Kawasaki W650の5つの魅力とは

sim(@ssiR01)です。

このW650というバイク、今まで乗ってきたバイクの中でフィーリングがダントツでナンバーワンでした。

とにかく気持ちよくて、満足度も高かったのです。

なので、この記事ではW650の魅力に迫ってみたいと思います。

スクリーンショット 2016-09-04 17.48.53

 

W650の魅力1:身の丈に合っている安心感

リッターバイクばかりを乗り継いできたせいしょうか、はじめてW650に乗ったときに妙に安心感を憶えました。

排気量675ccのこのバイクは必要十分なエンジンパワーがあり、かつ乾燥重量194kgという大型バイクとしては軽量なボディ、そしてナチュラルなライディングポジションと必要十分な機能をもっており、「これ以上、バイクに何を望むだ?」と初めて思えたバイクでした。

それまでは、扱いきれないパワーや大柄な車体のバイクに多く乗ってきたせいもあって、やっと身の丈に合っているバイクに出会えたなという感じです。

ちなみにボクが乗っていたのは純正ローハンドル仕様のW650でしたが、これでもライポジは至って自然でしたよ。アップハンドルならさらに楽だったんでしょうね。

#カワサキW650#バイク

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

 

W650の魅力2.バイクに急かされない

ゆっくり走っても、楽しめるのがこのバイクの長所です。

「もう、スピードなんて必要ないや。ただ、のんびりクルージングしているだけで十分楽しめるよ」って感じてしまいます。

空冷ツインエンジンの鼓動感がひたすら気持ち良かったです。

そんなせいか、気が付くと制限速度を下回る走行速度で北海道の田舎道をクルージングしていました。後続のクルマの方にはさぞかし迷惑だったでしょうw

平和な気分と、バイク特有の命の儚さの両方を感じることができて、このバイクに乗っているときは「オレは生きているんだ」と妙に実感できたことも、W650に耽溺した理由のひとつです。

#カワサキW650#バイク

Sat Simさん(@sat.simizu)がシェアした投稿 –

 

W650の魅力3.アクセルを開ければ素晴らし加速が待っている

クルージングしているときは、ツインエンジンの鼓動を堪能しながら楽しめますが、加速しても楽しいバイクでした。

加速もなかなかに鋭くて、公道でパワーが足りないと思ったことは一度もありません。タイヤもグリップ性能が高くて峠道でもそれなりに楽しめるバイクでしたね。そのかわり、タイヤのライフは短くて5000kmくらいでタイヤ交換でした。

 

W650の魅力4.パーツが美しく、デザインに隙がない

ベベルギアのツインエンジンの機能美もさることながら、すべてのパーツが美しくデザインされていると感じました。

大抵の国産バイクは、デザインにどこか不満のある箇所がありましたが、W650に関しては不満なデザイン箇所を見つけることができませんでしたよ。空が映り込むライトカバーも小ぶりなウィンカーと上品なテールランプ、フェンダーからサイドカバーまでカッコ良かったですね!

あえて、あげるならバックミラーがある速度域では振動でまったく役に立たなかった点です。設計上の不満点ですね。

スクリーンショット 2016-09-04 15.13.52

 

W650の魅力5.燃費が良い

燃費は実測で30km/Lくらいでした。大型バイクとしてはかなり良い方です。

ちなみに今まで乗ったバイク最悪の燃費はゼファー1100の15km/Lです。

 

まとめ

他にも荷物の積載性がよい風景写真とよく馴染んで映えるといったツーリングライダーにとってウレシイ長所を持ち合わせたバイクでした。

このバイクに乗ったお陰で、10年ぶりくらいにソロのロングツーリングを再開しました。それまでは仕事が忙しいなどと言い訳しながら、行けていなかったんですよね、恥ずかしながら…

まとめると、バイクの楽しさを再認識させてくれたのがこのW650というバイクなのです。

例えるなら、バイクの免許をとって初めて公道でバイクを走らせたときの楽しさを思い出させてくれた書けば理解していただけるでしょうか?

そんなW650の解説本を一冊紹介しておきます。ボクも未だに手放さずにたまに読んでいますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。
属性は他に、博士(農学)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。
【問い合わせ】Twitterアカウント宛にDM
願います。
【注意】野鳥の撮影場所についてのご質問はご遠慮願います。