LogicのシンセAlchemyの音量をコントロールする2つのエンベロープ・ジェネレーター(EG)

sim(@ssiR01)です。

Apple純正のDAW Logic Pro X 10.2に実装された新しいシンセサイザーAlchemy(アルケミー)についての解説シリーズです。教本はクリエイターが教えるシンセサイザー・テクニック99 (CD付き)を使ってます。

コレを書いているボクはシンセサイザー初心者ですので、初心者向けの記事と思ってください。なので、ベテランの方はスルーしてねw

今回は、音量をコントロールパラメータであるエンベロープ・ジェネレーター(ENVELOPE GENERATOR、略してEG)についてです。シンセではこれをいじるだけで音の印象がかなり変わりますよ!

Alchemyでは、音量コントールのパラメーターはAHDSRMSEG(Multi Segment EG)がメインとなってます。AHDSRは他のシンセでもほぼ同等の機能が標準装備されていますね。

一方、MSEGは音の線形を自由自在に変えられるの特徴があり、Alchemyのセールスポイントの1つとなっています。操作は簡単ですし、音の変化がオモシロイのでぜひ使ってみてください。

 

AHDSRの音量コントールパラメーター

設定画面の出し方

デフォルトのBROWSE画面からADVANCED画面に切り替えるだけです。AlchemyではデフォルトではEG(エンベロープ・ジェネレーター)はAHDSRで調整するようになっています。

スクリーンショット 2016 06 28 17 36 44

 

AHDSRの調整パラメーターと用語の意味

そもそも、このAHDSRって何?って話ですが、それぞれ、次のパラメーターの頭文字をとって略してAHDSRと記されています。

  • A:Attack(アタック)
  • H:Hold(ホールド)
  • D:Decay(ディケイ)
  • S:Sustain(サステイン)
  • R:Release(リリース)

それぞれ何を調節するパラメーターかというと、AlchemyのAHDSR設定画面に書き込むとこんな感じです。

スクリーンショット 2016 06 28 17 30 02

言葉で説明するとこんな感じです。

  • Attack(アタック):音が出始めてから最大音量に達するまでの時間
  • Hold(ホールド):最大音量を維持する時間
  • Decay(ディケイ):最大音量から減衰していく時間(サステインレベルまでの時間)
  • Sustain(サステイン):ディケイ後に同じ音量が続く部分の音量レベル
  • Release(リリース):(鍵盤を離してから)音量がゼロになるまでの時間

 

AHDSRの調整方法

2通りの方法があります。

1つめは、マウスで上の図にあるAHDSRの線形や各ポイントをマウスでつかんで上下左右する方法です。これが最も直感的でわかりやすいですね。この方法でAHDSRの各ポイントの位置だけじゃなくて、線の形もマウスで変形させることができます。

たとえば、こんな感じですね。

スクリーンショット 2016 06 28 18 29 50 スクリーンショット 2016 06 28 18 30 30 スクリーンショット 2016 06 28 18 31 05

 

2つめは、AHDSRの線形画面の下にあるAHDSRの各ノブを回して設定する方法です。ボクはこっちのほうがシックリ来ますね。

スクリーンショット 2016 06 28 18 35 13

 

AHDSRをつかって音を変化させた例

線形と音をセットでいくつか置いておきます。AHDSRの設定だけでもずいぶんと音の印象が変わることがわかると思いますよ。

サイン波のデフォルト設定

スクリーンショット 2016 06 28 19 39 34

 

 

ホールド1/4”、ディケイ1/4”、サステイン50%、リリース1/4”

スクリーンショット 2016 06 28 19 49 47

 

 

アタック1/4”、ホールド1/4”、ディケイ1/4”、サステイン50%、リリース1/4″

スクリーンショット 2016 06 28 19 57 18

 

 

MSEG(Multi Segment EG)

こちらは音量カーブの起点なるポイントを自由自在に増やしたり、線形を変形できるEG(エンベロープ・ジェネレーター)です。

こちらの操作はマウスで起点を作成・消去でき、マウスドラッグで上下左右に移動できます。線形の変形もマウスポインターで掴んで動かすだけで自在にできます。

AHDSRと比べると、こちらの方が自由度が高いです。

設定方法ですが、デフォルトではマスターボリュームにAHDSRへのモジュレーション(MODULATION)がかかっているので、それをMSEGへと変更する必要があります

操作は次のとおり。

  • マスターボリュームをワンクリック
  • MODULATIONエリアでAHDSR1横をクリックして、MSEG1を選択
スクリーンショット 2016 06 28 20 11 51

この状態でMSEGタブをクリックすれば、MSEGの設定画面が開きます。

スクリーンショット 2016 06 28 20 14 32

では実際にMSEGで作った線形をいくつか置いておきます。

 

デフォルト設定

スクリーンショット 2016 06 28 20 38 40

 

 

MSEG No.1

スクリーンショット 2016 06 28 20 51 08

 

 

MSEG No.2

スクリーンショット 2016 06 28 20 55 22

 

 

さいごに

Logic Alchemyのエンベロープ・ジェネレーターの概要について書いてみました。さらに詳細な設定もありますが、それは次の機会に。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。