプ場」、「猿払村のエサヌカ線」、そして日本最北端「宗谷岬」です。

ルートはこちらです。エサヌカ線について入り口がわかりにくいので別記事を参照してください。

【参考記事】【北海道のツーリングスポット】道北ルートならエサヌカ線

蛇足ですが、ブログにはもともとツーリング記事を書く予定はなかったのですが、アクセス状況をみますと皆さんR1がツーリングに使えるかどうかを気にされているようですのでUPしていくことにしました。

先日は2006年式のYZF-R1にキャンプ道具を満載して北海道ツーリングしている方を見かけましたので、R1をツーリングメインに使っているのは、ぼくだけではないようです。

1.とある峠道

北海道の田舎によくある緩い峠路(道道120号)です。内陸からオホーツク海を一路目指しているところです。この辺りはすでに道北の宗谷管内に入っています。この地方は高い山があまりありませんので峠道も比較的緩やかです。

img_0302

蛇足になりますが、例外もあって知駒岳付近の峠道は回りこんだコーナーが多く、コーナーから転落してドクターヘリで運ばれた人もいたそうです。ですので、はじめての峠道にはご注意を。

 

2.オホーツク海の千畳岩キャンプ場

枝幸町の千畳岩キャンプ場です。人が少なくて、芝生の整備も行き届いて、眺めもよい穴場です。ぼくのお気に入りスポットの一つです。ここではキャンピングカーでキャンプしている人をよく見かけます。キャンプ場はトイレ・水道完備です。

img_0306

千畳岩というのは読んで字のごとくな独特な形状の岩が海岸縁一面に敷きつめられています。すべて天然のものです。ここのオホーツクの海は人口も少ないせいかキレイです。なお、カモメがたまに糞を爆撃してきますので注意が必要です。

img_0304

 

3.寒いぞ道北の6月

枝幸町の千畳岩から宗谷岬に向かってひたすら北上です。寒いなあと思ったら、なんと下の写真のとおりでした。

ちょっと写りが悪いですが、気温12℃、風速10mです。これが6月の北海道です。

IMG_0314

 

4.地平線が見えるエサヌカ線

北海道の超有名ツーリングスポットです。しかし、場所が場所だけに混んでいるところを見たことありません。地平線が見えます。地の果て感が半端ないです。

回りは基本牧草地で視界を遮るものがなく見通しがすごくいいです。

直線路も長く、まわりに何もないのと地の果て感が相まって、ここはほんとに日本なのかと思ってしまいますよ。北海道の中でも独特の雰囲気をもつ場所ですね。

img_0316

 

5.宗谷岬へ

地の果て・宗谷岬まであと少しのところです。エサヌカ線から宗谷岬までの道も見通しのよいエリアがほとんどですね。途中に一部山道のようなところもありますが。

img_0317

 

6.宗谷岬にてサハリンを望む

宗谷岬に到着です。この日は天気が良かったので、サハリンが肉眼ではっきりと見えましたよ。

img_0319

宗谷岬の記念碑の向こう側の水平線にみえるのがサハリンです。見えないときの方が多いような気がしますが、この日は運良く見ることができました。

img_0318

 

さいごに

ここ宗谷岬から帰路につきました。

道北エリアは北海道の中でも風景が独特で、極端に人口も少ないため地の果て感が半端ないです。僕はこの道北の風景が好きで年に何度かツーリングに訪れます。

では。



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。