パソコンの断捨離、デスクトップPCはもはや不要なのか?

退職・移住にともなう断捨離で手放したものにデスクトップPCがあります。これは果たして手放したのが正解だったのか微妙です。ただし、気分的にはかなりスッキリしました。

 

デスクトップPCは不要だったのか?

昨年まではデスクトップPCのiMac 27インチとMacBook 12インチの2台を持っていて、部屋ではiMacを、出先ではMacBookを使っていました。今改めて考えると2台持ちの場合には、この組み合わせが最強だったような気がします。

ではデスクトップPCのメリットとデメリットを書き出してみると…

デスクトップPC(iMac)のメリット

コスパがイイ(MacBookProと比べて)

同じ値段で比べるとiMacの方がスペック的に上です。

ディスプレイが圧倒的に広い

作業効率は断然、デスクトップPCの方がイイです。これはやはり画面の広さが大きな要因になってます。

ストレージの容量が大きい

iMacだとデフォルトで1TB、MacBookProだと500GBです。MacBookがSSDというのを考慮しても、iMacのFusionドライブ(SSD+ハードディスク)のスピードに不満を感じたことは一度もありませんでしたので、僕的にはそれで性能は十分でした。

ストレージの容量が大きいとアプリやデータを厳選して入れる必要がないんですよね。コレもストレスを感じさせない要因でしたね。

 

デスクトップPC(iMac)のデメリット

デスクトップPCのデメリットを並べてみたのが下です。

  1. 引越しの時に荷物になる
  2. 輸送中に壊れた(実際、売るときに壊れました)
  3. 停電時にシステムが落ちる(バッテリー駆動のノートPCは停電関係ありません)

…とこんな感じで、移動することを考えなければ特にデメリットはないのですよ!

ボクは基本的に部屋でMacを使いますので、理屈で考えると作業効率のよいデスクトップPCがベストな選択だったような気がするのです。

あくまでも「理屈で考えた場合」ですけどね。

47

 

ノート型PC(MacBook Pro)に一台体制にした理由

単純に「荷物を減らしたかった」のと、「2台のMacを管理するのが面倒になった」というのが理由ですね。

実際にやってみて、管理がシンプルになったの良かったですね。ただ、ネガな点としては、外部ディスプレイをつなげているとはいえ、iMacの27インチディスプレイになれた身には画面がせまく感じました。作業画面の狭さは、とくに趣味のDTMでは顕著に感じましたね。

ほかに気になった点は外部ディスプレイとの画面間の視線移動が疲れました

ただし、自分の心の奥底ではノマドワーカーへの憧れがありましたので、移動の時に普段使っているシステムまるごと持って歩けるというのが大きな魅力だったんです。

しかし、そんなシチュエーションはほとんどないのが実情ですw

38

 

まとめ

ノート型Macで場所に縛られずに仕事ができるライススタイル憧れている自分に気がついたので、そんな心の声に従った結果が、今回のデスクトップPCの断捨離につながったわけです。

お金の節約という観点からみると明らかにマイナスになっていますが、お金に人生を縛られるのは本末転倒なような気がしますので、今のところは「デスクトップPCからノート型に変えてよかった」と思っていますよ。

追記:

結局、数ヶ月後、デスクトップ型PCであるiMacを買い直しましたorz

やはり作業効率が全然違いますね。

デスクトップの方が断然いいです。

何事も経験してみないとわからないものです。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。