Logic Pro X シンセAlchemy(アルケミー)、オシレーターのピッチ調整

sim(@ssiR01)です。

Apple純正のDAW Logic Pro X 10.2に実装された新しいシンセサイザーAlchemy(アルケミー)についての解説シリーズです。教本はクリエイターが教えるシンセサイザー・テクニック99 (CD付き)を使ってます。

コレを書いているボクはシンセサイザー初心者ですので、初心者向けの記事と思ってください。

今回は、オシレーターのピッチ調整の方法とポルタメント(AlchemyではGlide)の設定方法についてです。

 

オシレーターのピッチ(音域)調整の概要:TuneとFIneの設定

各楽器には固有の音域があるように、オシレーターではピッチ(音域)設定がとても重要です。

シンセサイザーではオシレーターのピッチ設定をTune(半音単位)とFine(半音の1/100単位)の2つのノブで調整できます。

 

Tune(チューン)で半音単位でピッチ設定

AlchemyではCoarseノブで調整します。Alchemyでは1目盛りが半音単位(Semis)という単位で中心から片側48目盛り分を調整できます。

12目盛りで1オクターブだから、片側だけで4オクターブも変化させることができるんです。ワオ!

下の動画はアドバンス画面のオシレーターAの詳細設定画面で実際にTuneのノブをいじっている様子です。14秒の短い動画ですので、ぜひ視聴してみて下さい。

 

Fine(ファイン)でピッチの微調整

FIneでは半音の1/100単位(cents)で調整が可能です。使い方としてはTuneで大まかに設定して、Fineで微調整って感じです。下の動画は実際にAlchemyのオシレーターAのFIneを調整している様子です。10秒くらいの短い動画ですので、実際に視聴した方がわかりやすいですよ。

 

応用ワザとしては2基のオシレーターでピッチをズラして鳴らす

オクターブずらす

重厚な響きになります。下の動画は1オクターブ(12Semis)ズラして鳴らした音です。

 

ハモらせる

3度音、5度音ズラすして鳴らすとハモった感じになります。

下の動画は、ド、ソの5度音(7semis)ズラして鳴らした和音です。

 

まとめ

以上簡単ですが、Alchemyのオシレーターの説明でした。今回説明しませんでしたが、Panを変化させたり他にも様々な音作りが楽しめそうです。

では

サウンドハウス

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。