Arturia KEYLAB 61とCubase7.5のトラブルシューティング2

Cubase7.5でMIDI鍵盤・Arturia KEYLAB 61にバンドルされてくるソフトシンセAnalogLABを使った場合に発生したトラブルの解決方法です。

トラブルというのは、AnalogLABのソフトウエアコントローラーがMIDIキーボード(KEYLAB 61)のノブやフェーダーと完全にリンクしなくなってしまったというものです。

解決方法は、購入した楽器店・SoundHouseに問い合わせたところ、なんと24時間かからずに連絡下さいました。サウンドハウスありがとう!!

ということで、忘備録的に顛末を書いておきます。

 

1.不具合の症状

MIDI鍵盤「KEYLAB61」のノブ(P1〜P7)とフェーダー(F1,F2,F4)が、ソフトシンセ「AnalogLAB」のソフトウェア上のノブ・フェーダーとシンクロせず動かせない。

(下のスクリーンショットを参照)

 

2.不具合が発生する条件

Cubase7.5でVSTとしてソフトシンセAnalogLABを使った時のみに発生する。

Cubase7やLogicX、あるいはAnalogLABスタンドアローンではこの不具合は起きない。

 

3.解決方法

(1)CubseにAnalogLABのトラックを作る。

(2)インスペクター(画面左側)の一番下側にあるクイックコントロールの電源マークボタンをOFFにする。

(3)KEYLAB61の電源を一度OFFにした後、再びONにするだけで解決できました。

06

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。