UR賃貸住宅の設備と内装の画像レビュー:リフォームされて住みやすいよ

sim(@ssiR01)です。

入居したUR賃貸住宅の内装と設備のレビューその2です。

今回は画像紹介を中心にレビューします。入居を検討されている方の参考になれば嬉しく思います。

ボクが入居したのは昭和40年代のURですが、内装は清潔感があり、設備は高機能「下手な築年の浅い住宅よりも快適だな」というのが現在の印象です。

 

UR賃貸に住むメリット

UR賃貸というのは、UR都市機構の経営する賃貸住宅で全国主要都市にあります。 URは同じ価格帯の賃貸住宅と比較して設備、間取りなどのコストパフォーマンスがいいことで有名です。

ですが、最も大きなメリットはフリーランスや無職の人が入居しやすい点にあります。 ある一定レベルの預貯金があれば、保証人なしで入居することができるからです。

その場合の入居方法はつぎの2種類です。

  1. 家賃1年分以上を一括で支払うパターン。最低額が家賃一年分、最高が10年分です。定期預金の金利並の割引もありますよ。
  2. 家賃の100倍の預貯金の証明書を提出するパターンです。

詳しくは次の参考記事を見てくだいね。

【参考記事】無職・フリーランス味方のUR賃貸住宅への引っ越し:まとめ

つぎに、内装と設備の良い点・悪い点を書いてみます。

 

URの内装と設備の良い点・悪い点

良い点1:内装は清潔感があり、好感が持てる

内装は白を基調としています。壁もフスマも入居時点で新品同様でした。おそらく、壁は塗替え、フスマは張り替えてくれたのでしょう。

以前に入居していた賃貸住宅は築年が10年以内と浅かったのですが、前の入居者が喫煙者だったせいで、壁紙がかなり黄ばんていましたから。

今回、入居したURは築年数は40年以上ですが、むしろこちらの方が壁が白くて清潔感があります。

ただし、鴨居の木の部分はそれなりに歴史を感じます。アンティークでボクは好きですけどねw

スクリーンショット 2016-09-05 11.33.37のコピー

 

良い点2:収納スペースが豊富

押入れは幅175cm☓奥行き81cm、高さは一段目が40cm、2段目が106cm、3段目が65cmです。これが和室に1つずつ付いています。

37

他にも玄関の近くにも大容量の収納スペースがあります。大きさは幅が82cmで、高さと奥行きは和室押入れをほぼ同サイズです。

32

 

良い点3キッチンは新しく、収納スペースも標準的

電磁調理器対応のコンセントがついておらず、基本、都市ガス対応です。ただし、かなり状態のよいものが付いていました。

以前に入居していた賃貸住宅のキッチンよりも高級感と清潔感は上です。家賃は安いのね。

そして、キッチンの収納スペースも豊富です。

ボクは今回の引越しでキッチン・バス・洗面所回りの品々がすべてキッチンの収納に収まりました。

P5140428

ちなみにボクは昨年からマクロビオティックの玄米食に切り替えたので、煮炊きはほとんどしていません。使っている調理器具は玄米専用炊飯器と電気ケトルのみです。

 

良い点4:清潔なバスルームと高機能な湯沸かし設備

湯沸かし設備は都市ガスでリーズナブルに利用できます。コントローラーは廊下とバスルームの2箇所にあって、どちらからも温度設定をすることができます。

P5140442

なお、バスタブにお湯を入れるときは「温度設定(追い焚き可能)」は当然のこと、「入れるお湯の量」の設定もできます。一度設定してしまえば、あとは全自動です。こちらも以前入居していた築10年以内の賃貸よりも高機能です。

バスルームはきれいに清掃されていましたね。以前に入居していた築年の浅い賃貸よりも清潔感がありました。水垢などは目視では確認できませんでしたよ。

バスタブは樹脂製でとても手入れが行き届いているというか、パット見、新品かと思いました。

P5140440

当然、温水シャワー給湯コントローラー、そして驚くべきことに暖房までついています!

29

ただ1ヶ所のみ残念な点があります。それはバスルーム換気扇が付いていないことです。換気は窓と換気口のみです。

追記:1年間生活してみましたが、バスルームは換気扇がなくてもカビの発生はみられませんでした。この自然換気システムで十分です。

08

 

すこし残念だった洗面所

バスルーム内にあります。鏡はデフォルトでは付いていません。管理事務所の話では、鏡は入居者がホームセンターなどで買ってきて、釘で木製の鏡固定台に取り付ける必要があるようです。なお、退去時には撤去する必要があります。

バスルーム内にあるというのが、現代風ではなくて慣れるまで少し不便を感じるかもしれませんね。

ボクはというと、洗面はキッチンで済まそうと思っています。

22

 

トイレは機能的に必要十分

換気扇あり、トイレコンセントありで温水洗浄機付き便座が取り付けできます。この辺は現代的ですね。

ただし、手拭きタオルをかけるハンガーやペーパーの予備を収納できる棚は付いていませんので、自分で取り付ける必要ありです。

13

トイレ換気システムは、トイレの照明を点灯したときに換気が始まり、消灯後、数分間で換気が終わって電源OFFになるしくみになっています。

47

温水洗浄機付き便座の取り付けは、管理事務所に模様替え申請をする必要があるのでご注意を。とはいっても、届け出をしてすぐに取り付けが可能だそうです。

 

洗濯機の排水は工夫が必要

これについては、建物の基本設計の古さが響いていますね。バスルームに排水するようになっています。

下の写真のように洗濯機排水口が床面から約9cm、バスルームの扉に空けられた排水ホースを通す穴の高さが24〜25cmですので、約15cmの高低差があります。そのため、スムーズな排水を行うためには洗濯機に下駄を履かせて床面から嵩上げする必要があります。

39

僕が行った洗濯排水の工夫は下記の参考記事に書きましたので、興味のある人は読んで下さい。

参考記事:古い住宅で洗濯機の排水口を嵩上げする方法【築年昭和40年代の古いUR賃貸住宅の一例】

なお、洗濯機を置くスペースは十分にあります。標準サイズの全自動洗濯機であれば、下の写真のようにかなり余裕がありますよ。ボクの洗濯機で幅52cm x 奥行き54cm x 高さ87cmです。

P5140443

 

インターホンが防犯上ウレシイ

UR賃貸住宅ではインターホンがデフォルトで付いているケースが多いです。今回ボクが入居したところに付いていました。これは防犯上、非常にウレシイ設備です。

P5140427

 

室内光回線の場所にコンセントが少ない

冷蔵庫の横の壁に光回線が来ていました。おかげで冷蔵庫、電子レンジ、光回線のモデム、無線ルーターと見事なまでのタコ足配線になってしまいましたw

26

 

エレベーターがない!

体力が落ちた高齢の方が高層階に住むのはキツイかもしれません。現にボクの母は「あんたの部屋まで階段を登るのはムリ!」と断言していました。

 

防音性は期待できない

ボクは部屋の換気口を開けっ放しにしているせいか、外の音はかなり入ってきます。

では部屋同士ではどうかですが、まだ、よくわかりませんw

今のところは上下階、隣の物音はさほど気になりません。一応、RC造ですので、木造よりは静かだと思いますが…

こちらについてはもう少しモニタリングしてからレビューしたいと思います。

 

まとめ

一定額の貯金があれば保証人なしで入居できるUR賃貸住宅ですが、ネット上に内装や設備に関する情報がほとんどないので今回、赤裸々に紹介してみました。

書いてみて思いましたが、築年が古くてもリフォームなどにより住みやすく造られています。

これから退職して無職になるかたやフリーランスを目指す方などの住宅として、有力な選択肢になりますね。

予約すれば、空室の内覧が可能ですので、気になるUR賃貸があれば実際に内覧してみるのをオススメしますよ。

では

ABOUTこの記事をかいた人

sim(清水了)

動物写真家、ブロガーとして活動中。 諸々の閉塞感を打破するために、20年以上勤めた会社を40代半ばで辞めてフリーになる。 属性は他に、博士(農学:専門は微生物)、DTMer,ツーリングライダー歴30年。