趣味の断捨離:釣り具とロードレーサーのメルカリと宅配買取での売却レポ

リンク広告




アニマルフォトグラファーのsim(@ssiR01)です。

釣りは長く続いた趣味でしたが、もう10年近く行ってないので「もう道具を手放してもいいか!」と思いきって断捨離しました。

自転車はロードレーサーを持っていたのですが、これも10年近く乗っていなかったので売却することに。

今回の教訓は、釣り道具も自転車も「もっと早くに売却していれば換金率が高かったのになあ!」ということに尽きます。

とはいえ、断捨離で売却したものの中で換金率が高かったのが釣り道具です。

これはちょっと予想外でした。売却はメルカリと送料無料の宅配の買取屋を併用しました。

メルカリというのは、スマホ専用のフリーマーケットです。スマホで直接、出品物を撮影・簡単な商品説明を書くだけで出品できますのでオススメですよ。

“sim”
メルカリはビジネスマンの必須スキルマーケット感覚を手軽に鍛えることができるよ。

 

自分で梱包できるものはメルカリで売却

総額で利益は約37000円でした。

基本的に、有名ブランドのもので道具を揃えていましたのでメルカリでの反応は良かったし、高値で売却ができました。

とはいってもボクの価格設定はかなり低めだったので、商売上手な人が売ればもっと利益が出せますね。

“サル君”
フリマで物を売る時はしっかり相場を調べてからじゃないと、損するで。

実際に売れたモノは以下のものです。

  • フライロッド1点
  • フライリール2点
  • ルアー用の小型スピニングリール3点
  • ルアー・フライケース
  • ゴアテックスのレインウェア
  • フライ用ベスト
  • ネオプレーンウェーダー
  • ウェーディングシューズ
  • 偏光グラス2点
  • ルアー・フライラインなど

出品前にはクリーニングをしっかりしましたので手間はかかりましたよ。

これがメルカリのスマホ画面です。写真はボクが愛用していたシマノのルアーフィッシング用小型高性能リールです。

IMG 2634
“sim”
なんだかんだで、手間はかかったけど、楽しく出品・取引できたよ。

こういうの初めてだったから、新鮮だったわ。

 

自分で梱包できないものは宅配買い取り屋に依頼

買取額は釣り具が11000円、自転車が27000円でした。

釣具

ハードケースのない長尺のルアー・フライロッドは輸送中の破損リスクがあるので、素直に買取屋に依頼しました。

SMITHやコータック製のロッドが全部で4本ありました。

一本あたり2万円〜5万円で買ったものだったので、かなり買い叩かれてしまいましたね。

こちらもダンボールで梱包を上手くできるノウハウがあればメルカリで売却した方が当然換金率は高かったでしょう。少なくとも2倍は利益が出たはずです。

買取屋の梱包ダンボールも特殊なものではなかったので、「時間をかけて工夫すれば自分でも梱包できたな」っていうのが事後の教訓でした。

“サル君”
買取屋が用意した梱包資材は単なる長細い直方体のダンボールだったよ。

これなら自分で作れるよな。

 

ロードレーサー

ロードレーサー、いわゆる高級自転車です。

買った時は26万円でしたので、約1/10になってしまいましたね。

買取屋のコメントではクリーニングをしっかりすればもう少し値がついたそうです。他にはフレームについていた傷がマイナス査定となったようです。

この傷は屋外保管のために他人につけられた傷でした。なのでロードレーサーは屋内保管しておいた方が高く売れますね。

“sim”
高級品は傷が必要以上に傷が付かないように大切に扱わないとダメだね。

買取屋にお願いして良かった点は次の2点。

  1. 送料が無料である点
  2. 専用の宅配ダンボールを無料で用意してくれた点

さすがに、自転車を自分で発送するのはムリです。

買取屋は2件に見積もり依頼しましたが、電話見積もり段階で安い方は15000円、高い方は50000円でした。実物を見て27000円まで下がってしまいましたけど、見積もり比較は大事ですね。

ちなみにボクがお願いした自転車の買取屋はバイチャリというところです。

これが売却したロードレーサーで、キャノンデールR1000。

IMG 0496

このロードレーサーは当時26万円で買いました。

見事に長続きしなかった趣味です。実質、まめに乗っていたのは1年くらい。

“サル君”
もっと早くに売っていれば高値で売れたものを…

 

釣具の売却はシーズン直前がベストタイミング

北海道ではシーズン入りする直前の春先は、購入者の注意が向いているので売却にはベストのようです。

メルカリでは出品してからの反応の速さは目を見張るものがありましたね。

みなさん、これから釣りシーズンに入るために道具を物色しているところですから。

ボクは偶然、北海道の釣りシーズン開幕直前にメルカリに出品しはじめましたので運良く売り切ることができました。

“サル君”
何事もタイミングが大事だぜ。

 

まとめ

釣具はかなり前から使わなくなっていたので、もっと早めに処分しておけばよかったなと反省しています。

引越し直前に売却作業をしていたので、かなり忙しい思いをしてしまいました。それにもっと高い値段で売れたでしょうから。

これは本・CDにも言えることですね。売ってもいいと思えた瞬間にすぐに売却することが、モノを必要以上に持たないライフスタイルの秘訣だと身を持って実感しましたよ。

では

関連コンテンツ_グーグルアドセンス



ABOUTこの記事をかいた人

sim

動物写真家、ブロガーとして活動中。 属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。 【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM 願います。 【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。